FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィリピンでの料理

私はだいたいのフィリピン料理は食べられます
あわない人、まったく受け付けない人もいらっしゃいますが・・・

私の印象では
フィリピン人は想像していたより舌が肥えていて味にうるさい

レチョンやなんにでもケチャップをかけたり
ジョリビ~で食べている連中の

「どこが~~?気は確かか~~??」

そんな声も聞こえてきそうですが・・・・



嫁さんの従姉妹
ディナなんてうまいものです
一度マニラの中華街で一緒に食事したときス~プが気に入って

「レイテに戻ったら作ってあげる」

本音を言うとぜんぜん本気にしていなかったのですが・・・

パ~ティの前日手伝いに来てくれたさい完璧にそのス~プを再現してくれました
その他のあんかけ類の料理も・・・

1ヶ月前に一度だけ食べた味を完全に憶えているのですよね


近所のおばちゃん連中の料理もなかなか侮りがたいところがありますし・・・・

特に前の村長の料理係していた女性の料理なんて
姿はごく普通のフィリピン料理ですが

「これがフィリピン料理だったのか・・・・」と毎回再認識させられますし


そしてわかったのですが
何故フィリピ~ナが香港や台湾、シンガポ~ルなどに家政婦として働きにいけるのか?

英語だけでなく、あの味にうるさい中国人
特に香港人でも受け入れられる料理を作れるから・・・・

目から鱗で

トロトロで食っている連中の姿を思い浮かべたら
なかなか信じがたいことですが・・・・


嫁さんも毎日ソコソコのものを作ってくれています
最初のころ私もよく料理していましたが
日本で家政夫を毎日やってますのでフィリピンにきたら

文句を言わずに・・・・

「美味しいね」を笑顔とともに

それでも最近はだいぶ手を抜くようになってきたのは否めないところがありますが・・・



ここらで曲にしましょう



今日の1曲は
Bertie Higgins の「 Casablanca」でも・・・・・

懐かしの名画をチラリと見ながら・・・・



Casablanca



郷ひろみ君も「哀愁のカサブランカ」という題名で歌ってましたね





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/43-118e202a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。