FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慌てすぎ急ぎすぎのような・・・

ケンケンが幼稚園に行っています

まあ日本でいうところの3年保育だと年少さん
2年保育だと幼稚園以下のプレイグル~プですが
フィリピンではナ~セリ~と呼ばれています

ただここはフィリピン

幼稚園とばかり思っていたら学校なんですね

田舎のチャチな教会の寺子屋
まあ私もお寺の保育園に2年通いましたのであまり偉そうに言えませんが

建物と生徒と先生の意志とがかけ離れ過ぎているような気が・・・

幼稚園といえば
お遊戯したり、積み木遊び、クレヨンで絵を描いたり

まずは挨拶に始まり
親離れと集団の中でのマナ~
それを遊びながら身につけていく

こういったものだと考えていたのですが
国が違えば幼稚園も違うのですね

完全に小学校だし
少しはクレヨンを使ってお絵かきしてますが
基本は早く字を書けることを目指しています

テストをするために早く字が書けるように
きっとそうなんでしょうね

聞くと今はまだですが早々にテストが始まるそうで
それも毎週

そのために毎日宿題

ペ~パ~テスト責めみたいです



世界的に16年学習制ですがフィリピンは14年学習制

その2年を大学の予科とか作り学習させればいいものを
小学校以前に持ってきているような?

ただそれがうまくいけばいいのですが
3歳児4歳児に持ってきて果たしてうまくいくものなのか?
親が早期教育している人の中には付いて行ける子もいるかもしれませんが・・・

私のところはナ~セリ~もキンダ~1も2もほとんど同じレベル

教えて、そのときはとりあえず理解できたとしても
身に付いていないので1年経てば元の木阿弥

幼児ですから覚えるのも早いですが忘れるのも早いし
よほど毎日練習を繰り返さないとなかなか身に付かないのでは?

しかし毎日新しいことを教えるのでそれに付いていくのが精一杯
結局、結果として前に進んでいかない

翌年教科書は違っても同じことをやって身に付けさせているのかもしれませんが
そのわりに小学校1年は日本とそう変わらないレベル
3年生以上はまったく問題にもならないレベルだし

基本となる算数が弱いのは分かっているようで
キンダ~1から2桁の足算を教え毎週テストして強化しているようですが
しかしそのわりに小学校高学年になってもたいして前に進んでいないのは同じ


東南アジアのお荷物といわれ
その基本は教育にあるとしているのは分かりますが
もう少し系統立ててカリキュラムが組めないものか?

まあピノイの場当り主義かもしれませんが・・・

日本や韓国、台湾、香港、シンガポ~ルのように
小学生のころから学校が終わるとまた学校へ

その姿が正しいとは思いませんが
国といっても
人材がすべての国々ですから仕方のない部分はありますけど
この国は何を目指しているのか?


なんとかしなければと焦る気持ち
急がねばという気持ちは分かりますが・・・

国でも何でも
組織というものは変えようとしても
小手先ではどうにもならず
組織自体を解体するくらいに徹底的に変えないと
なかなか変わらないものかもしれませんね


曲にしましょう


吉田拓郎「祭りの後」




祭りの後




祭りの後のさみしさは・・・

若いころ「祭りの後」というのは無性にさみしさを感じてましたね


思い出してみれば

いつでもワイワイやって楽しかったはずなんですが
なにかいつもさみしさを感じていたような

そんな記憶が・・・

いつも楽しかったからその僅かな隙間の時間が
耐えられないくらいさみしかったのかもしれませんね


考えてみれば

一種の贅沢病みたいなものですかね




今だったら祭りが終わったのも気付かず
飲んでるか?寝込んでしまっているか?

なんですけど

不思議とさみしさを感じることもなくなりました


これが年を取ったということでしょうか・・・・










スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/215-680543bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。