FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
こだわりのある言葉
フィリピンに関わって1番違和感があるものに

「プライド」

この言葉があります


そして
ピノイはよくこの「プライド」って言葉を使いますよね


プライドってたしか
「誇り」とか「自尊心」とかそういった意味だったハズ

それが「何故に」、、、??

仕事もせず誰かの仕送りで食い繋いでいる
近所のピノイ連中に1番似合わない言葉だけど、、、

箒やハタキの「ホコリ」だったらピッタリ来るんですが、、、


カミさんには

ピノイのどこに「プライド」なんてあるんだ?
ピノイが「プライド」と言葉を出すたび
プライドが恥ずかしがって月まで逃げていくぞ

そんなこと言ってたんですが
カミさんはやはり怪訝な顔するのですよね

確かに「プライド」という言葉がピッタリ来るときもあるのですが
まったくイメ~ジが違うこともしばしばあるというよりダンゼン多いです

たぶん言葉のイメ~ジに違いがあるんだろうな、、、

ずっとそんな気がしてました


イメ~ジの違いといえば
「ドレスドチキン」がありますね

最初見たときは「は~~?」目が点になりました

ドレスド、、、

ドレスアップなんて言葉もありますが

受動態ですので「飾り立てられた」「盛装させられた」
そんなイメ~ジが浮かぶのですが

市場で目の前にあるものは

毛を抜かれて首と足をチョン切られ
ついでに内臓を取り除かれて
白くテカテカに光っている一匹丸のままのポッポちゃん

帰ってから辞書で調べて見ると

「形を整える」が原義で

生きているポッポちゃんが「形を整えられた」というのは
ああいった形だよね、、、確かに、、、

しかしプライドというのは、、、

P国の外国人の家庭によくいますよね
奥さんの弟

まあ雑用係なんでしょうが

まあはっきり言って
「能力もない」「働く気もない」「気も利かない」

三拍子揃った人が多いですよね

そのときはアメリカ人の家だったですが
旦那が怒ってその手の弟に文句言っているとき
奥さんが

「それ以上叱らないで彼にもプライドがあるのだから」

そんな意味のことをいったのですが

「彼はプライドなんて持ってない!絶対にない!」

アメリカ人はそんなふうに断言していました


ということは、、、

ピノイのプライドというのは英語でいうプライドではないのかなと

だったら何なのだ?

ずっとモヤモヤしてました



今日ふと、、、思いついたのですが

ピノイが使っているプライドっていうのは


もしかして、、、

「面子」のことかな、、、?

「面子を失った」とか「面子を潰された」「顔に泥を塗られた」とか

「顔を立ててやれ」「これ以上顔を潰すな」とかいろいろありますよね

「面子を失いたくない」そういったことも言いますね


それだったら今までの不可解なこともなんとなく理解できそうな気がします

金もないのに
借金までしてパ~ティや催事をやったり
表面を飾りたがったり、良い顔してみせたがったり

こういったことをピノイは「プライド」と言ってますが
これはプライドではないですよね
しかし「面子を失いたくない」ととれば合ってますよね

逆に葬式とかで必ずお金を出さないといけないとき
出さずにいる人を「責めちゃいけない」とか「問い詰めてはいけない」

出来なかった人や、やらなかった人に対しても「責めちゃいけない」

これもプライドと言ってますが
「これ以上顔を潰すな」のほうが近いような

何の役にも立たない甘ちゃんとしかいえないような男でも
プライドと言えばチャンチャラおかしくても

「これ以上顔を潰さないで」とするといけますし

そんな男が怒って「俺のプライドを傷つけた」と言えば
違和感でいっぱいですが

一寸の虫に五分の魂があるのかどうか分かりませんが
虫にだって顔はありますし、体面もありますよね

やはり「面子を潰した」

そうとれば分からないことでもないですね
誰でも「顔」は大事でしょうし

頭とか内容はともかくとしても、、、



私の勝手なイメ~ジですが

プライドというと
人や人々がこれまで積み重ね蓄積したものの上に載っている
光り輝く王冠のようなイメ~ジ

ただ面子になると
これが最後の一線、何としてでも守り抜かねばいけないもの
もし突破されると後は何も残らず
ただ情念の炎のみ

そ、そんなイメ~ジが、、、


まあ実際
「プライドが傷ついた話」はよくあるのですが

どんな話なのか聞いてみると
「なんじゃそんなしょうもないことで?」

しかし本人はそれに拘ったり、怒ったり
「許せん」と執念深く根に持ったりしてるのですよね

しかしこれって怖いですよね

どれが面子を潰すことになるのか分からないですし
どんなことで根に持たれるか

最後の一線といっても
身体に等高線でも引いてもらわないと分からないですし

しかし用心しなくちゃ


あまり不用意な言葉は慎まないと、、、


しかし私の性格が性格ですから
なかなかこれが難しいですね






もう曲にしましょう



織田哲郎 「翼を広げて 」





翼を広げて




あくまで私の勝手な想像というか
単なる「思いつき」

当たるも八卦、当たらぬも八卦よりも確率低そうですし


ぜんぜんハズレでも

「アホなことを考えるバカもいるもんだね」と

笑ってサラリと流してくださいね




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/250-c7717601
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)