FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
PACOに行ってきました
バンコデオロでカミさんへの送金も終わり

またジプニ~に乗ってビノンド教会の前で降り
オンピン通りを歩いて途中のス~パ~マ~ケットでビ~ルとワインとOishiを買い
チャイナタウンの安ホテルに到着

さっそくシャワ~を浴び飲み始めましたが
やはりOishiとかポテトチップスだけでは、、、

よく飲むときは食べ物はいらない
バタ~ピ~ナツとか柿の種があれば充分
そんな方がいらっしゃいますが
私は「おかず」で飲まないと気が済まないほうで、、、

だから太るのですが、、、

飲んでる途中で川べりの安中華料理屋に出向き
唐揚げと豚肉とチッチャロの炒めものを持ち帰り

店の親父が座って新聞読んでいました

香港出身の長身のハンサム君です

普段は奥さんが店に居ますが今日は見当たらず、、、
親父は店に来てもいつも10分くらいでさっさと引き上げますので

「お~~珍しいね」

若い店員たちが爆笑してましたが、、、

あまり女を作りすぎて奥さんがストライキおこしたかな?
それとも病気なのかな?

まあ立ち入ったことは聞く訳にはいきませんが、、、


翌朝6時にマ~キュリ~ドラッグに行きましたがまだ開店前
時間つぶしにオンピン通りを歩いてサンタクルス教会
またボチボチ歩いてキアポ教会

ここまでならいつもよく歩くのですが
考えてみたらキアポ教会前の広い道の反対側は行ったことがありません

まだ朝早いしちょっと足を伸ばしてみようと歩道橋を上ると
まだ6時半なのに
ナイフ売りと大人のおもちゃ売りが開店準備中

ピノイも朝早くから勤勉ですね

ただ、、、

「大人のおもちゃ」って朝っぱらから売れるものなんですかね
それも少し距離を置いて2人同時に準備してましたが、、、

反対側の町、ブラブラ歩きましたが表通りはごく普通の下町でしたね
朝食やマミの店にはけっこうお客さんがいて
ほとんど路上の簡易屋台ですが、、、

それを眺めながら歩いていると、突然「中華粥」が食いたいなと、、、

お粥を出している店はあったのですが「中華粥」には少し遠いかな

中華街からドンドン離れて歩いていきながら
中華粥を探してもムリがあるな、、、とは、わかっていたのですが、、、

この町の記憶をとどめるため
おばちゃんたちに通りの名前を聞いたのですが
哀しいかな年ですね、、、5分後にはもう忘れてました

しかし歩いていても暑くもなく寒くもなく
不意に、、、PACOに行ってみようかなと
ここらあたりから右折して歩いていけばPACO辺りに行くはずだし

地図なんて持ってないからテキト~ですが、、、

ただ、、、履いているものが靴やサンダルではなく
ホテルの室内用のビ~チサンダル、、、

一旦ホテルに帰って靴を履いてこようとUタ~ン

靴を履いてデイパックにカメラと水を入れてさあ出発
キアポ教会まで来ましたが日差しが、、、

歩くのはやめてジプニ~にしよう

PACOに行くにはジプニ~でどこで降りたらいいと尋ねると

「ペドロヒル」

やっぱりロビンソンの横の道を東に行くのか

しかしジプニ~の運ちゃんも乗客のおばちゃんも親切でしたね
ペドロヒルに着くと「あのジプニ~に乗れ」と指差してくれましたし

ただ私はそこから歩いていきましたが、、、

通りを歩きながら「高山右近」って言っても誰も知らないだろうな
まあいいや、、、と歩いていくときれいなカレッジがあって

そのまま歩いていくと、もうこの先にはないかもそんな雰囲気になって
あるとしたら左側の一角ではないかと

ヤマカン、、、テキト~ですが

左に曲がり空瓶の問屋さんとかがあり
ここらはチトまずいかな、、、

しばらく歩くと「この人なら大丈夫」といった人が立っていて

「高山右近」「ジャパニ~ズ、ハポンハポン モニュメント」

尋ねるも、、、首を捻るのみ

仕方ないので

「ラウレル、、、元大統領の家、どこか知ってるか?」

「ああ~この道を真直ぐ行って今ジプニ~が通った道を左折
 その次の交差点の右角だよ」

さすがはフィリピン共和国第3?4?代大統領
知ってましたね

そこから歩いて5分で到着しました







IMG_0199_convert_20110207213420.jpg




IMG_0198_convert_20110207213328.jpg




IMG_0201_convert_20110207213519.jpg





IMG_0197_convert_20110207213241.jpg




私はラウレルさんのことはよく知りませんが
あの厳しい時代
日本とアメリカとの板ばさみの時代

第2共和国のことはフィリピンでも良くは言われてないかもしれませんが
戦争中のことでもありますし
日本側も行政と軍との2重構造

少し前の日本でもありましたよね
会社のなかに会社のラインと組合のライン

何の知識もなく無能な組合の連中がのさばり
何にでも首を突っ込み、ヘソを曲げると何にも出来ないようにしてしまう

戦争中のことですから
軍は組合の比でないほどの権力と力を持っていたでしょうし

そのなかでもフィリピンを守ることに精力を注ぎ
戦後は戦犯として起訴されましたが
それを乗り越え、また政治生命を絶つことなく存在した

本当にフィリピンを愛した人ではないかと思ってます



PACOは庶民の町と書かれていたと記憶していましたが
古いですが大きな家が多く、以前はかなりの高級住宅地ではなかったかと
それにきっちりとした碁盤の目の町ですし歩道もちゃんとしてますし

ただ碁盤の目だと歩くのに疲れるのですよね

「ここは通ったかな?通ってないかな」

ブロックの正方形の一辺を2度通らなくちゃいけなくなりますし

そんなことでだいぶ歩き回りましたが高山右近は見つけられず

パコ教会で一服して


IMG_0203_convert_20110207213623.jpg


先ほど書いたカレッジの裏手にありました

、、、というより教会が先で後で横にカレッジを作ったのでしょうが、、、


一旦休憩すると、、、サンミゲルが欲しくなり
どうせ飲むなら中華街で点心でもつまみながら、、、

高山右近よりビ~ルのほうが、、、魅力が増してきて
さっさとジプニ~に乗りこんでしまいました

高山右近を偲び
日本人が東南アジアに雄飛した時代を偲ぶのは
次回、、、ということで





曲にしましょうね

この3日間春のような陽気でしたが
また寒くなるそうですので、、、

フォー・クローバースで「冬物語 」


あらら~~貼り付け無効でした


http://www.youtube.com/watch?v=JP8iSoYP02g


フォー・クローバースってフォ~セインツだったのですね

声がいいな、、、と思ってたのですが、、、





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/317-2451e7ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)