FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年金
最近、日本国破産とか年金とかよく目にします

まあ破産モノは今始まったわけじゃなく
浅田さんだったか?10年以上前から盛んに本を出してましたね

年金のほうもかなり昔から

「私たちの年金はどうなるかわからない」

これは誰もが持つ共通認識でしたし
あまり考えたこともなく知識もなかったのですが

漠然と
「団塊の世代の人たちっていいな」なんて思っていました

公務員共済年金にしろ会社員の厚生年金にしろ60歳から支給されるし
安泰だな、、、そう思い込んでいましたし
一度支給が始まると永遠に貰い続けられるような気がしてました

しかし考えてみると
金額も違いますし支給年齢も違いますが
構造的には国民年金と同じような問題を抱えているのですよね

日本は戦後から拡大と繁栄を続けてきましたが
バブル崩壊以降、社会の縮小と少子化の影響で
年金受給者に対し勤労者が減って負担に耐え切れなくなる

考えてみると企業もそうですね

かつては日本に工場があり、たくさんの工員さんを抱えていたものが
次々に中国をはじめ諸外国に移っていく

日本の工場は縮小し日本人の社員は減り続けるばかり
そのなかでたくさんいた工員さんの年金を数少ない社員が支えなくてはいけない

工場だけでなく
どんな業種でも正社員を増やさず、非正規社員を活用して
表面的な利益は確保させ何とかやっていっているように見えますが

年金ということになるとまったく話は変わってきますし
考えてみたら恐ろしい状況なんですね。日本って、、、

いくら一流会社に37年~41年働いていて
今、厚生年金を受け取っている人たちも

ある日突然「大幅減額」とか「国民年金だけになりました」

ありえる話ですし

安泰の象徴、、、公務員共済の人たちでも
どんどん職員の員数削減をさせられてくるでしょうし
インフレで対処しようとしても
それで日本がデフォルトだせばIMF管理下

「は~~い、明日からは年金半額で~す」なんて言われたら、、、

しかし今の日本の状況だと、起こりえますし

たまりませんよね


団塊の世代の人たちの不安も少し分かるような気がしてきました
決して「坊主丸儲け」という訳ではないのですね

しかしよくよく考えてみると
もし年金が半額になったとしても
日本では難しいですがフィリピンだったら食えますよね
贅沢は出来ませんが、、、

そうするとやはり私のほうが厳しい状況だな

改めて実感します




曲にしましょうね




長渕剛 「しあわせになろうよ」






しあわせになろうよ






ついでですが、、、

最近我が家がある福岡市の僻地でも
「土地を探している」とよく不動産関連の人が回ってきてます

住んでいるのは老人ばかり
近い将来、次々に売物件が出てくるし
需要と供給がアンバランスすぎて普通に考えると商売にならないだろうと思うのですが、、、

何らかの予兆なのかな

近い将来インフレが起こるのを予想して金を土地に替えたいのか?
それともミニバブルが起こるのを予想しているのかな?

私のようなレベルでは分かりませんが、、、





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/326-8e6c42e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。