FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カミさんマニラに行く、、、
ある朝、カミさんに

「何でおまえはそんなに覚えきれないのだ
 真剣さが足りないのだ」

カミさん、、、かなり頭にきていた様子
私には文句も反論もしませんでしたが、、、

しかしそのイライラした感情がケンケンに

私がパソコンしているとケンケンが顔色変えて現れ

「ママ ゴ~ トゥ マニラ」

「心配するな」

また走ってベランダに戻っていきましたが
カミさんが門を出て行く音

「あやう~パパ、ママ、ケンケン トゥゲザ~」

そう叫んでいます

少し間を置いて私がベランダに行くと
ケンケンはベランダの手摺りに右腕を置き、顔を伏せて泣いています

「心配するな」と抱き上げて部屋に戻り二人で遊んでいました


しばらくするとカミさんが戻って来た音がして

「ママ カムバック」

ケンケンが走って行きます


「どうしてマニラに行くなんて言ったんだ
 自転車に乗ってマニラに行くつもりか?」

「当然!
 あなたがいないときは私が全部ケンケンの面倒を見ているのに
 あなたが戻って来たとたん『パパ ケンケンら~』  『の~に~ど ママ』
 毎回これだもんね
 私だって少しはやり返してやらないと」

カミさん、1日中ケンケンの世話と家事全般をひとりでこなし
ケンケンがすべて、、、そんな生活を送っているのですが
私が戻ってくると、その日のうちに手なづけ、手下にしてしまいます

派閥の原理で
2人のときはうまくいっていても
3人になれば2対1と分かれて

それが子供ですからこれまた極端に、、、

「パパ ケンケンら~」
この最後の「ら~」はワライワライ語でOnlyといった意味で

「パパ ケンケンだけ」「パパ ケンケンのみ」
「ママは必要なし」

カミさんとすれば
「私の人生っていったい何なんだ」

そんな気になるでしょうね


だいたい、、、おまえそんなことを言うか?

もし私だったらすぐ「パパ の~に~ど ケンケン」
相手にせず自分の好きなことをしますが

そこはケンケン

もし私にそんなことを言ったり態度をとれば高いものにつくが
母親はそれにもメゲず可愛がり続ける

子供ながらそこらへんはわかっているようで、、、


しかしピノイの子はピノイ

とにかくピノイは「おんり~」「ら~」を使いたがるんですよね
買い物に行っても

「とれいんた おんり~」

「30Pのみ」「30Pだけ」
そうわざわざ言うほど、安くもなんともないのですが、、、、

ジプニ~に乗っても

「どこまで?」
「SSSら~」

「SSSまで」といった意味でしょうが
どうしてもこちらには「SSSだけ」「SSSのみ」に聞こえてしまいます

そんなカミさんの逆襲劇でしたが

結果は、、、

変わらず、、、


「パパ ケンケンら~」「の~に~ど ママ」

それでも可愛がり続けるピナイと
それでも逆らい続けるピノイ


ただそんなケンケンですがひとつだけ弱点が、、、、

私が日本に戻る前日は毎回

「むふふ、、、明日からはノ~チョイス(選択の余地はないのだぞ)ホホホ」

カミさんの不気味な笑いに

「パパ ケンケン ご~ とぅ ジャパン」

そう返しては、、、いますが、、、、



曲にしましょうね


John Coltrane 「My Favorite Things」



いつもながらどれが良かったのか憶えてないし
聴けもしないのでテキト~に貼り付けておりますが、、、、






My Favorite Things




しかしコルトレ~ン
高校時代から数年間聴きまくりましたね

家でもジャズ喫茶でも

私の高校の頃は福岡でも中洲に「ケリ~」天神に「コンボ」
あと何軒かあって、、、

けっこうジャズを聴いている人が多かったです

そのうち忘れ去りましたが、、、、

たまには


いいのではないかと、、、、








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/293-0bf39602
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。