FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
フィリピンに行ってきました ②

部屋に戻り、疲れて眠いですが
ケンケンに公文を少しさせよう


そう思ってカミさんに声をかけますが

カミさん
「ケンケンに公文のブックレットを2日分持っていくように言っていたのに
 忘れてきている」

当たり前だろう
プ~ルに行くのに頭がいっぱいで
ハナから勉強しようとなんて思わないし
持ってくるハズもない

だから私はおまえさんに持ってくるように言ったのに

まあそれ以上言っても仕方ないので
全員すぐ爆睡しましたが、、、

翌朝6時起床
7時にはプ~ルに

ここは公営なのでチェックアウトは11時
15分までは許すがそれ以上過ぎるとペナルティ

まあ10時まで遊んでまわれば十分だろう

しかしケンケンは10時になろうとしても
「まだまだ」  「まだまだ」を繰り返します

「また来ればいいじゃないか」

それから彼はご機嫌ナナメでしたが

シャワ~をして荷物をもって国道に出ると2~3分でブエンディア行きのバスが来て乗り込み
バス料金を払うとすぐに爆睡
起きるともうマカティとパサイの境目
SLEXだと早いですね

バスを降りるとこれまた2~3分でSMサウス行きのバスがきて
飛び乗り30分ほどでベルダン
トライシケルで10分後には家に着きました

時間にして3時間弱
交通費も1人当たり往復で600p弱

これだと庶民のリゾ~トになれますね
バギオは遠いし高いですがここだと充分です

家に帰り、息子に公文をさせ私は爆睡

夕方起きると息子はまだ公文をしています
因数分解ですがやはり日本のやり方でしょう
最初はカンタンですがすぐに複雑になって
1ペ~ジの表裏 22問中7問、間違っていますし
4時間してもまだだいぶ残っています

こりゃ~いかんぞ

息子も最近サボリ気味

そりゃ~そうでしょう
1日6時間や8時間公文の算数やっていれば
遊びにも行けないし、ギタ~も弾けない
なんたって彼女とFacebookでやり取りできない

そりゃあ私の息子ですから問題集隠しても遊びに行きますよね

それからマッサ~ジに行くつもりでしたが中止して
11時まで様子を見ながらさせました

翌日はカミさんとマッサ~ジに行ってバクラ~ランで買い物でもするつもりでしたが
朝7時から息子に付きっきり

息子も最近サボッていますのでアタマも混乱して

それを一つ一つ説明して
問題を解いていきます

今は1冊8時間かかっても慣れれば6時間、4時間、3時間と早くなっていく

それにしても本人も大変なことになっているし
それを母親は全然理解していないし
私は日本ですからまったく何も知らないでいた

迂闊でしたね

夜の8時までかかってやっと3冊終わりました
英語の4冊は手付かずでしたが、、、

しかし私としてはこれでいいのではないかと思っています

私の子ですから勉強より遊んだほうが楽しいし
女の子も大事
そして女の子や野郎どもに受けるためにギタ~も上手になりたい

しかし私たちはフィリピンで何のコネもないしツテもない
すべて息子が努力していくしか道はないし
すべてナシ、0にせよとまでは言いませんが
限りある時間を勉強に費やしていくしか方法はありません

おまえが公文をさぼってGive upすれば
わたしもおまえさんをGive upしてレイテに帰す

そう言い渡していますし

本人もひたすら問題を解いていけば
遊ぶ時間は減少されていき
ひとりで勉強する習慣がついていくかもしれない

期待通りに物事は進んでいきませんが

何とかそのように持っていければ

そう思っています


それからラスピニャスの知人が我が家にやってきて
3時間弱談笑

カミさんも喜んでました


8月の稼ぎ時
こころの声を聴いたような気がして
欲をブチ切って行ったラスピニャス

やっぱり行って良かったです

ここで行かなかったら息子はすぐに押し流されていたでしょうし

結局ダメでも親としてできる限りのことはしてやりたい

今まで一度も口に出すことはありませんでしたが
今回初めてカミさんが10回くらい、息子が3回

「パパ日本に帰らないでくれ」

そう頼んできました

2人ともけっこう追い詰められていたのかもしれません

私もそうしたい

しかし私はフィリピンで二人を養っていくほどの甲斐性がありませんし
スキルもないしそれを伝えるツ~ルである英語フィリピン語も出来ません

申し訳ないけれど
日本でタクシ~の運転手してお金を作るしかない

ごめんね

しかし私としてできる限りのことはするから


今回も行って良かったです
行かなければ後悔するほど行って良かったです

ただ、、、最後のところで息子のことで手一杯

お土産も買ってないし手ぶらで日本に戻ってきました

今日から仕事ですが

何もなかったように
何もなかったかのように

サラリと時間を過ごして

やり過さなくちゃいけませんが、、、、


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/1016-acac508e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)