FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
JAL

JALが何かと話題になっていますね

もう古いでしょうか・・・?
まあ世間からいつもズレてますので


個人株主はほぼ全損とか

企業年金を30%カットされても受取年金額は25万円を超えるのに
賛成がなかなか得られず甘えすぎだとか

ANAはそれなりにやっているのに
ダメ企業に1000億円の税金を使うのはまちがっているとか

なかなか賑やかですね
まあもっともな話ですが・・・


株主責任
これは仕方ないですね

そういう私も以前泣いたことがあります

売っても証券会社の手数料払うと
ほとんど残らずあめ玉が買える程度

責任を取らなくちゃいけないほど発言権はなかったんだけど・・・
しかし理屈からいうと諦めるしかないし

ところで糸山英太郎?さんだったかな
たしか個人筆頭株主だったような・・・?

こういった人の場合
泣いてすむような金額じゃないでしょうね
昔、「太陽への挑戦」なんて本書いてありましたが・・・

年金が高いのは給料も高かったし
待遇も破格でしたね
なんせ花形でしたし

スッチ~さんなんて
ひとりでもハイヤ~でしたもんね
空港行くのに・・・

時代とともに相乗りでタクシ~になっていきましたが・・・

プライベ~トのときの私服も違ってましたし
飲みにいくといっても店が違ってました

20歳ちょっと越したねえちゃんが行く店ではなかったですね
そう言いながら1回だけ奢ってもらい感謝しておりますが・・・


まあ私は縁のない世界で
JALに乗るのは国内線だけだったですし
国際線なんて手が出ませんでした
なんせ高くて・・・

それに福岡ですから・・・

それでも昔はJALもけっこう飛んでいたような

昔は基本的に相互乗り入れでしたから
東南アジア各都市ほとんどあったのかもしれないですね
考えてみれば・・・

しかし減便、運休、廃止

まあ福岡空港発は本当にこれでいいのか?
すぐさま運休、廃止になるのではないか?

そう思うくらい乗客が少ないですから
しょうがないですね

それでも
中国の数社、大韓・アシアナ、中華・エバ~、タイ
シンガポ~ル、マレ~シア、カンタス
それにフィリピン
がんばって飛行機を飛ばしてます


フィリピン航空なんて毎回

「3ヵ月後帰ってくるとき
 運休して飛行機が飛ばないってことはないですよね」

「その予定はございません」

挨拶代わりに声かけるほどですし・・・


思い出しましたが
最初飛行機に乗ったのはJALでした

沖縄往復
スカイメイトで
それも5月の連休のとき・・・

図々しいというか?
恥を知らないというか?

今思い返せば近くの乗客から

「乗れるんだねぇ」とか「乗ってしまえば一緒だし」

けっこうからかわれていました
そりゃそうですよね
高い運賃出して、それも満員で無理して取ったのでしょうから・・・

その節はご迷惑をおかけしました


そういえば一度カチンときたときもありました

以前、アリタリアやユナイテッドが集客のため
福岡~成田・関空を無料キャンペ~ンしていたとき

帰路、余裕で乗れるので前の便に乗れないか?と尋ねたのですが
関空のおねえちゃんが

「これはいわゆる格安航空券とよばれるもので云々・・・」

「お言葉を返すようで失礼ですが
 それはあなたたちが勝手にそのような名前をつけているだけで
 世界中これが普通の航空券だし
 空席がある場合どこでもカンタンにOKして乗せますけど・・・
 だからあなたのところは競争に負けるのでしょう」

まあそれで乗せてくれましたけど・・・


まあ私は福岡ですのでJALがなくなってもたぶん問題ないですね
ほとんどANAと競合してますし
もし単発のところでも採算に合うところだったら
他のところが飛ばすでしょうし

無くなったとしても
違和感を感じるのはそのときだけで
いつのまにかどこかがカバ~していたり

無くなってしまったとしても
それはそれで
いつのまにかそれが当たり前のことになっているだろうし

なるようになっていく
そんなものだと思うのですが・・・

ただ選択の余地がないところもあるでしょうし
JALに郷愁を憶える人たちもいるかもしれませんね

交通機関というものは
一概に「こうだ」とは言えないところがありますが
今度の処置で不満を持つ人も多いかと・・・

今のご時勢ですから・・・




ここらで曲にしましょう


最近よく聞いている曲です

宇徳敬子&近藤房之助のカバ~で

「Good-by Morning」






Goodby morning




昔、世界歌謡祭でサンディ~?だったかが歌ってましたね


普段はどうしても原曲に郷愁を感じてしまいます

その歌声、そのメロディが耳に入ると同時に
その時代が一瞬にして甦ってきますし・・・

そういったことでカバ~には辛口のほうですが
この曲はこちらのほうがいいような・・・


最初は少し違和感がありましたが・・・

聞くほどに・・・

味が出てきました





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/102-9591ab77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)