FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
一見、そう思えるものでも、、、
さて今日は

誰でも「そういうものかもしれない」と

なんとなく納得しているものについて、、、


ブログや掲示板はもとより、よく話題にものぼる話ですが

「カミさんにお金を渡すとすぐさま全額使い切ってしまう」

これがありますよね

まあ現実にそういったことがよく起こっているのでしょうが
それに対しての解説というか?講釈というか?

「永遠のその日暮し」が生まれたときから続いているので
それが生活習慣になっているのではないか、、、とか

「宵越しの金は持たない」的な
南国の豊かな土地の人々のあっけらかんとした性格なんだ、、、とか

「引き算が出来ないから」とか

子供のころから親が躾をしてないので自分をコントロ~ルすることが出来ないとか

いろいろありますよね

そして私もそうですが誰しもなんとなく納得してしまいますね

まわりのピノイを見ていて、ほとんど当てはまってますし

日本人って何でも受け入れようとしますし

元々日本人って頭が良いのか
その理由付けまで完璧にこなしてしまいますね



ただ、うちのカミさんの場合

お金を使いたがらないというか、セ~ブしているというか
たんに「ケチなだけ」というのか、、、

お金を使い切る、、、といったことはなく

「お金がなくなった」と言ってきたのは2度だけ

1度目は私が家を作っている最中に日本に戻ったときで

元々借家かアパ~トを借りるつもりで
生活用品購入用に70万円しか持っていってなく
それで家を作ることになり2か月分の生活費にも使いましたので足りるはずはなく、、、

「日本に戻って送金するからTEXTせいよな」

2度目は
前回原油が高騰したときブタの飼料も毎月のように値上がりして

「思い切って買い溜めせい」私が指示を出したときだけです

ついでですから書きますが

私が不在中、タクロバンにお金を下ろしに行き
ついでにガイサノでちょっとしたものを買い物してレジに並んでいると

ケンケンが大きくて前が見えないほどの車のおもちゃの箱を
「ユッサユッサ」と抱えてきても

両手を振りながら
「ママはパパのようにクレジットカ~ド持ってないからダメ」

ケンケンはまた上体を左右に振りながら元置いてあった場所に戻っていくらしく、、、

聞いていて、うまい言い訳を考えるね

「お金を使わない」「お金を使えない」

そう考えていると
こういったかわし方もあるんだなと、、、


人に言わせると

「それは少数派だよ」とか「例外だよ」「ラッキ~なだけだよ」とか、、、

そうかもしれない、、、、そう思ってました


しかし

納得しながらもなんとなく、、、100%納得できない自分がいて
本当に少数派、、、なのかな?と引っ掛かってました

あまりにギャップがあり過ぎますし



あるときひらめいたのですが

決して少数派とか例外とかではない
これが普通のピノイではないかと、、、



なぜなら
普通、年の離れた日本人と結婚するのは学生さんではなく
社会に出た人たちだろうと思います


学生さんだったらわかるのですよ

私たちもそうでしたが、月末はお金を使い果たして
ご飯にマヨネ~ズ醤油とかバタ~醤油で凌いだりしてましたし
豪傑は塩かけてとか醤油のみとか

もっとすごいのは米も買えない、ガスも買えないと
インスタントラ~メンのス~プの素を舐めながら麺をそのまま齧ったり

そんなことやってましたよね

しかし社会人だと
自分が働いて得たお金で自分の生活費を遣り繰りしていたハズですし
その中から親などに僅かばかりでしょうが送金していたハズです

フィリピンは物価と賃金がアンバランスなので
それもかなりの苦労していたのでは、、、?

そして親に送金しなくちゃいけないようなクラスの人たちが
年の離れた外国人と一緒になっているのじゃないかと思えますし

もちろん例外はあるでしょうが、、、

その人たちがお金をコントロ~ルできないはずはないのですよね
むしろ、お金をコントロ~ルできないほうが例外じゃあないかと?



意外に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが

私の知っている人たち、独身のころは別として
結婚してから親に送金するなんて例外といってもいいくらい少数派です

なぜなら物価に対して賃金が安く
夫婦二人で働いてなんとか生活を維持してますし

旦那が親に送金でもしようものなら

「あなたもファミリ~を持ったのだから考えないと」

奥さんのこの一言でチャンチャン

結婚すれば子供が生まれますし
出産費用からオムツ、産着、子供服、ミルク代などかなりかかりますよね

それを自分たちの安い給料の中から揃えていかなくちゃいけません

日本のように親がそれを買いそろえてくれるような親なら
元々送金なんてする必要もないですし



それだけ四苦八苦しながらやってきている人たちが
なぜ、、、コントロ~ル不能になるのか?


それは旦那さんが
それを認めていたり、許しているだけじゃないかと、、、

暗黙にしても、、、




それか?悪い言い方になりますが

しょせんは「あなたのお金」

ピノイの悪いところに
自分のものは大事にするけど、他人のものは粗雑に扱うところがあります

「私たちのお金」だと大事にしますが「あなたのお金」になると、、、


それも言いさえすれば貰えると思っていたら

それはトコトン使ってしまうのじゃないかと、、、

私でも、もしその立場になれば湯水のように使うでしょうし


私にすれば、なんとなくですが、、、

解説の半分は当たっているけど半分は、、、

そして、、、

それも奥さんの方に問題があるというよりも
むしろ、旦那さんの方に問題が潜んでいるのではないかと、、、


もちろん例外もあるでしょうが、、、、




今日は過激になりすぎたでしょうか




曲にしましょうね


Helen Merrill with Clifford Brown 「 You'd Be So Nice To Come Home To」








You'd Be So Nice To Come Home To




やはり年の離れた若いヨメさん、、、それも美人さんをもらうと

この歌声を聴いている時のように


「なんでも受け入れちゃうし、、なんでもOKよん」

こう、、、甘くなっちゃうんでしょうね


私もお金さえあれば、、、、

いつもナデナデしたくなるほどの美人さんをもらっていれば、、、


たぶん、、、というか、、、


必ず、、、、というか、、、






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/440-bf075103
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)