FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
久しぶりに本を読みました


7月8日 土曜日

ここ数日、梅雨らしいどんよりとした天気が続いています
朝倉や日田あたりでは集中豪雨が発生して大変みたいですが
私のところは少し雨が降るだけのいたって温和な梅雨です

それにしてもいつのまにか6月が終わり
7月に入ってしまいました

このあいだ「明けましておめでとう」だったのに
「あっ!」というまに今年も半分が終わったのですね

この会社に入り皆さんが

「あっ!という間の5年でした」
「あっ!という間の10年でした」

なんてことを言われますが

確かに、、、

時間が過ぎ去っていくのがチョ~早く

年を取るのはイヤですが
年金は早くもらいたいし

なかなか微妙なところです


さてさて、、、

昨晩は休みでしたので
珍しくというか、本を読みました

転進 瀬島龍三の「遺言」 新井喜美夫著

久しぶりに本でも読んでみようか?と
先月病院に行った帰りにブックオフに寄り
ちょっと目についたタイトルでしたので、、、

瀬島龍三さんってあまりよく言う人はいないし
私もあまり好きなタイプの人ではありません
でもちょっと気になる人ですよね

何を聞かれても寡黙を通し
黙秘権を行使しとるのかな?
それだけ話せないということは「悪いこと」いっぱいしとったのじゃろう

そんな連鎖反応で、、、

まずこの本で1番びっくりしたのが
新井さんが以前星野直樹さんから聞いた話

サイパン決戦の直前

東条 「海軍は誰がやるんだ」

星野 「閣下、南雲忠一中将です」

東条 「あの真珠湾攻撃を成功させた南雲か。それは心強い
    日本もまだしばらくは持つな」

それからすぐサイパン島は玉砕陥落

東条 「あの真珠湾攻撃を成功させた海軍の誇る機動部隊はどうした」

星野 「ミッドウエ~で壊滅してとうの昔にありません」

東条 「そうとわかっていたならフィリピンにこだわったり
     インパ~ル作戦などやらなかったのだが、、、」

これだけでも驚愕の話ですが

新井さんが瀬島龍三と話したときにこれを確認してみると
瀬島はこともなげに

「ええ、知らなかったでしょうね」とあっさり答えたと

そのとき東条は首相兼陸相 たぶん参謀総長もやっていたと、、、
国のトップであり戦争中の最高指導者

その人に何の情報も届いていない
その人が作戦を指示し、承認し、天皇に伝える

その作戦はことごとく失敗
戦死者230万人の約80%が最後の半年で死んでいますが
これじゃ死んだ人が浮かばれませんよね

戦後、たとえ負けたとしても事実を究明し
誰が何をやったのか?なぜそのようになったのか?
もちろんそれによって傷つく人が大量に出てきたとしても
やるべきだったですよね

それをうやむやにしてしまい
その当時からでしょうが今の官僚機構にも引き継がれていったのでしょう

日本人ですから都合の悪いことは隠す
そして守秘義務には厳格
組織の秘密を洩らせば明日はない

その日本人の悪いところがすべて出てしまった
陸海軍だったのでしょう

頭脳はそれなりに優秀だったのでしょうが
実際にやっていることは

「バカにつける薬はない」程度で、、、

軍人といっても軍官僚に過ぎませんし
その閉鎖された組織のなかで生きていくためには保身あるのみ
余計なことは言わない、相手に恨まれるようなことは口に出さない

しかしその保身のためにどれだけの人が無駄死にしたことか


瀬島龍三

質素で真面目で「軍人勅諭が歩いている」ような人だったらしいですし
軍人の誰に似ているかと問われれば

東条英機

日本の組織ってこういう人が上にあがっていくし
こういった人じゃないとあがっていけない

そんなものなのかもしれませんね

東北の震災のとき
1番悪いときに1番悪い組織が政権を取り
1番悪い人が首相であった

菅さんそんなことを言われてましたが

前の戦争の時も
これと同じようなことだったのかもしれません


あと1ヶ月もすると終戦記念日ですが

亡くなった方たちに

線香をいっぱい焚かなくちゃいけないな

そんな気持ちにならされた本でした





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/1011-4697a84c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)