FC2ブログ
FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一神教とその場の空気


8月13日 月曜日

暑い日が続いています

「もう夏は終わりにしてくれ、、、」
そう思うこの頃ですが

今日はお盆の初日、、、

まだまだ夏は終わらない、、、ですね

さてさて、、、


ユダヤの話ですが

お祭りも神事なら神輿も神事
以前、生粋の博多の町、店屋町のごりょんさんだったおばあちゃんが
「山笠は神事ですから厳しいですよ!」キッパリ言っていました

確かに、一神教ですから厳しいでしょうね
それ以外に道はないのですから、、、

日本人の八百万の神さまのようにあちらもこちらも、、、
その時の、その場所の、皆さんの空気
その、、、気みたいなもので何事も決まっちゃうことはないでしょうし

考えてみたら、、、日本人ってすべてにおいて
「その場の空気」これで決まるのですよね
助けるときも、捨てるときも、、、

どう動くか?

特別に誰か?が熟慮したわけでもなく
その場の雰囲気で決まってしまうし
それで皆さん納得してつい進んでしまう

日本人の存亡のとき、先の大戦でもこれの大連発
まったく考えられないようなことが毎日のように起こっていく

現地の最高司令官が「指示するまで絶対に撃つな!」
そう厳命しても

一砲兵隊のその場の雰囲気で撃ってしまい
すべての計画がご破算

どれだけの日数と頭脳と人力とお金をかけても全くイミなさないことが
日常茶飯事に起こってしまう

レイテ沖海戦なんてそれの典型

昭和天皇の「なんとか一度叩けぬのか」

このツルの一声で始まった捷号作戦

海軍の総力をあげての大決戦
すべての艦船を失ってもお上の意向に向かって突き進ねば

そのためにも念には念を入れて北と南の2方面での囮作戦
壊滅されてもこれ一発にかけてのぞむも

本尊の栗田艦隊はレイテ湾に近づきアメリカ艦艇のマストが見えた時点でUタ~ン

小学生のとき従弟の家の戦争雑誌「丸」に
「あぁ 栗田艦隊、謎の反転!!」 表紙にそう書いてありましたが、、、

そのときは分かりませんでしたが
たぶんその時点の艦長室に集まっていた
栗田、草鹿、その他数名の幹部の空気でそうなったのでしょうね

それでマッカ~サ~は生き延び
やがて日本で天皇を超える人として君臨することになるのですが、、、

彼はよく「神のご加護に感謝する」と言っていたらしいですが
私とすれば、「日本人のその空気に感謝する」と言ってほしかったですね

アメリカとの物量の差で負けた

よくそう言いますが
それだけではないのですよね

絶対の官僚機構
共産主義の機構ともいってもいいですが

いわゆる一神教みたいなもので
トップが神の存在で絶対
その下に管理する人たちがいて
下の者は従うだけ
殺されるのも受け入れるだけ

こんなものはこの人たちには合わないのですよね

それでも勝ち戦のときはあまり目立ちませんが
負け戦になると途端に目立ってきて
上がいくらラッパ吹こうと収拾がつかない
戦争などというものではなくなってしまう

そもそもこの国の人たちって
戦争にはまったく向いていない人たちではないかと思うのです

戦争というものは犠牲がつきものですから
そのためには絶対の規律、上からの指示には絶対従う

これがないと出来ないものでしょうし
八百万神の民ではムリじゃないかなと、、、

ただ、戦争というものは始まりがあれば終わりもありますけど

戦前だけの話ではないですよね

戦後でも「これはマズイのではないか?」とその場の雰囲気がそうなれば
粉飾決算でもデ~タ改ざんでもなんでもやっちゃう

三菱自動車なんて会社をあげて反省したかに見えても
またやっちゃう、、、

仕方ないですよね
水田を切り開いて生きてきた日本人の末裔ですし
その時の空気には逆らえませんから

挙句の果ては先ほどの
日本の最高の頭脳、日本の中枢、最高の司令塔であるはずの人たちが
公文書の偽造までやっちゃう

白人、、、一神教の人たちには全く理解不能でしょうね
公文書が偽造されたら何を信じたらいいのか?
信じられるものがなくなってしまう

ただ、日本人だとすぐ理解できて
その時、その場の雰囲気でそう決まってしまったんだろう
仕方ないよね
あとはバレないように丁寧に作業するだけ

でもまあ、、、バレてしまうこともあるさ、、、と


最初はユダヤ人が残したものでも書こうと思っていましたが
いつのまにか脱線

いつものことですが、、、

もう今晩の為に寝る時間ですので

また今度、、、



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/1028-cf3293af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。