FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
豚とこの世の中
火曜日の早朝子豚が生まれました

全部で18匹、この数になるとやはり小さなものがでてきます
8匹が大きく4匹が合格ライン4匹はかなり小さく生存が危ぶまれるし
懸命に世話をし育てても買い手が現れるか?といったところです

フィリピンの養豚はアメリカを手本にしているためか?
確保するのは10匹までであとの小さなものは生後すぐ殺してしまう人がいます

アメリカ式ビジネスで
経費ばかりかかり収益にはならず損するものは要らない・・・なのか?

それとも宗教ですべてのものは人間のために存在する?
必要ないものは存在しなくていい

こういった考えなのかもしれませんが
私は日本人のせいか?そういった気になれません


小さなものでお金と手間ひまばかりかかり後でお荷物になったとしても
懸命に生きているものは美しいし、小さければ小さいほど可愛く見えて・・・

それは嫁さんも一緒らしく
目を細め可愛くてしかたない・・・といったふうで世話しているのを見ると
民族は違っていてもやはり共通なものを感じ

「それが普通だよね」と妙に納得してしまいます

所詮豚ですから長くても半年先までしか生きられず
殺される運命あるのですが・・・・



しかし小さなものはやはり基礎体力が弱いのか?
前日までは元気よく動き回っていても翌日には急変
「あっ!」という間に動かなくなります

昨日の朝、1匹死に、今日1匹死ぬでしょう
体が変色し、もうミルクを飲む力もないのですが
それでも動いてますのでそのまま寝かせています

生命というものとそのはかなさ?
優性保存の法?

豚ながらそんなことを考えさせられてしまいます


昔、田舎の坊さんから
キリスト教はたくさんの信者がいるし、良いところもたくさんある
しかし私は基本的に間違っていると思う

良いものだけを存在させる
出来の悪いものは良いものに改善させ
それが出来なければ排除する

合理的だしいっけん正しいことのように感じるが、この考え方自体が悪である
新教にその考え方が強いが、
この考え方が正当性を持ち至るところに浸透していくとひどい世の中になってしまう

この世の中「良いも悪いもごっちゃ」だから楽しいし良いのだ


そういったことを聞かされたことがあります


その当時私は勤めていましたし
考え方としてはわかる。しかしそれでは世の中は回らない

会社にしてもそうだし社会としても成り立たない
まあ声には出しませんでしたが・・・・

しかしやがてバブルの時代
そのバブルが崩壊
その後の極端までの締め付け

会社に勤めていて
生産性を高め、経費を削減
競争に打ち勝っていかないと生き残れない

私もそうしなくてはいけないし全員にそうさせなければいけない

しかし疲れますね
1年や2年ならわかりますが10年以上も続けると・・・・
毎日毎日、毎週毎週、毎月毎月、毎年毎年
日を追えば追うほどますます厳しくなり追い詰められていく
きりがないんですよね
やがてついていけない人も出てくる

そのとき坊さんの言葉を思い出しました


しかし今、振り返ってみるとフィリピン
坊さんの言葉通りの社会で

「良いも悪いも全部ごっちゃまぜ」

元人殺しも元シャブの売人も元強盗も
学校の先生も神父さんも役人も同じところに住み

仕事するヤツもしないヤツも
当たり前の顔してメシを食い酒を飲んで笑って・・・・


する事なす事全部デタラメ・・・・いい加減
それでも受け入れているし
堪忍袋を切らしてケンカしてもいつのまにか元どおり

けっきょくいつまでも同じことの繰り返し・・・・

これが人間の社会といえるのか?
これで国といえるのか?

しかし私の回り人たち、貧乏だがそれなりに暮らしているし
絶対にうまくいくはずはないのだけれど
それでもかろうじてなんとか・・・・回ってはいる




「良いも悪いもごちゃまぜの社会」というのはいうなれば
子供の心の社会?なのかも・・・?

なにか良い部分があればそれでよしみたいな・・・・

私が小学校のころはそんなものがありましたね

野球がうまくても勉強はまったくダメとか
かけっこはいつも1番だが歌は音痴を通り越しているヤツとか
ひとりで立って歌わせられるときなんて本人も苦笑いしながら歌ってました

誰でも得意なものがあり苦手なものがあるのが当たり前だったし
しかしみんな仲間だったし友達だったですね
よくケンカもしましたが・・・・

しかしいつのまにか
なんでもソコソコやれなくちゃいけないような・・・・
スポ~ツでも歌でも仕事でも
会話でも外ヅラでも・・・・

群れから排除させようとする何かが
何でも出来て感じの良い人を作ったのか?
何かを感じ、何かに怯えて自分で作ってきたのか?


群れから排除しようとする力が少ない社会は住みやすいでしょうね
しかし成長するなどカンケイなしにいつまでも昔のまま、貧乏のまま
扶養家族がたくさんいてそのときどきの誰かが養う
社会でも・・・家庭でも・・・


これが良いとはいいませんが
日本とフィリピンの中間ぐらいがちょうどいいのでは・・・・??と

しかしまあ一旦走り出すと途中で止まることはできないのでしょうが・・・・


豚の話からとんでもない方向に話が行ってしまいました

ここらで曲でも


今日の1曲はクラフトの「僕にまかせてください」
さだまさしさんが作った歌ですね






僕にまかせてください




フィリピンで「僕にまかせてください」なんて言おうものなら・・・・・
言わなくても気配を感じさせただけでもすごいことになりますね

私は嫁さんと一人息子だけでも頭を抱えているので

「誰でも自分自身の力で立て!それからすべてが始まるし友人にもなれる!」

きれいごとを嫁さんに言って、災難を避けてます


思っていることとやってることはまったく別


フィリピンの政治家?みたいですね


火曜日の早朝書いたものですが繋がらず・・・・・
やっと繋がったと思ったら停電・・・・

土曜日になってしまいました


繋がっているうちに早く送信しないと・・・・


また災難が襲ってくるかも・・???


you tubeはクラフトさよならコンサ~トで僕にまかせてくださいだと思うのですが・・・・
もし違ってたら・・・?

まあフィリピンですからなんでもあり?

「ソ~リ~」は言わずシカトを決め込みます




PS

どうも気になっていたのでタクロバンのネット屋でチェック・・・
みごとにハズレてました

差し替えて

あとはさりげなく・・・・さりげなく・・・・




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/40-d186883f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)