FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
否定
昨日はサルじゃの人間じゃないなの書きましたので
じゃあ何でそのようなところに住むのか?

そういったところから書いてみます


ぶっちゃけて言うと住みやすいのです

もちろんリスクは日本より高いのは間違いないでしょう

しかしお金のない人間にとって
リスクが少ない代わり生活できないほど物価高のところと
リスクはあっても生活できるところ

私は生活できるところを選んだだけですが
思った以上に居心地は悪くないのです

昨日、「こうあらねばならない」
これが薄いのでサルと書きましたが

私のような人間にとって
「こうあらねばならない」
これが薄いほうがラクなんですよね

地でいけますし

ただ地でいけるとは言っても
やはり日本人ですから、子供のころからの躾もありますし
社会に出て形作られたものもありますので
現地のピノイのように「地のまま」という訳にはいかず

「良いおじさん」「良い人」

そういった仮面はやはり拭い去ることことは出来ないかもしれません


しかし日本のように常時仮面を被って

常識ある人、良い人、節度もある、理解してくれる
仕事は速く勢いもある、約束は守る、時間は正確
親しみやすい、心使いがある
まだまだいっぱいありますね

そんなところから来ると
Yシャツにネクタイ締めてス~ツ着て皮靴はいて

から


パンツ一丁みたいなもので・・・


ラクですよね

「ほっ」としますし

無理をせずにすみますから


ただ私のような終わった人間にとって
こっちのほうがラクでいいのですが
これから始まる息子のような人間にとって

地のまま
これで済むのか?

環境が環境ですし


年を取っての子供ですから
息子がどこに住もうがそれは自由ですし
好きなところを選んで住めばいいと思います

しかし出来ることなら社会の底辺で暮らすより
家族を養っていけるところで暮らして欲しいですね

私の周りの人たち
気の良い人たちですし
良い人たちが多いです

しかしその人たちのごく普通の常識で
それなりの社会で通用するか?となると

日本はまず無理ですし
外国に行っても無理でしょうね
マニラでも難しいかもしれないです


自分にとって居心地の良い場所の人たちを
息子にとっては親として否定から入らなくちゃいけない

因果なものです

もちろん良い部分もあるので全否定するわけではないのですが・・・
良いんだけれどそれじゃいけないんだ

どうしてもそうなっていきます


ただ周囲の人を否定から入っても
息子に母親を否定させるわけにはいきませんので

嫁さんも理解だけでなく、出来る、教えることが出来るまで
4年以上話し続けてきましたが
もっと話して伝えていかなくちゃいけない

そしてその中には嫁さんにとって辛いこともあるでしょう

気が重くなりますね

しかしやはりやっていくしかないでしょうね




こういったことは私がフィリピンに住もうと考えたとき
スケジュ~ルに入っていなかったし

のんびり暮らそう

ただそれだけだったのですが・・・


外国で子供を持つ
幸せなことですが
難しいことも背負い込んでしまう


なかなかこの世は難しいものですね



もう曲にしましょう

重くなりましたので
明るくNolans で「 I'm in The Mood For Dancing 」でも




I'm in The Mood For Dancing



ケンケンが好きな曲です

この曲がかかると自然に踊ってます

ただピョンピョン飛び跳ねているだけですが・・・


現地では3~4歳の子供でもダンスがうまい子がいますね

腰のひねり、ため・・・見事なものです
思わず拍手喝采

うちの子はやはり日本人の血が入っているんだな
そう思ってしまう部分です





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/105-8c3a3b14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)