FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
産婦人科に行ってきました
この年になって、、、

産婦人科に行くとは思ってもいませんでした

カミさんを連れてならまだしも
もうすぐ84歳になるおばばを連れてですが、、、

仕方ないんですよね
半身マヒで車椅子ですので
私が連れて行かないと車の乗り降りすらできませんし

母がときどき少量ですが出血するのです
ただ自分でトイレにも行けませんので尿パットを着けていて
それが真っ白ですので目立つのですよ

病院でもケアハウスでも
そこの看護婦さんが

「一度婦人科に連れて行かれたほうが、、、」

年が年ですので
もし子宮ガンだとしても手術なんてしませんが

「勧めても、連れても行かず無視した」

なんて言われるのも、、、、


それで思い切って連れて行きました


しかし、、、


産婦人科って、、、

きれいだし、清潔だし、冷房がよく効いて、、、

我が家に比べ「天国」のようなところですが
居心地は良くないんですよね

当然のことなんですが、、、

たまたまだったのかもしれませんが
きれいな20代から30歳ぐらいの女性ばかり

韓国みたいに整形なんてしてないんでしょうが
日本人ってきれいな人が多いですね

目立ってお腹の大きな人もいませんし

それに看護婦さんも受付や事務の人も若い女性だけ

誰も意識してないような雰囲気ですが
しっかり、、、意識されているのが分かる

なんともいえないフンイキで、、、


名前を呼ばれて診察室の1号へ車椅子を押していくと
看護婦さんが

「ちょっとお持ちください」

看護婦さんがドアを開けると

「すみません、、、失礼しました」

慌ててドアを閉め

「ここからは私たちでやりますので待合室でお待ちください」


もしかすると、、、


まだあられもない格好をしていたのかな
両足を広げて固定されたまま、、、

思わず、、、妄想をば、、、



しばらくしてその方は診察室から待合室に出てこられましたが

さきほどの妄想を見破られてはと、、、

下を向いたまま息を止めてました


しかし、、、

それにしてもこのフンイキは、、、

本来なら、赤ちゃんが出来たってことは
喜ばしいことなんですけど、、、

その前に「性」というものが立ちはだかるのか、、、

たんに訳のわからない親父がいるのでフンイキをぶち壊したのか、、、



まあ母は特別問題なし
とりあえずガンの検体を採って検査会社に送り
お盆休みがあるので再来週にあなただけでけっこうですから来てください

なんとなく

行かなくちゃいけないけど
行きたくないような、、、


やっぱり私は
レイテで健太郎が生まれたときのように
出産室のなかでカミさんの手を取りながら

「しげ~~!」「しげな~~!」


ミもフタもないですが
こっちの方がいいですし、合ってますね



曲にしましょう



サンタ・エスメラルダ 「悲しき願い」




悲しき願い




おすましして、、、、

静かな静かな、、、産婦人科の待合室で

思わずかけてやりたいような曲です





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/377-fff4351b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)