FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ここは良い」と「全部ダメ」
もう5年前くらいのことで以前書いたかもしれませんが

チャイナタウンの安中華料理屋に日本人の方がよく一人で来られてました
なんとなく話している感じで、元商社マンかメ~カ~の海外担当かな?

中国語、スペイン語、ポルトガル語ができるといってましたので
東南アジアと中南米が担当だったのかもしれません


話していると、ときどき

「ここは良いな」「ここは良いな」

この言葉が出てくるのです

安くてけっこう旨い料理を出してくれるけど
間違っても清潔ではないし

店自体
ドブ川とビルとの隙間にコンクリ~トを敷いているだけ
とりあえず屋根は付いてますが、、、

元々建物ではないのです

それで床の傾斜に合わせてテ~ブルも傾いていますし
「あんかけ」みたいな料理だと皿から垂れ落ちてしまいます


まあ良いといえば良い
悪いといえば悪い

そんなに「ここは良いな」と満足できるほどは、、、、


それで「ここは良いですか?」

そう聞き返したのです


その人は真顔になって、手をぐるりと指し示しながら

「全部ダメだよ」「どこもここも全部ダメだ」

「しかし今、日本の寒いときに暖かく楽な格好して
 この値段で旨い料理とビ~ルが飲めて
 こんな年寄がひとりでテ~ブルを長時間専用しても暖かく接してくれるし
 まわりの目を気にせずリラックスできるって日本じゃ考えられないだろう?」

確かにそうですよね

このとき私の目が開いた気がします

私もけっこう旅行して海外は知っていますし
安い海外の食堂も半端じゃないくらい利用してきました


しかし旅行と住むとじゃまた違いますし
1年ほどレイテに住んでそれなりのストレスもありましたけど


しょせん

悪いところを見つめるか?
良いところに焦点を合わせるか?

気分よく良い時間が過ごせるか?
何もかもダメとイライラした気持ちを持ったまま時間が過ぎていくのか?

その人の取り様ですよね

もっとも人間「もっともっと」の要求を持ってますし
悪いところは気になりますが

それを追求していけば日本製品のように高くなりますし
店だと効率を優先していきますよね

自分は客であっても、相手も商売ですから

それから家族3人で日本に3ヶ月帰り、またレイテに戻ったのですが

自分自身が変わりましたね

あまり気にならなくなっていきました


家でも日本的に言えば悪いところばかりです
ただ、、、100万円ハウスですから

日本だと間違ってもこんな家には住めません


雨漏りがすれば近所の兄ちゃんに

「お~い屋根に上ってボルカシ~ル塗ってくれ」

50Pか100Pで済むことですし


よく「ピノイはデタラメだ」

私もそう思いますが、、、

私が払っている金額が金額ですし
それで日本の規格を持ち出しても、、、

日本だと子供にも突っ返せされるほどしか払ってませんし

この金額だと、これだけやってもらえたら充分じゃないかなと、、、


今では悪いところばかりだけど
レイテの方が良いな、、、


そんな感じになってます



曲にしましょうね


ヒデとロザンナ 「愛は傷つきやすく」







愛は傷つきやすく






小学校の頃でしたか
それとも中学生になっていたのか?

ロザンナきれいでしたね


それから数10年先
ロザンナに憧れていた気持ちを持ってイタリアに行くと、、、

これが、、、いっぱいいるんですよね


それも都会だけでなく山奥の小さな村にも

田舎のバスに乗っていても

「ヒョイ」と自然に乗ってきて、、、

「ここよかね~~」

ほんとうにマジでイタリアに住むことを考えました


リラがユ~ロに変わり、、夢は消え去って

フィリピンになりましたが、、、



まあ人間って

そんなものでしょうね
スポンサーサイト

コメント

ゆきさん、こんばんわ。

その商社マンは、ベテランですね。どこの国でも通用しそうですね。(笑)

イタリアからスイスに行った時、リラが残っていたのでイタリア・ワインを
買って飲んだのですが、これが安くて美味い。
それから、ワインはイタリアと決めています。
[2012/02/28 03:15] URL | FOUNDER #- [ 編集 ]


ファウンダ~さんおはようございます

確かに、良き時代の良き日本人を感じさせる方でした
そういった日本人が海外で日本製品を売り込み
日本製品と日本人の信用を高めたのだろうと思えました

イタリアのワイン
高いワインでなくてもレベルが高くて当たり外れが少ないような、、、

小さなメ~カ~が多く、聞いたこともないし見たこともないワインでも
地元産のワインを気軽に買って飲めますね

[2012/02/29 08:56] URL | 徳衛門 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/455-2d3b7baa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。