FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
「レイテ」と「バタ~ン死の行進」
たまには私自身の感じていることでも書きましょうね

私の家はレイテにあります
最初カミさんがレイテ出身と聞いたとき

一瞬「ギョ!」としました

「そうか~~レイテか、、、」

やっぱりレイテ戦といえば私たち年代のものにとっては
拭い去ることの出来ないものですし

それとは別に

日本軍が最初フィリピンに侵攻したとき
スペイン、アメリカ時代から続くシステムを壊そうとしたことがありました

軍の中でもほんの僅かな当事者たちがやったことなんですが

その僅かな人にとっては自分たちが考えている正義のために
「革命」を起す

そんな気分だったのでしょう

そのために資産家でもあり、その土地の政治家、有力者を粛清していますね
まあその人たちから見ると
植民地フィリピンの「ガン」そのものに映ったのでしょうけど

それを知った上層部がすぐに
そこにあるシステムを有効活用したほうがうまくいく

そう指示を出し、本来の姿に戻ったのですが

まあこれはアメリカでもいっしょなんですけど


最初の僅かなはねっかえりの連中のために大きな傷を残しましたよね

まあフランス革命でもロシア革命でも
旧共産圏諸国でも、問題にならないほどの大規模な粛清を行っていまけど




それとゲリラ

これに対してはかなりやってますし

軍事的に見れば、将来この地で決戦が行われる可能性のある場所だから
その前にゲリラを徹底的に潰しておくべきだ

しかし広大な南方戦線で戦力が分散してますし
レイテにその戦力を回すゆとりがなかったらしいですね

しかし限られた戦力のなか、徒歩で、、、

ゲリラ掃討には努力していたみたいです


元々フィリピン自体がそうですし
特にレイテはそういった土地ですので

思わず「ギクッ」としたのは仕方ないですね

しかしその頃はドゥマゲッティに住むつもりでしたし
まあレイテに縁はできても微かな縁だろう

私は何でも自分の都合の良い方に考えるほうですし

それが今では私がフィリピンといえばレイテを指してますし
首までドップリと、、、

人生ってわからないものですね


今の日本人というか団塊世代以降の日本人

教育のせいか軍人に対してアレルギ~があるかもしれませんけど
私はまったくないです

なぜかというとただごく普通の日本人ですし

私の若い頃の先生や教えてもらったり世話になった人たち
それに同級生の親たちや親戚の人たち、近所のおじさんたち

全部の人が、旧日本軍に所属していましたから

もちろんその中には将校もいれば予備士官もいたし
ただの一等兵もいただけで

今の日本にも狂信的なサヨちゃんがホンの僅かにいますが
それと同じくらいにその当時でも狂信的な人もいたでしょうね

ただそれだけです

そんな人たちに対してアレルギ~を持てるはずはないのです

そんな調子ですから
レイテでもノホホンと暮らせるのかもしれませんが、、、


私の結婚式のニノンがロヘリオ、まあ私と同じ年なんですが
この父親がレイテの将校さんや兵隊さんたちに親切にしてもらっていたそうです

「私が知っている日本の兵隊さんたちは良い人ばっかりだった
 全員死んでしまっただろうが、、、」と

そしてその将校さんがレイテ戦が始まる前
もうすぐアメリカ軍がここに来て激しい戦争になる

そして「ここに逃げろと」

はるかに離れた安全な場所を指示し、大勢の人を連れて逃がしたそうで
それで全員無事だったと


ついでだから書きますが

バタ~ン死の行進

本当はDEATH MARCHらしいですが
普通の人は「ダイマ~チ」「ダイウォ~ク」と呼んでいますね

ピンサンが実際に歩かれたこと
これはすごいことなんですが

カミさんに

日本の兵隊さんたちが

「もしあれがダイマ~チなら自分たちは入隊以来毎日が死の行進だ」

カミさんケラケラ笑ってましたが、、、

そしてその話しならピノイから聞いたことがある

そう言ってました


もちろん栄養失調やマラリア患者にとっては過酷すぎたことでしょうが、、、

しかしその責任は日本にあるわけではないのですね
そんな事態になるというのは戦争が始まる前からわかっていたことですし

もちろんアメリカ側もわかっています
だから早々とマッカ~サ~を逃がしましたし

司令官が逃げた時点で行く末はわかりきったことですし
無用な事態を延々と引き伸ばし
その後の対応が悪いなんて言いがかりにしか過ぎません


そしてその作戦を1番強行に反対していたのが本間中将です

リンガエン湾から上陸すれば
必ず敵はバタ~ン半島に逃げ込み長期持久戦になりこのような事態になる

しかし香港、マレ~半島シンガポ~ル攻略が同時進行ですので
兵力をこれ以上割けず

そして人生の皮肉というか
1番反対していた本間中将が司令官に任命されてしまうという結果に

そして「死の行進」時点では転任していて責任が問われないはずの本間中将が銃殺刑に

ただ私利私欲のマッカ~サ~の復讐劇にしか過ぎません


それにどこの国でも基本的に捕虜は歩かせています
もちろんそれによって死者も出ています

戦争中、敵との戦いに総力を挙げているときに
敵の捕虜の人道のために資材をまわせるはずはないのです

そんなもの世界の常識ですよね

戦争が終わったあとでもイギリス、ソ連など平気で歩かせていますし



たんなる擦り込みによる

「日本人はひどいことをした。日本が悪い」


カンチガイなんですけどね



長くなりすぎました

相変わらずまとまってないですが
まとめる気力もないですので

このへんで、、、
スポンサーサイト

コメント
レイテ
徳衛門様、こんにちは。以前書いていたブログ休んでいましたがまた始めました。レイテですか。ネグロスから船で行けますね。レイテはまだ行ったことがありませんが、田舎で風景も人情も良い所だと想像しています。バターン死の行進だとか笑わせます。日本軍は徒歩で行軍訓練していたのです。日本軍は米軍がリンガエン湾に上陸してきた時、歩兵71連隊は休まずマニラから急行したのですから。もし、よろしかったら相互リンクしていただけると有難いです。
[2012/05/15 18:35] URL | bandanosakura #jBUJS7E6 [ 編集 ]

Re: レイテ
bandanosakuraさんおはようございます

今、気が付いて遅くなり申し訳ございません

すみませんが時間がないのでまた書かせていただきます

失礼をお許しください
[2012/05/24 09:20] URL | 徳衛門 #- [ 編集 ]


5年前にレイテを訪問しましたが、現地の方から日本兵への憎悪は受けませんでした。お年寄りは特に、悪いイメージはあまりないようですが、若い世代が仰るとおり擦り込み教育による嫌悪感を持っていたように感じました。
[2012/06/25 02:04] URL | 三茶 #xfGWKbWo [ 編集 ]

刷り込み教育
三茶さん初めまして

もちろん戦争中のことですし
すべて日本が正しかったとは申し上げませんが
偏見的な教育はあまり感心しませんよね

フィリピンの場合
日本とアメリカの狭間で大きな被害も蒙っていますので
そういった見方もひとつはあると思いますが
日本の場合のほうがより問題が多すぎるような気がします

相手から何かを言われた場合
それを言い返すだけのものが必要ではないかと、、、

それをまったくやってこなかった日本の教育がまちがっていると思います

ただ相手の言いなりになっていればよし
そんな甘い考えだと
相手はこれ幸いにそれ以上のものを要求するようになります

目に見えるカタチ、、、お金ですね
それもカサにかかってくるだろうと、、、

そしてそれが何かを生み出すなんてことはないのではないかと、、、

これは中国でもフィリピンでもベトナムでも同じではないかと思います

[2012/06/25 14:39] URL | 徳衛門 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/482-43318b1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)