FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジタルオ~ディオプレ~ヤ~
MDウォ~クマンが壊れました

もっとも「ず~~と」使ってなかったのですが、、、

さて小さくて軽いプレ~ヤ~を買うかな?
それとも携帯にマイクロSDカ~ドを入れて使うかな?

ただ、、、

私、日本では携帯を持ってないのですよね

フィリピン往復用に1台あるだけ
これ電圧が違うので充電するのにすごく時間がかかるのです

「しゃ~ないかな」

高いものは要らないけど
安かったら買おう

価格COMで見てみると
トラセンドのが2500円

「これこれ」

しかし送料が525円

それにけっこう不良品が多いみたいで
不良だったら修理せず交換らしいです

そうなると通販は使えないな

近所のMr Maxに行くと日立のが3700円

「もう一声、、、」

ヤマダ電気に行きましたが同じものが3900円

「買えんな、、、」

9月に入って他の用事でまたヤマダ電気に行き
売り場を冷やかしていると

9月の特売「4Gで3000円」

思わず、、、「買いやな」


なかなか便利なものです

大きさは100円ライタ~よりひと回り大きいぐらいで
重さは胸のポケットに入れていても何も感じないほど、、、

4GあるとPCから入れても入れてもまだまだ、、、

昔はウォ~クマンなんて高かったですよね
カセットテ~プ1本入れるだけでしたが、、、、

それでも画期的な商品で全世界で売れに売れ
追随を許さなかったですね

しかしデジタル技術が発達して世界が一挙に変わりましたね

私は相変わらずアナログ人間ですが、、、


9月末にもう一度ヤマダ電機に行くと2900円

買おうかな?
しかし2台もいらないし

半期決算価格だろうな

帰りにMr Maxに寄ってみると値上がりしていて3900円


もしこれをレイテに持っていって
カミさんが

「あれ?ひとつだけ? アコは~~?
 ちょっとかしてね、、、」

そのまま永遠に返ってこないことも充分ありえます

「やっぱり買っておこう」

すぐさま自転車をUタ~ン


家に帰りさっそくPCのUSBに繋ぎ充電しながら
曲を落とし込んでいると

ふと、、、

重大なことに、、、

気がついたのです


この機種はPCのUSBからだけしか充電できないのですが
日本は100V フィリピンは220Vだけど

USBの電圧は同じなのかな、、、?

もし違っていて差し込んだ途端「ボツ、、、」なんて、、、


翌日、日立に電話しました

「さ~~?
 これは日本国内で使用されることを前提に作ってますから
 外国製のPCであっても国内で販売されているものには全部確認しておりますが
 外国で使われているPCでは確認をしてないのですよね」

たしかに、ごもっとも、、、ですよね

あら~~これを持って行くために
使いもしないノ~トPCまで持っていかなくちゃいけないかも、、、


どこに尋ねたらいいのかな

いろいろ考えてもなかなか思い当たりません


1週間ほど過ぎて
何気なくネットをウロウロしていたら
エイサ~の広告が、、、

レイテではエイサ~を使ってますが
日本エイサ~が販売したものでも取扱商品でもないのですが
そこはピノイ化した私、、、

図々しくも電話して尋ねました

相手も

「フィリピン?」
驚いたような、拍子抜けしたような声をだしましたが

しかしアッサリと

「USB電源は世界共通で5Vです」


やった~~

我が執念、、、岩をも通す


ただ、、、考えてみると、、、、

このくらいの図々しさはレイテでは日常茶飯事ですよね
言葉も分からず、周りの人に聞いても誰も知らず、、、

必然的に、、、


ピノイ化も悪いばかりではないですね



曲にしましょう



上田正樹 「悲しい色やね」




悲しい色やね 



ふと思い出して聴きましたが
やっぱり良い曲ですし、良い声ですね

ただこの人、、、

日頃は見ないのですが
たまに見ると、、、

自己表現の欲求が強すぎるのか?

せっかくの良い曲を崩しまくって歌うのですよね

私は昔のままのイメ~ジで聴きたいのですが、、、、







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/399-d4463d0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。