FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私なりの防止策
昨日は子供が私の生きがい

そんなことを書いたのですが

日常生活において
子どもを最大限に利用している部分もあるのです


子どもを利用する、、、などと書くと
嫌悪感をもたれる方もいらっしゃるかもしれませんが、、、


ピノイって子どもが好きですよね

どこの国の人でも子どもは好きなのですが
ピノイの「子ども好き」というのは群を抜いているような気がします

子どもが一緒なら、どこでも笑顔

全部ではないかもしれないですが
垣根が低くなる、、、そんなところってありますよね


ケンケンはパパっ子で
小さな頃からとにかく私の側に居たがりますし
どこに行くのでも一緒に行きたがります

小さな頃は、軽トラの私の膝の上
私とハンドルの間に挟まって座ってました

今は少し大きくなってスク~タ~の私の前ですが、、、

道を走っていても

全員と言っていいほど私たちを見ているのですけど
皆さん、ほんのりよい笑顔

1歳の頃から今6歳ですが、それは変わらないのです


そしてどこに行こうと皆さん笑顔で迎えてくれますし
なんでもスム~ズなんですよね

私への扱いが、ただの「ハポン」というより

この子のパパ

たまに私ひとりで用事に行っても

「バ~タは?」

私は私でなく「あの子のパパ」にしかすぎませんし


そして相手が笑顔で接してくれていると言葉もかけてきますし
少しずつ世界が広がりますよね

いつも行く店のおばちゃんが、あの先生の叔母さん
あの薬局の旦那の弟があの店の主人で奥さんの妹があの人

一人一人、あの店、この店、あの人とバラバラだったのが
どんどん繋がっていきます



私なんてピノイの土地に突然現れた

「どこの馬の骨かわからない得体の知れないヤツ」にしか過ぎません

私のほうから見ると

多少の貧富の差はあれ
どこにでもいるだだのピノイのおっちゃんやおばちゃん

だだそれだけのことですが


しかし、向こうからすると私のことを

「何をしでかすかわからないヤツ」

そう思われているかもしれないです


だいたい、、、まともな人たちといってはヘンですが

普通の人たちが
わざわざそんな異邦人に自分から接してくることはないのですよね

相手にとっては

「出所もわからないヤツ」と知り合いになっても

なんのプラスにもなりませんし
厄災を蒙ることだってあるかもしれません

「触らぬ神に祟りなし」ですし、、、


そんなところで近づいてくるのは

何か魂胆がある連中のみ、、、

これはどこの国でも一緒でしょうし
特に貧しい国々では顕著ですよね


しかし普通の人たちと挨拶だけでもするようになると
そんな連中も近づいてきませんし
店で高い値段を言う人たちもなくなります

まあこれは皆さんケチだっていうことを知っている

これが1番の原因かもしれませんが、、、


田舎のせいもあって
一見、普通のピノイに見えるその人たちは
その土地の名士だったり有力者だったり
そのファミリ~の一員であったりします

かといって
そんなに深入りして付き合う必要はないですが、、、

少しだけでも話すようになれば
世間の様子もわかりますし

ちょっとしたことを尋ねても
意外と親切に教えてくれたりします

そんな調子ですから

もし店でも、私にチョットでもボッタリしたら
その噂は一瞬にして広がりますし

その分、、、、
私が何かすればそれもまた一瞬にして広まるのですが、、、



外国人が田舎で住むのに
1番大事なことは「安全」ですよね

家だと塀がありますが
外に出れば身体に塀を張り巡らすわけにもいきません

防波堤といっては何ですが、、、

何かあったとき助けてくれるのがベストですが
助けてくれなくても誰か私たちを知っている人がそれを見ている

そして、それが実際に行われずにすむということが

大きな防波堤になりますし
それが1番の防止策でもあるのではないかと、、、

私だけでなく私の家族にも、、、


田舎に住んでいて
小さな子どもがいず夫婦だけなら
奥さん関係者のなかの小さい世界でもいいですが

子どもがいる
それも小さな子どもがいる方だったら

「家族と一緒に外に出よう」

しつこいようですが、、、


それが自分自身、カミさん、子供を守ることに繋がっていくのではと、、、

あくまで私のような田舎での話ですが、、、


家族を大事にする人の姿は
どこの国の人でも悪印象は持たないでしょうし

奥さんにしても
年の離れた外国人と一緒になったとはいえ
仲良くしているってことは、それほど悪い女じゃないだろう

この感覚は同じじゃないかと、、、
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/466-d519d8f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。