FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近よく考えること

この2日フィリピンに関係ないことを書きましたので
今日は「ズッポリ」とフィリピンですが
かなりキツイことを書くかもしれません

結婚した当初から今まで嫁さんに繰り返し話すことがあります

ピノイはモンキ~だから・・・
これですね

最初のほうは嫁さんもそういった部分はあるかもしれないけれど
全部ではないし良いところもある

しかし4年以上いつも繰り返し話してますので少しずつ理解してきています


なぜサルなのか

まず最初に「お互い様」これが薄いのです

日常生活では確かに「お互いさま」はあるのですが
基本的に欠けているところがあります

私が書きたいのは
家族寄り添ってとか
親戚でも困っている人があれば家族同様に

そういったお互い様でははなく

まず人間対人間として
自分及び自分の家族も尊重してもらうかわりに
相手も尊重する

そのためにマナ~もあるしル~ルもある
そして思いやりも必要でしょうね

それが身に付いているからこそ
小さな周囲のことから社会までが成り立つのではないかと・・・


嫁さんの親戚で
マニラの新聞社に勤めていた女性がいます
まあ雑用でしょうけど・・・

この人が以前オ~ストラリア人の女性と部屋を借りて
共同生活をしていたとき
そのオ~ストラリア人が

「耐えられない」といって部屋を出て行ったそうです

理由は朝のラジオ

まあピノイですから朝っぱらから大きな音をだしていたのでしょう

そこで
「ラジオがうるさいのならそう言えばいいのに
 そうしたら私も気をつけたのに」

そう言ったそうです

その場で聞いてた人たちは
たぶん「そうだよね~~」だったでしょうね

ここなんですよね

私が住んでいるところの人は基本的にそうですし
ここが1番引っ掛かっているところです


ピノイが言うように
100%完全な人間なんていない
人間、良いところもあるし悪いところもある

これもすばらしい意見ですが


最低限のル~ル・マナ~をわきまえているのが人間だし
それすら知らない
またそういったことがあることすら分かってない者は
人間ではなくサルでしかない

これもあるのですよね

「言えば分かる」じゃなくて
「それは当然として存在するものだ」

ここの部分なんです


嫁さんに話したことを思い出しながら書くと


ピノイでも教会の中だと
静かにしなくちゃいけないということは知っているよね

それは神聖な場所で、神に祈っているから
静かにしなくてはいけないということもあるけど

祈っている人がいるから
静かにしなくちゃいけないのもあるだろう

自分が祈っているとき回りがうるさいと嫌だし
自分がうるさくして周りの人に嫌な思いをさせてもいけないし

それは教会に限ったことではないよね

家でも病人がいるかもしれないし
赤ちゃんが熱だしているときだってあるし
普通の人でも気分が悪いとか頭痛だったり
女性だと生理が重い時だってあるし

しかしピノイはそんなこと考えないよね
自分のことだけ、自分のためにだけ
人の迷惑なんて考えないよね
自分が迷惑に思ったときは大きな声で言うくせに・・

自分の嫌だと感じることは相手も嫌だと感じるのではないか?
自分はなんともなくても他の人は不快に思うことがあるのではないか?

それがマナ~とかル~ルの出発点じゃない?
言えば分かるのだったらそもそもマナ~とかル~ルは必要ないけど
どこの国でもあるということは
言わなくても当然そうあるべきだ
そういったものがあるんじゃないかな?




話は戻りますが最初のころ嫁さんは

「確かにサルみたいな人は多いけど
 教育レベルの高い人だっているし、お金持ちの人だっている」

こう反論していました

車に乗っているとアホがいっぱいいます
職業ドライバ~のような最下層の人たちもいますし
SVに乗っている人たちもたくさんいます

なっ!・・・サルだろう
こんな前がまったく見えないカ~ブでも飛ばして抜いていくし
小学生や中学生が両側いっぱい歩いていて
対向車が来ていても関係なしに無理やり追い越していく

「お互い様」を理解していないんだよ
相手も人間だし、命はひとつしかない
自分にも家族があるように相手にだって家族はあるだろうし
親だって子供だって兄弟だっているだろう

今の車、新車だし2MPぐらいかな
それに乗っているおっさんだからお金持ちだよね
きっと教育レベルも高いし、社会的地位もあるだろう
話せばたぶん英語でまくしあげてくるだろう

よくピノイは英語が話せるというけれど
そんなものまったく関係ないんだ

英語はツ~ルにしか過ぎないし

最低限のマナ~、ル~ル、知識もない人間が
英語を喋っても意味ないし
少しだけ道具を持っているけど家を建てることのできない大工と一緒
ただピノイは道具を持っているからすごいだろうとカン違いしているだけ
確かに道具すら持ってない大工がたくさんいるけど・・・

「お互い様」が理解できないから相手のことを考えないし
たぶん自分も自立できない人が多いんだろうね
周りを見渡してもほとんど自立できないヤツばかりだし

相手にとって自分は他人だということが分かってない

自分には自分にとって大切なものがあるように
他人にもその人にとって大切なものがある

それが分からないということは
社会の第1歩目
それ自体が分かってないんじゃないかな




嫁さんはフィリピ~ナですが、わりと日本人に近い感性を持っています
しかしフィリピ~ナなんですよね

理解もできるし自分もそうあるべきだとも思っています
ただそれを子供に教えるとなると・・・
甘いんですよね

環境もありますし

教育というとすぐ学業のことになりますが
息子も4歳になりました

確かに学業も大事ですが
その前の段階

マナ~・ル~ルまあ躾ですよね
それに考え方・生き方
こうあるべきだし、こうやっていかなくちゃいけない

これをどうやって伝えていくのか・・・

私のように往復している者にとって考えるところです



いつものごとく尻切れトンボ、中途半端になりましたが
曲にしましょう



気分を変えて

絢香*コブクロ 「あなたと」





あなたと




けっこう好きな曲です

年甲斐もないですが・・・・





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/104-be03d55c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。