FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
「やるお金」で失敗
先日「やる金」と「借金」は分離したほうがよいなどと、、、
エラソ~~なこと書いちゃいましたが、、、

まあ情が絡みますし
配偶者、子供にとっては血の繋がった人たち

まあなかなか難しいところがありますよね
機械じゃなく人間ですから、、、


実のところ「やるお金」

私は、、、これでさえ、、、失敗しちゃっています


3年前の6月、カミさんの従兄弟の長男が
ミンダナオの叔父さんの家に行きました

小学校を卒業したばかりの少年で
日本人から見ると小学校4年生ぐらいに見えるのですが
叔父さんの家からハイスク~ルに通うそうです

この叔父さん、村役場に勤めていて40代後半ですが独身
ご飯炊きや掃除洗濯などの家事をこなしながらの学校です

まあ幼く見えますし
両親兄妹と別れ叔父さんの家とはいえ
ひとり見知らぬ土地に行く

まあ「がんばれよ~~」といった気持ちで
餞別に1000P渡そうとカミさんに伝えると

「100Pで充分」

「おまえ~~究極のケチじゃのう~~
 あんな子供が親と別れて家事をしながら勉強しに行くんだぞ
 ちょっと遊びに行くわけじゃなく、、、」

「そこまで言うのだったら200P」

「あのね、、、
 ノ~トやボ~ルペンなど文具買うのにも叔父さんとはいえ
 やっぱり『お金をください』って言いにくいんじゃない」

「それはそうだけど、やめたほうがいい」

「うんにゃ、、じぇったいにやる。それが日本人だ」


ただ、もうすぐ出発とはカミさんが聞いていたのですが
いつ出発なのかが分かりません

間に合わないと何にもならないし
かといって
早すぎると親父の酒代に変わってしまう恐れもあるし、、、

そこで
その子のおばあちゃんに預けることにして
おばあちゃんの家に行きお金を渡すと、、、

目を大きく見開いたまま吃驚の表情

「こ、、これは大金すぎる」と

このおばあちゃん
中国人の血がかなり入っていて品がありますし
教育熱心で貧しいながら5人息子を育て上げ
この子の父親以外はカレッジを卒業させてます

「これは勉強のために使うお金だと、、、
 あの子はやさしい子だから前もって渡すと
 きっと親に全額やってしまうだろうし、、、」

それで了解してくれました

翌朝、出発前に挨拶に来たそうですが
私は海に行ってましたので、、、

しかし、、、


それからが、、、


たいへん、、、


おばあちゃんがお金を渡すと、、、
それを見ていた連中によりすぐさま噂となり

「あっ」という間に
その話は我が家の半径1km内を何周も駆け巡って、、、


海でのエクササイズのあとシャワ~を浴びて
ちょっと用事をしにケンケンを連れて歩いていると

子供だけでなく若いねえちゃん、にいちゃん
おばはん、おじさんはもとより、じいさん、ばあさんまで、、、

「ハロ~~けんけん」と言いつつも

しっかりと私に焦点を当て、、意味深な笑顔、、、

精一杯の笑顔をみせつつも何か物欲しげな表情、、、


「こいつら何かカンチガイしとる」


あわてて方向を変えても「ハロ~~けんけん」と笑顔に包まれて、、、

「カンチガイするな
 俺はお前たちに金をやるつもりもないし未来永劫予定もない」

もちろん日本語ですけど、、、


また方向を変えても
笑顔と「ハロ~けんけん」は、なおいっそうに、、、

そのなかで、ひとりのおっちゃんが最大限の笑顔と手を振っています

「だいたいアンタのところは親戚でもないし
 それにアンタの息子は小学校も行かずブラブラして
 向こうの家の娘、孕ませて逃げとるやんか」


また方向を変えると我が家の方に、、、

家に戻りカミさんに

「近所の連中カンチガイしとるぞ」

「だからやめたほうがいいって言ったでしょう」

「しかし、どこをどう考えたらこのようなカンチガイができるんだ」

「さ~~分からないけど絶対カンチガイすると思った」

「考えられないヤツラだな、、、」

「でもあなたがお金をやらないとわかったら
 全員のジェラシ~があの家に向かうよ」

「えっ、、、」


そこでさすがの私も考えました

「がんばれよ」と学用品代を渡すことは間違いではなかったハズ
ただ金額が大きすぎた

ここだと建築ヘルパ~の給料が100P
ココナッツトラックの人夫が50P
それから日本円に換算すると8万円~10万円

ちょっと大きすぎたかな

ただ物価はそこまで安くないので
文房具を買うとなると1000Pというのは
そんなに大きなお金ではありません

こちらは物価から決めたのですが
ここの連中は人件費というより
子供のお駄賃の感覚から1000Pを見たのかも

そうすると、とてつもない金額になりますね


それとカミさんから教わったのですが
叔父さんの家に行ってでも学校に通えるというのは

「おめでたいこと」「ハッピ~なこと」なんだと、、、

あの子は頭が良いし、それを埋もらせることなくチャンスを掴めた

それから考えると
家事をすることなんて当然過ぎることだし、たやすいことだと

間違っても

大変だな、、、
かわいそうだな、、、

そういったことではないらしいですね

ここが完璧にカンチガイしてました
イメ~ジの差なんでしょうが

それからすると

私の行為は
幸せになるチャンスを掴んでここから出て行く者に
後ろから大金を投げ与えたことになります

それだけお金があるのなら
チャンスを掴めず幸せにもなれない私たちにも
きっとあの人はお金を恵んでくれる
いや、、、「ゼッタイ頂戴ね」

こういったカタチになるのでしょうか、、、

イメ~ジの差ちゅうものはこわいっすね


それからカミさんが近所を回り

「親元を離れ、遠くの学校に行く子供に本代をあげるのは
 日本人の習慣で、あの子だけに特別にしたわけじゃないし
 1000Pといってもワ~クブック4冊分だと」

そう話しに行きました


翌日、その子の父親が雑魚ですが形のいいやつを100P分ぐらい持って来ました
精一杯の感謝の印なんでしょうね


ただ、、、3日後の朝
いつものように海でのエクササイズを終え家に戻ってくると
門の前でカミさんとその子の母親が話しています
遠くから見ただけですが

その人、、、泣いているような、、、

すぐさまUタ~ンして海に潜りましたね


現地に住んでいて1000Pは大金ですし
このお金の価値は分かっていたつもりだったのですが

これほどまでになるとは、、、



まあしかし
その子は毎年夏休みになると元気で戻ってきます
フェスタもありますし

そのとき帰宅すると
すぐ我が家に成績表を持って挨拶にやって来ます

今年の3月は私が日本に戻ってきてましたが
1~3年と1番で通し
今年も1番を守るからと言い残していったそうです


これだけが救いのような、、、



ただ、、、

来年の6月にはカレッジ入学、、、なんですよね



曲にしましょうね



織田哲郎「このまま君だけを奪い去りたい」





このまま君だけを奪い去りたい




人間って難しいものですね

まあその分おもしろさもあるのですが、、、

たぶん一生かかっても分からないでしょうね

きっと、、、


それをカバ~してくれるカミさん

けっこう苦労しているかも、、、


そう考えるともっと優しくしなくちゃいけませんね

このことを思い出しながら

ちょっとだけ反省しました




スポンサーサイト

コメント
良い話
感動しましたよ。良い話ですね。奥さんも良い人ですね。その子供キットあなたを大事にしてくれます。
円をペソに換金しますと、100ペソは200円ですが、フィリピンでの物価、賃金を考えると200円ではなく、X5にします。従って、100ペソは1,000円、1,000ペソは10,000円になります。食料品を買う時も、僕は常にその計算を頭の中でします。日本で1パック500円の肉は、50ペソです。決して250ペソではありません。一ヶ月50,000円で生活するということは、25,000ペソ、すなわち、250,000円で日本で生活するのと同じ感覚です。参考までに。
[2010/09/15 05:59] URL | 正木和美 #G1Xsrrtg [ 編集 ]


正木さんこんにちは~~

よくいわれている1P=10円説ですね
まあそんなところかもしれないですね
今度そこらへんについて書いてみます
あくまでカンチガイ親父の妄想ですが、、、
[2010/09/15 11:40] URL | 徳衛門 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/253-7e2f522b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)