FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
先人に感謝です


8月16日 水曜日

曇りですが雲の切れ間から日が差すと
「あぢ~~」と声が出てきます

さて、、、

初盆も終戦記念日も昨日で終わり
今日からはまたごく普通の日になりました

、、、、とはいってもほとんど毎日仕事していますから
あんまり変わり映えはしない日々なのですけどね

昨日休みだったので父のところに行き
晩御飯を食べさせていると
テレビで72年目の終戦記念日と言っていました

「あ~~もう72年も経ったんだ」

ふと、、、そう思ったのですが

考えてみれば昭和30年生まれの私が年末には62歳になるし
昭和20年だとピッタリカンカン72年ですよね

は~~終戦の日も遠くなったけど
昭和30年も遠くなったものだね

私が子どもの頃は戦争というものがまだ身近にありました
まわりの大人たちは皆さん戦争体験者だったですし

しばらくすると「戦争を知らない子供たち」の世代になっていき
今では戦争を知っている人は僅かほんのひと握り
誰も知らないと言ってもいいくらいになってしまいました

しかしそれでいいのですよね
時の流れは誰も止められないし
知らないといえばそれが起こらなかった証拠ですから

良いところも悪いところもあるでしょうが
アメリカの核の傘の中に入り
悲惨な戦争を見ることも体験することもなしに72年間過ごしてこれた

これだけでも幸せなことですし
それからの繁栄
豊かさを誰しも程度の差はあれ味わえた
私たちは幸せな世代だったのでしょう

北朝鮮なんて朝鮮戦争後は戦争は起こらず平和は保たれましたが
繁栄には程遠く

金正日が
「国民全員に米を食べさせたい」
このレベルですから

終戦間際ポツダム宣言受諾の際、1番モメたのは
このまま戦争を終わらせると日本に共産革命が起こり
天皇は倒され、国体は崩御する

共産革命を恐れていたのでしょうが

私のような天邪鬼はすぐヨコに考えてしまうのです

なぜそんなに恐れたのか?
それは逆に言うと
日本のインテリというかエリ~ト層は共産主義を信じていたのでしょうね

トップクラスは別かもしれませんが
実際に実務をやっている人たち
地位はそれなりにあっても軍人役人に問わずしょせん給料ですし

日本が結束している間はこれほどのモノでも何とか防ぐことができるが
戦争に負け空白期間ができるとたちまち席巻されてしまう

それは憧れの裏返しのようなものかもしれません

戦後、インテリを先頭にサヨク全盛になったのも
今はエリ~ト層に属していてもいずれ共産革命が起これば奴隷になる
それならば先に共産社会の管理職への道を目指した方が賢い生き方だ
奴隷にならずに済む

同じようなものですよね

ほんの一部の人がこの思想に共鳴していただけでなく
かなりの人が心の中で信じていたのでしょう

だから怖かった

日本の中で雪崩を打つ可能性があったから、、、


しかし日本はそうはならなかった

アタマが良いというより
努力して学校の成績だけが良いインテリたちよりも
先を見通す力を持った賢明な人たちがいて
それに賛同する人たちが多かった

底の浅いインテリたちが目指した道のその行く先は
少し前の中国や東欧、そして今でも続いている北朝鮮

日本でもこの底の浅い連中が跋扈したおかげで戦争への道を突き進み
やがて破局

しかし国のすべてを失っても
これ以上の地獄に落とさせないと
底の浅い連中を食い止め
増殖させずに日本人を守った人たちがいたのでしょう

まあそのかわり
一見独立国、、、しかし実際はアメリカの植民地
アメリカの言いなりしかできないし
アメリカのポチにはなったのでしょうが

北朝鮮になるよりマシだったでしょうね

平和も大事ですが
平和の上に繁栄をもたらせてくれた

先人に感謝です





スポンサーサイト
盆とんぼ


7月24日 月曜日

今日は曇っているので暑さもそれほどではなく
しのぎやすい日になりそうです

昨日仕事から帰ってきてひと眠りして玄関に行くと
盆とんぼが舞っていました

季節って不思議ですね

4月になれば桜が咲くし
盆に近くなれば蝉が鳴き、トンボが舞う

レイテでもこの時期になると盆トンボが舞っていましたが
ふと、、、レイテのことを思い出してしまいました

健太郎が赤ちゃんのとき、まだ小さかったとき
「こいつのためなら死ねる」
本気でそう思ってましたし

取れたての魚を毎日食べ、それを肴にトバを飲んで

人々は貧しいですが
あの青空、あの海、あの風があれば
それだけで十分なような気がしていました

あの場所に帰りたいけど

、、、帰れない

年金生活者だったらすぐに戻れるのですが

今の私は「暑い寒い」の日本で仕事の毎日

仕事のために寝るのを加えると
1日のほとんどが仕事

休日にも仕事をするために洗濯して
毎日が仕事のために回っているようなもので

昔、よく言われてましたが
俺は会社の歯車の1個

仕事をやめない限り永遠に回り続けるだけ

しかし日本人、歯車もイヤだけど
歯車をやめてしまうのも怖い
そして、、、それを止めることもできず毎日回っていくだけ

それをイヤイヤするのか
楽しみながらするかの違いだけで

基本的には

やらなくちゃいけないからするだけ

ただ、、、

どうせやるなら楽しく、おもしろく

しかし、、、

久しぶりに盆トンボなど見てると
なぜか?空しく、やるせない気持ちになってしまいます

これも日本人なんでしょうかね


息子の健太郎だとピノイの血が入っているし
生まれてからずっと在フィリピンですので、また違ってくるのでしょう

Skypeしていても

私が眠そうな顔をしていると

「PAPA SLEEPY?」

「うん SLEEPY 眠たい」

「う~~ん そうか~~」

日本人なら通常この場面なら

「そう じゃ おやすみ」 

「うん おやすみ」になるはずなんですが

こいつだとすかさず

「PAPA WAKE UP な!」

民族、環境が違うと、こうも違うものなのか
やっぱりこいつは日本で育てるべきだったのかも、、、

感性というものはその土地その土地のものがあるし
使う言葉によっても変わってくるのでしょうね

レイテも日本と同じようにこの時期盆トンボが舞うし

日本人の私はふと振り返り
なんとなく空しさを覚えましたが

自分の息子はまた違った顔を見せる

そんな1コマでした





相互扶助


7月18日 火曜日

博多祇園山笠も終わり夏本番
それにしても暑いですね

昨日、お寺さんから電話があり

「今年は初盆ですし8月11日に福岡市内を回ろうと思っていますが
 いかがされますか?」

「えっ?」

ぜんぜん考えてもいなかったし、
想定外の出来事にうろたえてしまいました

なにせ、仏壇もない家ですし
お坊さんとの接点は誰かが亡くなった時のお葬式の時間のみ
それも後姿を拝見するだけ

まったく縁のない人種の人

別にアフリカ人でもなくごく普通の日本人なのですけど

思い出してみると父母の里ではお盆にお坊さんが来て
お経を唱えていましたね

子どもの頃のわずか数年の記憶ですし
それ以降、記憶に残らない人となっていましたけど、、、

今こうしてみると

「そうなんだ、、、これがしきたりというものなのかも、、、」

妹にTEXTで問い合わせ

「11日だったら休みを振り替えれるけど」の返事をもらい
さっそく電話しました

「どうする?」

「せっかく案内をもらったことだし乗っからせてもらうのもいいんじゃない」

「そうな~~でもゼンゼンやり方知らないぞ」

「兄ちゃんのことだから、いつもの中央突破!ご本尊に聞けばわかるんじゃない?」

「まあな、、、オレのことだからそうするしかないし、そうやるだろうけど」

完全に見抜かれとりますな、、、

そういったことで来月11日初盆というものを初めて経験させてもらいます

いまだに仏壇もない家ですが







IMG_1413.jpg




とりあえずは、、、お飾りしていますし
下の段に見える風呂敷に包んだもの

母のお骨です

母の好きだった人形に囲まれて
下の段は花器ですが、、、ちょっと美術館風に並べて
品物は美術品には程遠いものですが、、、


そして、、、

ひとつは相互扶助

山笠、、、これって完全に相互扶助の世界なのですよね

櫛田神社を中心に協賛してくれる店
それにお返しをしていく人たち

お互い様で成り立っています

「あちらの店のほうが安い、、、」

そんなもの関係なし

「あの店は遠いしタクシ~じゃないといけませんよ」

タクシ~に乗っていけばいいじゃない

お互いにお互いの義理(義務)を果たす
それで成り立っているのでしょうね

もしそれがなかったら
ただ自分の利だけを追求し
安く、安く、安く、、、

自分の首を絞めるだけでなく、取引先の従業員の首まで絞めていく

今の世の中になってしまいますし

お寺さんも一緒ですね

私のところのお寺さんは町のところと違い
商売っ気はあまりないです

かといって何もなしじゃ続かないし

私の家は私限りで終わるかもしれませんが
お寺さんには続いていって欲しいですよね

私のことですからたいしたことは出来ませんが少しばかり

寄進じゃないのです

お坊さんはきちんとお経を唱えてくれますから、、、

相互扶助

お寺さん

何はなくとも続いていってくださいね


そういうことで、、、









久しぶりに本を読みました


7月8日 土曜日

ここ数日、梅雨らしいどんよりとした天気が続いています
朝倉や日田あたりでは集中豪雨が発生して大変みたいですが
私のところは少し雨が降るだけのいたって温和な梅雨です

それにしてもいつのまにか6月が終わり
7月に入ってしまいました

このあいだ「明けましておめでとう」だったのに
「あっ!」というまに今年も半分が終わったのですね

この会社に入り皆さんが

「あっ!という間の5年でした」
「あっ!という間の10年でした」

なんてことを言われますが

確かに、、、

時間が過ぎ去っていくのがチョ~早く

年を取るのはイヤですが
年金は早くもらいたいし

なかなか微妙なところです


さてさて、、、

昨晩は休みでしたので
珍しくというか、本を読みました

転進 瀬島龍三の「遺言」 新井喜美夫著

久しぶりに本でも読んでみようか?と
先月病院に行った帰りにブックオフに寄り
ちょっと目についたタイトルでしたので、、、

瀬島龍三さんってあまりよく言う人はいないし
私もあまり好きなタイプの人ではありません
でもちょっと気になる人ですよね

何を聞かれても寡黙を通し
黙秘権を行使しとるのかな?
それだけ話せないということは「悪いこと」いっぱいしとったのじゃろう

そんな連鎖反応で、、、

まずこの本で1番びっくりしたのが
新井さんが以前星野直樹さんから聞いた話

サイパン決戦の直前

東条 「海軍は誰がやるんだ」

星野 「閣下、南雲忠一中将です」

東条 「あの真珠湾攻撃を成功させた南雲か。それは心強い
    日本もまだしばらくは持つな」

それからすぐサイパン島は玉砕陥落

東条 「あの真珠湾攻撃を成功させた海軍の誇る機動部隊はどうした」

星野 「ミッドウエ~で壊滅してとうの昔にありません」

東条 「そうとわかっていたならフィリピンにこだわったり
     インパ~ル作戦などやらなかったのだが、、、」

これだけでも驚愕の話ですが

新井さんが瀬島龍三と話したときにこれを確認してみると
瀬島はこともなげに

「ええ、知らなかったでしょうね」とあっさり答えたと

そのとき東条は首相兼陸相 たぶん参謀総長もやっていたと、、、
国のトップであり戦争中の最高指導者

その人に何の情報も届いていない
その人が作戦を指示し、承認し、天皇に伝える

その作戦はことごとく失敗
戦死者230万人の約80%が最後の半年で死んでいますが
これじゃ死んだ人が浮かばれませんよね

戦後、たとえ負けたとしても事実を究明し
誰が何をやったのか?なぜそのようになったのか?
もちろんそれによって傷つく人が大量に出てきたとしても
やるべきだったですよね

それをうやむやにしてしまい
その当時からでしょうが今の官僚機構にも引き継がれていったのでしょう

日本人ですから都合の悪いことは隠す
そして守秘義務には厳格
組織の秘密を洩らせば明日はない

その日本人の悪いところがすべて出てしまった
陸海軍だったのでしょう

頭脳はそれなりに優秀だったのでしょうが
実際にやっていることは

「バカにつける薬はない」程度で、、、

軍人といっても軍官僚に過ぎませんし
その閉鎖された組織のなかで生きていくためには保身あるのみ
余計なことは言わない、相手に恨まれるようなことは口に出さない

しかしその保身のためにどれだけの人が無駄死にしたことか


瀬島龍三

質素で真面目で「軍人勅諭が歩いている」ような人だったらしいですし
軍人の誰に似ているかと問われれば

東条英機

日本の組織ってこういう人が上にあがっていくし
こういった人じゃないとあがっていけない

そんなものなのかもしれませんね

東北の震災のとき
1番悪いときに1番悪い組織が政権を取り
1番悪い人が首相であった

菅さんそんなことを言われてましたが

前の戦争の時も
これと同じようなことだったのかもしれません


あと1ヶ月もすると終戦記念日ですが

亡くなった方たちに

線香をいっぱい焚かなくちゃいけないな

そんな気持ちにならされた本でした






ネット通販の時代ですかね


6月29日 木曜日

数日前とは打って変わり毎日曇りか雨
梅雨らしいといえばそうなんですが

まあ暑くないのがいいですけど
来週から毎日30℃を超えてくるそうで
戦々恐々として、、、

こんな私がフィリピンにいたなんて
遠いことのように感じてしまいます

さて、、、

今、家族はラスピニャスに住んでいるのですが
レイテにいたころはyoutubeのビデオを日本でダウンロ~ドし
DVDやUSBチップに入れて向こうで再生していました

今でもフィリピンですから通信速度は早くないですが
数年前とは違いSkypeでいつでもテレビ電話で話すことができ
写真やビデオも自由に張り付けてすぐ見ることができます

ケンケンに「これいいだろう これが日本の音楽だ」

日本との距離が縮まり、便利になりましたね


便利になったといえば

先日、カミさんが洋服を2枚買ったらしく

「バクラ~ランに行ったのか?」

「No ネットストア~」

ワンピ~ス、、、フィリピンではドレスと言ってますが
洋服だけのを2枚
カミさんが着ている写真を2枚

スマホかタブレットで写し、早速貼り付けてきました

「1枚280ペソだけどね」

「支払いは?」

「銀行送金。ネット支払いは危ないらしいし」

「OKな」

いつのまにかフィリピンでもネット通販の時代になっているのですね
値段もバクラ~ラン価格と同じくらいか少し安いぐらい

そういえば私もフィリピンに縁ができだしたころから
ネットでPALかセブパシ、もしくはフィリピンの旅行会社のなかで1番安いのを探して買ってました

まあ航空券の場合は家でプリントするだけですのでカンタンですが
洋服となると配達が必要ですし
特にメトロマニラだとビレッジの次がまた別のビレッジ
公道があまりなくて私道の連続
家にたどり着くまでこれでもか?というくらい関所があって大変でしょうが
そんなところもいつのまにか解決して
あのガンコな人たちも時代の波には乗っているのでしょう

近い将来、ピノイもアマゾン漬けの人たちが溢れるようになるかも?ですね
中国人が強いからアリババかな?

そんな話をしているとき
ちょうどケンケンの通学用の黒靴がいるという話題になったので

「靴は通販はダメだぞ
 サイズだけではわからないものがあるし
 当たるとかフィット感とか、足は本当に微妙だから
 実際に店に行って履き比べてみないと」

「イエスサ~」

そんな私もネット通販を利用しています

母の線香も
フレ~ム、網戸、窓ガラス付きで窓枠にビス止めすればそく窓が完成する窓セットも
ネット通販ですし

玄関前に
「昼間は寝ていますので宅配便は玄関前に置いておいてください」

小さな紙にそう書いて押しピンで留めておくと
ちゃんと玄関前に置いてあり

「あれ~~もう来たんだ」

何でも早いのですよね

そして以前は
宅配便が来るたびにその紙が無くなっていましたが
今ではそのままにしてあります

考えてみると
以前だとお客の指示の証拠として配達票に止めていたのですが
今ではそれをスマホで写しておけばいいことですし

こんなところにも時代の波が、、、

お陰様で私も毎回書いてピン止めしなくても済みます

便利な世の中ですね


将来、私が仕事をリタイアしてフィリピンで暮らすようになるころは
何でもネット通販
近所のSMに行くのも面倒くさい
食料品だけを徒歩圏のピュアゴ~ルドに買いに行く

そんな時代になっているかもしれませんね