FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いじめで自殺
「こどもがイジメを苦に自殺」

よくニュ~スになってますよね

しかし今回のは奥さんがフィリピン人、日比混血児だったのですね

衝撃が走りました


日頃はこの手のニュ~ス見ても

「死ね死ね、死にたいなら死ね
 そんなに弱いヤツは生き残れないし
 学校で熱中症で死んだり、大人になってもストレスやら過労死やらで死ぬだろうし
 まわりの連中に迷惑かけて死ぬなら、今死ね」

なんて、、、こと思ったりしますが、、、

自分に関わりがあると突然180度、立場を変えてしまいます


私の息子、健太郎も私にとって宝ですが日比混血児
日本でもフィリピンでも弱い立場に置かれる子供ですし
親として不憫に思うこともあります

まあ私の子は男の子ですから辛い立場になっても

「そんなものブチのめして、のし上がって行け」

そう教えていくつもりですが、、、

今回は女の子、、、


何か悪いところがあって
「どこそこが悪い」、、、それなら話はできますが

「臭い、あっちに行け」、、、これは辛すぎますね

反論の仕様がないですし
くやしかったでしょうね

お父さんとしても辛かったでしょう
こんなこと娘が言われて、、、

父親が派遣社員で転校が多かったそうですが、、、
仕事がなくなり仕事を求めての移動が多かったのでしょうね

それに娘さんから
「どんなに遠い学校でもいいから歩いて行く」

ここまで言われても動けなかった辛さは、言葉にならなかったでしょう


ただ、、、、
私だったらすぐ学校に乗り込み
相手が何人だろうが親を全員呼びつけトコトン
その子たちが学校に出て来れないほどまでしてやります


「子供のケンカに親が出るな」と言いますが
それは昔
子供のケンカに親がしょちゅう出てきてたからそういった標語が残っているのではと

レイテの田舎だったら今でもすぐ出てきますし、、、

ただ、、今の日本人はお利口さん、行儀が良く成り過ぎているだけではないのか
そう思います

もちろん女の子の場合ですけど、、、


息子だったら黙って金属バットを手渡し

「お前ひとりでブチのめして来い」

「あとは父さんがケリつけてやるから心配するな」

過激すぎますかね、、、


しかし男だったら自分の身は自分で守らなくちゃいけないし
どんなことをしても守ってみせるという気概は持ってないとダメじゃないですかね

先生に頼ったり、誰かに頼ったり
そんなヤツはとことんなめられて、バカにされるだけですし


しかし女の子だとそういうわけにもいかないですから
男が責任持って守る、、、ただそれだけのことなんですが、、、



イジメなんて昔からありますし
私の子供のときにもありましたし、フィリピンでもあります

小さな子供でも
仲良く遊んだり、競争したり、ケンカしたり、いじめたり、いじめ返したり、からかったり
悪口言ったり、泣いたり、笑ったり、怒ったり、喜んだり、くやしがったり、抗議したり

そのなかでケンカやイジメだけを取り除こうとしても
なかなか難しいのではないでしょうか


ただ物心がつくようになって
集団で弱いものを虐める、、、これに対しては断固たる決意がいるのではと、、、

人間って生まれながらストレスがあるのか
弱い者にそれが向かいやすいですよね

偏見もありますし

大人たちがフィリピンに対してどのような印象を持っているのか
それを子供たちだけは持ってはいけないなんてムリですよね

逆にフィリピンだと大人たちが日本に対してどのように思っているのか
それが子供に反映されるのは仕方ないですし
誰もそれを止めることはできないでしょう

話し合いで済めばそれに越したことはないのですが、、、


この平和で安全で教養が高い日本人の国でさえ
全国津々浦々ヤクザがいないところはないです

それは逆に
すべてのことが紳士的な話し合いだけでは済まないということを物語っていませんか


そして今、人権意識の高まりもありますよね

昔だったら

「いじめるヤツが悪い」その一言で解決していたものが

いじめる人間にも人権がある、、、ですから、、、

そのなかで中立の立場に立たないといけない先生が
解決できるはずもないと思うのです


お父さんを責めるつもりはまったくないのですが
私も日比混血児の父親ですから、つい、、、いたたまれず
そんなことを思ってしまいました

このお父さんは優しい人だったのでしょうね
私と違って、、、

ただその人間として一番大切な優しさが大事な娘を守れないことに繋がったのではと、、、
そう考えると空しさがこみ上げてきますし、、、

やるせない出来事で、、、、

過激になりすぎました






・抵シ撰シ撰シ泌ケエ・呎怦・抵シ玲律・橸シ托シ第怦・托シ第律繝輔ぅ繝ェ繝斐Φ譌・。・033_convert_20101024012412



ボラカイです
たくさんの日本人がこんなところで1週間だけでも遊びまわったら
フィリピンに対するイメ~ジもまた変わるのではないかと、、、


そして自ら若い命を絶たれた明子さん
もし生まれ変わることができたら、、、
ぜひこのボラカイで思いっきり遊んで、、、楽しんで、、、
笑顔いっぱいであなたのお母さんの国フィリピンを満喫してください




曲にしましょう



中島みゆき「ヘッドライトテ~ルライト」



ヘッドライトテ~ルライト






また今日も酒を飲んでしまいそうです


スポンサーサイト

コメント

何故、小六と言う若さで死に急いでしまったのか?
余程、辛かったのでしょう。
後、5ヶ月、大阪に引越すまで我慢出来なかったのか?
若しくは休学させなかったのであろう。
学校や教育委員会はこの事件を末梢してしまうだろうが、
父親は娘の死を一生引きずって生きていくのだろう。

母親がフィリピン人と言うだけで何故、虐めるのか?
情けない、許せない、日本人として!

緊急信号を発している彼女を
世の中の人が助けてあげられなかったのは何故か?
もう二度とこのような悲劇は繰返してはいけない。
<合掌>
[2010/10/27 20:37] URL | nido #sSHoJftA [ 編集 ]


徳衛門さん、、 こんばんわ~

SKチェアマンの件、 ご説明ありがとうございました。
スカラーシップの従兄弟って、 マニラのサヌワン在住じゃないですよね。。
以前 お話し したように、 比妻の母はレイテのパロ出身で、
レイテには 親戚も沢山いるので、、少し気になりました。。

話は今回の話題に移りまして、、
ご存じのように、私の息子も日比混血児で、、
人相は日本人と変わりませんが、肌の色が 母親よりも濃いので、、
時々 幼稚園で、 友達から その事を言われるそうです。。。
本人も 多少気にしている様ですね。
言っている子供達は まだ幼いので、悪気はないのかと思いますが、、
それが 発展して、イジメに繋がる可能性も有るのでは、、 と思ってます。
来年からは 小学生ですので、、 イジメにあわない様、注意して見守っていこうと思っています。
比妻は、フィリピンではイジメは無い、、と言い切っていますが、本当でしょうかね。

とこで ボラカイ、、 いいですね。
私は 2回だけ 行った事がありますが、
ホワイトサンドビーチで プカプカと浮かんでいると、、
日本での嫌な事を 全て忘れさせてくれます。。。

[2010/10/27 21:23] URL | ichiro164 #- [ 編集 ]


nido さんこんばんは

ショックでした
自分でどうしようもないほどのショックでした

辛かったのでしょうね
私たちだったらあと5ヶ月、、、
たった5ヶ月なんだ、、、そう思うのですが、、、

この子にしてみたら5ヶ月というのは天国よりも遥かに遠い5ヶ月だったのかもしれないです

私の想像ですが
この子、、、フィリピンを知らなかったのかも、、、
トンド、マビニ、スモ~キ~バレ~だけがフィリピンではないんだけれど
日本ではそういったところしか報道されない

言い返せなかったのかもしれないですね
良いところはたくさんあっても本人が実際に見てないし知らないから、、、

そんなことを考えるとやるせなくなってきます
[2010/10/27 21:50] URL | 徳衛門 #- [ 編集 ]


ichiro164 さんこんばんは~~

SKチェアマンはうちのすぐ近所に住んでいます

フィリピンにイジメはないという方もいらっしゃいますが
やはりありますね
そこには人間が住んでいますから、、、
ただイジメにあいやすい人とあいにくい人はいると思います
その印象の違いなのかも、、、

向かっていくと相手もこれ以上は止めようという自制心が働きやすいのですが
黙ってしまうタイプはお調子者がカサにかかることはどこでも一緒ではないかと、、、

そんなことは何の得にもならないことなんですけど、、、
しかし人間って残酷なところがありますし、、、

それにしても今回のことはやるせないですね

私も息子にフィリピンの素晴らしいところに連れて行こうと決めました
フィリピンにも良くないところはたくさんあるけれど日本なんてメじゃないところだってあるよ
息子がそう胸を張って言えるように、、、

ではでは

[2010/10/27 22:11] URL | 徳衛門 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/278-df36767d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。