FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
いろんなことが起こりますね
昨日、ブログを読んでると
宮崎の口蹄疫病の被害が深刻化しているとか・・・

連休前にチラっとヤフ~ニュ~スで見たんですがそのときは牛のことだったので
「やっぱり生き物相手はたいへんだな」ぐらいで・・・

若いころ北海道でパイロットファ~ムの悲惨さを見聞きしました
国の方針があり、道が道筋をつけ、農協が協力
しかし最終的には個人にしわよせがすべて降りかかり追い詰められていく

毎日借金が膨らんでいくけど
最初に受けた融資が2~3千万円
それを返済しなければやめることすらできない

そんな現実を目の前で見てしまいました


今度のは病気ですので早く止め
これ以上被害が広がらないように・・・としか言えないのですが

やるせない気持ちになりますね



しかし思い出してみると
4月に嫁さんが「母ブタの1頭が熱が出て蹄が痛んでいる」

そんなことを言ってました

そのときは「注射して、蹄に薬塗っておいてくれ」

これで済ませておいたのですが・・・


「げっ・・・もしかして・・・」


しかし現地の人はブタの世話をすることはできるのですが
病気などの知識は持ってないし
獣医といっても日本のレベルはとてもじゃないが望めないし
私も知識も経験もなく、調べたとしてもそれを伝える言葉を知らない

ただ「シック」

これで終了です

死んだとしても埋めて終わりですし

よほど問題になって政府が強制的に動かない限り
病気でも生きているブタを殺すなんてことしません

もっとも1万Pで人が死ぬところですから
15000Pのブタを殺すなんてできるはずもないですが

それでたまにその地域一帯のブタが全部死ぬ
そんなこともあるようです

私が現地にいても日本にいても何にもできませんし
日ごろはピノイのことをバカにしたり偉そうなこといったりしてますが
結局のところ「祈る」ことぐらいしかできないんですよね


しょせん人間なんて無力だし
そんなものなんでしょうね



それからサンボアンガでひとり暮らしの方が亡くなったそうですね

何があったのか?はわかりませんが
無念だったでしょうね

ただ日本人というだけでむなしい気持ちになってしまいます

今では亡くなった方のご冥福をお祈りすることぐらいしか
私にはできませんが・・・






曲にしておきます


山下達郎「さよなら夏の日」




さよなら夏の日




もし今度生まれ変わって来れるとしたら
やっぱり日本がいいのかな


そんなことを考えてしまいました









スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/195-8a85609b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)