FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
家族計画
尖閣諸島の件から過激になりすぎて、、、

中国に対する日本政府にはじまり
今の日本政府を選んだ国民
はたまた在比日本人にまで、、、飛んでしまい

「おっ、、、マズイ、、、」

いかんですね、、、いい年こいて熱くなっては、、、


そこで気分を変えて、、、

「家族計画」の話でも

日本でも「貧乏人の子だくさん」
こんな言葉がありましたから昔は同じだったのでしょうね

レイテの私のところでも
私以上の年齢の人には子供が1ダ~スなんていますが
今の世代の人は子供は1人とか2人とかが多いです

たまに3人だと「ほ~~」
4人だと「え~~~っっっ、、、」


「あれ~?ちょっと違うんじゃない
 フィリピンどこに行っても子供だらけだし」

私も旅行していたときは、ピノイは多産
仕事もなく金もないのに子供だけはいっぱい作って
どこもかしこも子供だらけ

そう思い込んでいたのですが、、、

住んでみると意外と違うのですよね


理由は
食べられないし、育てられない

これなんですけど、、、

それと両親が一緒に住んでないので子供ができない

これはタマに例外はありますが、、、、


食べられない現実は日常でも迫ってますし
その現実が最近始まったわけではないですので

どんな人間でも切実に感じているみたいです

親子3~4人だけの暮らしでも
次から次へと生活出来ずに一家でマニラに流れていきますし
残っている家はたいがい誰かがマニラか外国に働きに行ってます

そういったことで子供がいても両親が一緒に住んでない家が多く
現実が結果的に産児制限しているようです

例外はいますけど、、、


よく「貧乏なのに子供はたくさん。これがフィリピンの問題だ」
そう言われますが

まだマニラとかは子供がたくさんいても食べるだけは食べられるのでしょうね。
教育は出来ずとも、、、

こちらの一世代前か二世代前のように

それからいうとレイテの田舎は一歩進んでいるのでしょうか、、、

それが前の方になのか、後の方になのかはわかりませんが、、、

もちろん私のところの数少ない子供でも学校に行っていない子供はいます
親がマニラに働きに行ったとしても全員が職を得て
送金できるわけではないですから

その親も教育を受けてないので最低の仕事しかなく
それにもあぶれることがあるでしょうし
そのまま都会の片隅に沈んでいく人もいるでしょうね

「もうずっと帰ってこないし、お金も送ってこない」

そうつぶやく子供もいます


ピノイは子だくさん
私のところではそれは過去の話のようです


ただ政府の家族計画プラン
特に若年層への、、、これは重要ですよね

15か16でエッチをして子供ができれば生む

私のところから国道に出ればすぐハイスク~ルがあり
昼休み、下校時に「ドット」生徒が溢れ出てきます

まあカップルも多いみたいで、、、
仲良く2人並んで、、、歩いていますね

ただ、ハイスク~ルといっても中学ですし
私のところだと学力は小学校低学年のレベルです

南国ですから体の成長は早いかもしれませんが
その状態で子供を生み、育てるのですが

相手が働いてお金を渡してくれればいいのですが
相手も遊びたい盛り

すぐ逃げますし

しばらくするとお金に困り赤ちゃんを誰かに預けマニラに、、、

母親がいなければ必然的にミルクを買わなくちゃいけないですし
世話をしている人の生活費も必要です

それをすべてその若い母親が稼がなくてはいけない

酷ですよね

日本でも15~16で子供を生んで生活費を稼ぎながら育てる
これでも酷だろうと思いますが
それが労働条件も悪く物価と給料がアンバランスなフィリピンで、、、

酷過ぎると思いますね

まあ自分がやったことなんですが、、、

それが分かる年齢にまだ達してないときのことですから、、、

最近は少しずつ減ってはきているそうですが
まだまだ多いみたいです

ある程度世の中のことが分かるようになってからでも
遅くはないのですが、、、


ただ、自分を振り返ってみてもその時代、、、

頭の中は

「そのことばっかり」でしたし

勉強も、スポ~ツもあまり盛んじゃないところですから

すべてが「そこに集中」

仕方ないといえば仕方ないのですが、、、


せめて

ゴムぐらい買えよな



そう私は言いたいですね



曲にしましょう


甲斐よしひろ「裏切りの街角」




裏切りの街角




そういえば、、、
「ゴム買え!」なんて言っても
フィリピン製は破れるんですよね

イミないか~

やはりメイドインジャパンじゃないと、、、


ベトナム、サイゴンのフォング~ラオ通り
路上のタバコのバラ売り屋にも置いてあり

おやじが手に持ってヒラヒラさせながら

「メイドインジャパ~ン ハイクオリティ」

なんて言ってましたね

ということは、、、

ベトナム製もやはり、、、破れるのかな?


永らくお世話になっていませんが、、、



スポンサーサイト

コメント
告白ですかぁ
徳衛門さん、

>永らくお世話になっていませんが、、、

要は、最後の一文が言いたかったような、、、。

男は、鍛錬、鍛錬、たん・れん・れん、ですぞ。プッ(^。^) チヂンデ ポロット オチタラ ドウスル?!
[2010/10/10 11:50] URL | じゅごじゅごん #FgCSg54U [ 編集 ]

なかなか鍛錬は、、、

じゅごじゅごんさんこんにちは~~

近くの園芸公園で足腰の鍛錬をやってきました
鍛錬する場所が違いましたね

我が家は8畳と4畳半の2ベッドル~ムで私は4畳半に寝てるのですが
とにかく我が家は夜も忙しいのですよ

4畳半でパソコンして一人で寝るのですが
夜中、目を覚ますといつのまにかケンケンが横に寝てますし
次に目を覚ますとケンケンの変わりにカミさんが横で寝息たててますし
また寝て起きるとカミさんはいず、ケンケンが「す~か・す~か」鼻息出してますし
朝起きるとまたひとり、、、

毎晩2~3回はいつのまにかケンケンが横で寝てる状態で、、、
とてもエッチどころの状態じゃないんですよね

かといって、カミさんも一生懸命やってますので
マニラでこっそり、、、というわけもいかず、、、

ご無沙汰です



[2010/10/10 14:59] URL | 徳衛門 #- [ 編集 ]


こんにちわ  徳衛門さん

それは知りませんでした  その様な現象が地方都市では
起こっていたのですねぇ

やはり彼等を取り巻く環境がそうさせたのでしょうか・・・
でないと自ら率先して産児制限するとは考えられませんので

比国で売られてるゴム 破れ易いばかりではありませんよぉ
男性の方は痛いんです 締め付け過ぎて

あっ 決して自分の将軍様を自慢している訳では在りません
既に 隠居状態ですから (笑

ご帰国の際には 是非 岡本さんを大量に仕入れていって
くださいね (笑
[2010/10/11 17:02] URL | ムー #G6KY6t/Q [ 編集 ]

すみませ~~ん

今、気が付きました、、、
遅くなって申し訳ございません

フィリピンどこにいっても子供だらけですし私も最初は「ほんとかな?」と
ただ「貧より辛いものはなし」とも言いますし

サリサリもツケで売ってくれず、お金を借りに行っても借りられず
そうすると食べずに寝るしかないのですよね

子供には「明日はおいしいご飯食べさせるから」といって寝かせつけ
夫婦も腹が減ってますからなかなか寝付けず、少しばかりの運動を

しかし最後のそのとき、、、「マズイ」という自制が、、、

ピノイに自制なんて、、、と思いますが、、、
やはり現実ってすごい力を持っているのでしょうね

それとホントかどうか分かりませんが
この前のはまずかったというときには家具でよく使うマホガニ~の実を食べれば
流れると近所の連中は信じ込んでます

マ~ケットでもビニ~ル袋に詰めて安く売ってますし、、、

それとフィリピン製
私の身体に似合わずほっそり身の丈もこじんまりとしてますので
ピッチリくっきりサイズ

これだと途中で外れることもなくOKだと思っていたのですが

「あらっ、、、」気が付くと、、、やぶれてましたね

そのときは酒井のりぴ~そっくりさんで
頑張り過ぎたせいもあるのでしょうが、、、

それに懲りて

ケンケンが生まれたとき
「この失敗を2度と繰り返してはならぬ」と日本から持ち込んだのですが
未だに衣装ダンスの中でひっそりと眠り続け

外箱にカビが生えてました、、、


ではでは


[2010/10/12 11:29] URL | 徳衛門 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/265-e0e2140a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)