FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
メリ~くるしみます
やっと終わりました「メリ~くるしみます」

昨日の夕方からのカロリン大攻勢
来ましたね~~これでもか、これでもかというくらいに、、、

本当はイブの夜は、、、というより毎晩ですが
ベランダでゆっくり酒を飲んで、、、

そのために4畳半の部屋にパソコンにアンプとスピ~カ~を繋いで
私がいつも座る場所でよく聞こえるようにしてます

パソコンだとそのとき聴きたい曲を適当に選んで繰り返し演奏にしておくと
あとは音楽を聴きながらゆっくり飲めるし

それが私の楽しみでもあるのですが
昨日今日とベランダに出れない始末

部屋に閉じこもってこっそりと飲んでました

「ここは私の家だぞ」

なんで主が部屋に引き篭もってコッソリと飲まなくちゃいけないのだ
昼間はベランダで青い空を眺めながらのビ~ル
夜は月を眺めながら心地良い夜風でのビ~ル

これがあるから少々不便でもここに住んでいるのに

それも、、、夜、歌を歌いながらのカロリン

今はカロリンというよりただの「物乞い」ですが
まだ仕方がない、、、と思える範囲ですが
今日の朝からの連中

家の前に来て、ただ食べ物をくれお菓子をくれ
ついでにお金もと、、、完全な「物乞い」

それも子供だけじゃなく大人まで来ましたから、、、参りましたね

我が家のフェンスはブロック3段の上に鉄製の柵
防犯上と風通しをよくするため門も柵のみで丸見え状態

それも連中、、、
家の前に立っているだけじゃなく
フェンスや門にぶら下がってますからね

もしマシンガンを持っていたら一気になぎ倒してやりたいところです


ただ私も子供を持つ身
これはマズイなと、、、、

子供もカン違いしますよね

「ねだる」
ねだれば人が物をくれてラッキ~だと思う

そりゃ~誰だってタダで貰えるならこれにこしたことはないのですが
ねだった結果貰えるとなると、恥ずかしさよりも物欲
これが進んでくると人間の尊厳に関わってきそうな問題ですし

もちろんわずかな一部の人なんですが
それが押し寄せると、、、、

誰だってもらわなソンソン
棟上の餅まきじゃないんですから

逆の立場だと
人を人と思わなくなり
段々と「何様か」といった態度を取るようになりますよね

この国でときどき見る風景ですが、、、

「いかんな~~」とつくづく、、、

子供には見せたくない部分ですよね

ケンケンは何も言いませんが
たぶん、しっかりと目に焼きついていると思います

私が子供のころ
日本もまだ貧しかったですし街には乞食もパンパンもいっぱいいました
川の両側には朝鮮人のバラックがびっしりと並んでましたし
靴磨きが歩道にズラリと並んでいた時代でしたから

長浜ラ~メンが一杯30円替え玉5円
40円あったら「ゲップ」が出るほど食べられたし

中洲、地元の人は「なかず」と言ってましたが
1本中に入ると道路は土、両側には草が生えていましたし

今のレイテより貧しいか、あまり変わらないレベルだと思いますが
しかし「人にねだる」ということはなかったと思います

与えられたものは「ありがとう」と言って貰うけど
こちらから欲しいとは言ってはいけない
これだけは毅然とした決まりがありましたね


まあこの国に住まわせてもらっているのですから
これはマチガイとか言っても始まらないのですが
来年からはちょっと考えないと、、、、

カミさんの従姉妹のディナとロサ~ナ
ディナの家族はタクロバンの隣町のパロにもうひとつ家があるのでそちらに避難
ロサ~ナの家族は昨日から行方不明

思わず、、、、

「キミたちは賢い」

私も見習わなければ、、、、と


曲にしましょうね


あれま~~

また貼り付け画面が消えましたね
さっきまで確かにあったのですが、、、、

フィリピンではピノイだけでなくネットも人を惑わせてくれます


ということで、、、、









スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/298-bfd4ad16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)