FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
敬老の日に
一昨日は敬老の日でしたね

私のまわりだけでも様々な催しが行われていました


しかし

自宅で面倒みてもらえる人はそれなりに問題はありますが
まだいいのですが

施設に入っている人たちは、、、

幸せなんですかね
敬老の日は嬉しいものなんでしょうか

かえって悲しい日なのかもしれません


家族に捨てられたのを実感する日
そういう人も多いかもしれないです

完全にボケてしまえばいいのですが
そうじゃない場合、これは辛いものがあるでしょうね


人間、何が辛いといっても

不要と言われるのも辛いでしょうが
存在することが「イヤ」となるとこれまたショックの度合いが違うでしょうし

存在を否定されることほど辛いものはないでしょうね


それが他人ならともかく
生み、育て、愛情を注いできたはずの子供からそうされるのですから

それもそうしなくちゃいけない理由があり
他に選択肢がないなら諦める方法もあるかもしれませんが

出来るのにやらない

これはされたほうの立場になれば言葉にならないですよね


施設に見舞いに来られる方たちはほんとうに良い人たちばかりです
もっとも来られない人たちがほとんどなんですけれど

しかしこの良い人たちもやらないのですよね
引き取れば家庭不和になるのを恐れているのでしょうか

結局は自分は自分の居心地の良い場所に居て相手を眺めるだけ

相手を尊重してもう一方を切り捨てる

「相手を尊重するということ」は必要以上に関わりを持たないことですよね
必要以上に関わりをもって問題になるのを避けたい気持ちがあるでしょうし
切り捨てるほうへはもちろんこれ以上関わりを持たない

しかしそれを突き詰めていけば
誰とも関わりがない、関わりを持てない
「孤独な自分」たちが同じ屋根の下で暮らしている

そうなっていけばそんなものは家庭でもないし家族でもないですよね



先ほど自宅で面倒見てもらえる方は良いと書きましたが
この人たちもそれなりのときは自宅に居てデイサ~ビスに通ってます

しかし母がもう17年デイサ~ビスに通っていて
あの人が来なくなったなと思えば施設に移されていますね
次々と

まるでベルトコンベア~で運ばれていくように


ところで、それをやろうとすれば出来る人たちが
自分たちの老後が不安なんて言えますかね

生活が苦しいから奥さんがパ~ト?
パ~トの給料で施設代がでるのでしょうか、、、
その上、介護保険にはその9倍のお金を払わせて

まあこれは今始まったことではないですが

私の若いころから邪魔な年寄は病院に叩き込み
パ~トに出て7~10万円を生活費の足しにする
そんなことがよく行われていましたね

病院だと当たり前でも月120万円
引き取り手のない患者ですから検査漬けにすれば月200万円~300万円

最低の120万円でも10年間病院に入れておけば1億4400万円
実際は検査漬けしますから2億円越しますよね

そんなこと繰り返してきて
今、日本の財政事情が良くないので老後が不安?

当たり前のことですよね

どうせそんなお金
それをやってきた人たちが払っている訳もなく
また払えるハズもなく

条件は年を追うごとに悪くなっていきますよね
しかしそれは許せないなどと

自分の権利、要求だけは声を大にして出す


日ごろ、ピノイのことバカにしたり悪口言ったりしてますが
この部分は絶対に人間として負けてますよね

今はレイテに飛行機で往復していますが以前はバスでした

そのとき数回、親が病気になったので帰る
病気だったのでこちらに来ていたが
良くなった、亡くなったのでマニラに戻る
そんな女の子と一緒になりましたし
現地にいてもやはり親の面倒を見に帰ってきている娘はけっこういます

仕事を辞めて帰ってきても親も貧しいですので
お金を払うわけでもなく
逆にお金に苦労しながら親の面倒を見るのですが、、、

もちろん子供に捨てられた親もいます
しかし近所の人たちが貧しい食事ですが死ぬまで食べさせて
亡くなれば略式ですが葬式を出してあげています

この人たちが正常ならば、ほとんどの日本人は異常になりますし
ほとんどの日本人が正常ならば、この人たちは偉人になりますね



レイテに住み始めた頃
ロヘリオが何度も話しかけたそうなそぶりで途中で止めていました

それで「何だ?思い切って言ってみたら」

そうするとやっと口火を切って

「日本の女はそんなに酷いのか」

まあそのときはジャパユキさんの話だったのですが
地元の連中はジャパユキさんが生まれたときから知っているのですよね

性格、素行、学校の成績、誰がボ~イフレンドだったか
何歳で子供を生んだのか
そしてその家庭がどうなのか、その一人一人がどうなのかまで
もちろん旦那が知らないことばかりですが

それでその女が日本に行くと日本人を捕まえて
故郷に錦を飾るかのようにお屋敷を作りだす

誰もが吃驚しますよね
「あんなのが、、、」「日本に行っただけで、、、」と

それが例外だったらまあそれで済むのでしょうが、、、


しばらくして別れたという話になり

「当然だよね」と誰しもが納得していたら

また新しいのを見つけて今度はお城のような家を作り出す

それはビックリを通り越して唖然としますよね

そこで彼らも考えます

ここにいれば
まあペディキャブのカミさんぐらいにしかならない女が
何故そんなことになるのだ、、、?

そこで

きっと日本の女はここの最低の女たちよりもっと酷いのだろう
そういった話になっていきますよね

それがたまたまの話ではないですから、、、

しかし誰もが確信を持っていても
さすがに聞いて確かめるとなったら聞きにくい、、、

まあそのときは
「日本人にも例外はいるだろうね、ピノイだっているだろう?」

そういったことで終わったのですが

今、考えていて果たしてそうだったのか


確かに日本人女性は頭も良いし
すべてにおいてわきまえていますよね
相手に対する感謝、やさしさ、いたわり、礼儀、言葉
子供に対してもそうですよね

すべてにおいてピナイさんたちより上をいくと思います
もちろん例外はありますけれど

しかし

愛情はどうでしょうか

自分の親であれ旦那の親であれ
旦那してもそうですが、、、

愛情の深さだけはピナイさんたちと格段の差があるのではないかと
それが自分にとってマイナスにしかならないことであっても、、、

もっともその愛情が旦那さんだけに注がれればいいのですが
自分の家族に注がれることで様々な問題を引き起こすのでしょうが、、、

先ほど「例外」と切り捨てた人たちも

ただ美人、スタイルも良いとかの外見だけでなく
かわいそう、、だけでもなく
楽天的だけでもなく

本質のなかにある「愛情の深さ」
日本人女性にはない「愛情の豊かさ」

これが見えていたのかも、、、

もっとも私はPPに行ったこともなく
分からないのですが


そんなことをふと思ってしまいました





曲にしましょうね




葛城ユキ 「哀しみのオーシャン」 


あらら~~貼り付け無効でした

下をポチと、、、


http://www.youtube.com/watch?v=cZgLN5tuva8



葛城ユキといえばボヘミアンですが
私はこの曲も好きでした





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/257-cf359703
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)