FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
地震
3日間快晴が続いています

その分、、、暑い、、、

今回はいつもと違って雨が多く、気温が低めだったですので
それに身体が慣れていたのか

日向にいると「あじ~~」を連発してます


3日前だったか?
夜、寝ようとしたとき地震がありました

ただ、地面が砂地のためか?
揺れを感じただけ、、、

棚のものが倒れることもなく緩慢に揺れている

なんとなくレイテらしかったのですが、、、


私は初めての体験だったのですが
カミさんに言わせれば
1年に1度ぐらいは地震を感じるらしく

ベランダに吊るしているランの鉢が
一斉にブランコ

全部が規則正しく揺れるそうです


本当はヒヤヒヤものなんですけどね

なんたって我が家、、、

日本のように基礎のコンクリ~トを打ってなく
まるで塀のようにそのままブロックを積んでいるだけ

地震が来たら「一発だぞ~~」

今頃そんなこと言っても遅いのですが、、、

しかしまあそれがフィリピンスタイル

まるで「砂上の楼閣」ですけどね



ただ周りが全部砂地のためか?

表面から深部までの全部の砂で揺れを吸収しているような、、、

そんな気がするのですよね

少々の地震でも被害が出てないのです


しょっちゅう隣のサマ~ル島でマグニチュ~ド5ぐらいの地震は起きているのですけど
我が家で感じるのはマレですし

タクロバンで地震があっても
オルモックで地震があっても

「地震なんてあったか?なにも感じなかったよな」

これにて終了ですし

まるで「知らぬが仏」


そのうち天罰のごとく
よっぽど大きいのがくれば逆に被害がひどくなるのかもしれませんけどね


しかしその時はその時、、、

「黙って討ち死にするしかない」


ピノイ化してますし

日本のように
ひとつひとつ、原因を潰していく

その気力も根気も、金もありませんし


元々
「顧客満足度」みたいなものなんて
ツバだけでなくションベンまでひっかけてやりたいくちですし、、、

まあキリがないのですよね

どこかで断ち切らないと
「永遠の迷路」にはまり込み

ストレスばかりの世界になってしまいますし


ところで地震、、、

地震の国、日本ではこれ以上厄介なものはないのですが

ここはフィリピン、レイテ島

被害はあまり出てないし
地震が来ると、、、、なぜか?「アラマン」が浜によって来るそうで

アラマン、、、プランクトンというのか?

はたまた、、、さくら海老というのか?

違っているかもしれませんが、、、


漁師は地震が収まるとさっそく網を船に積み
海に漕ぎ出していきます

翌朝、浜は大賑わい

以前は安かったのですが今では1kg50P


我が家ではさっそく「かき揚げ」にして

カミさんがそれを作っている間

私はサンミゲルをとりあえず水で冷やし
冷凍庫の底に入れ
それでも気が済まずダイアルを強冷に目いっぱい回し

約10~15分後、、、

熱々のかき揚げと「キン」と冷えたサンミゲル
これが合うのですよ

飲んで食べて、また飲んで食べて

暑さも吹き飛び
青空が目にしみるなか

また飲みかつ食いつづけ


残ったアラマンはとりあえず、、、
さっとフライパンで炒めておいて

翌日、海老チャ~ハン

これもなかなかいけますよ
我が家では、皆、、、約3名ですが

あらそいながら食べてます



曲にしましょうね



夏をやっと感じるこのごろ


♪夏~~が来た♪

しかしここは尾瀬じゃないですし


 日野てる子「夏の日の思い出」







夏の日の思い出




懐かしいですね、、、この人

可愛いというか、、、、きれいというか、、、


テレビでこの人が歌っていると
食い入るように見てましたね






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/432-308829f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)