FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
パタイ
人間、誰しも「死」というものに恐れを抱くものでしょうね

ただ私、、、

平和な日本で
それも独身だった期間が人並み以上に長かったためか
あまり「死」を気にかけることもなく

逆に冗談のタネにして


フィリピン、レイテ島でも


「パタ~イ」

などと言って遊んでいます


しかし息子、ケンケンにとって
私が「死ぬ」ということは想像以上にショックなものなのでしょう


前回渡比したときも

夜私のそばでいつまでも眠らずチョッカイをかけている息子に

「ぱぱ へっでいく まさきっと へっど げってぃんぐ パタイ な、、、」

意味不明
文法もクソもないですが

我が家はこれで通じます


ケンケン、、、目が点になっていましたね


「ケンケン み~み~ な」そう言うと

素直に横になり眠ってしまいましたが


30分後

突然とび起きてあぐら座りになり、泣いています

「ぱぱ ぱたい」 「ぱぱ ぱたい」

夢を見たのでしょうね


ただ、、、

パパはおまえの目の前で生きとるじゃん


しかし


もうあまり子どもの前では「パタイ」というのはやめにしておこう

そう思いました



ただ、、、


この50数年


あまり反省もしてこなかった私


学習能力がないというのか、、、、


今回 また、、、やってしまいました




1週間ほど前
ビ~ルを飲みながらつまみのナガラヤの豆を齧っていると
ケンケンが不思議そうな顔をして1個摘み
シゲシゲと見ています

まあ今まで見たことないものでしょうから

「これはいったい何ぞや」

そして鼻に当て臭いを確かめています


「ケンケン、、、」

「すめる おんり~~」


おまえな~
臭いをかぐのはいいが、近すぎ、、、

鼻のスレスレのところで止めるのがふつうだぞ

おまえのは豆の先っぽが鼻の穴の中に入とるやんか、、、


それに昨日夕方海に行ったせいか
水っ洟がでとるし


しかし息子は姿かたち、臭いから判断して

「うまくない」と思ったのか?

それともプライドが高いピノイの端くれ

からかわれるのが悔しくて反撃に出たのか?

突然、その豆を私の口に押し込みました


私はその豆をバリバリと噛み砕き、飲み込んで

「お~~パパ ぱたい な」

「わい?」

「おふこ~す ケンケン の~ずうぉ~た~ まっちバクテリア あんど うぃるす
 なう パパぼでぃ ふぁいてぃんぐ ばくてりあ」

そうして胃のところを指差します


それから10分ごとに

「うえあ~~」

「ここ」

「さああん」

「まだ ここ」胃を指差します

1時間経っても2時間経っても

まだ胃の中でファイティング中にしておきました

あと6時間ぐらい経つとここら辺、、、小腸を指し
10時間経つとここら辺、、、大腸

そして明日の朝になってパパのボディが勝つと
バクテリアの死体がプ~プ~になってカムアウト

もしパパボディが負けるとシックになってやがてパタイ

息子は気になってしかたないのか
さかんに今どこか聞いてましたね

私はビ~ルとトバで腹いっぱい


眠くなったので横になっていると
ケンケンもすぐ横にやってきてスヤスヤ眠ってしまいました


そのとき私はうつ伏せになって眠っていたのですが


なにか、、、


異変を感じて目が覚めたのです



健太郎よ

私の身を案じてくれるのはありがたい

しかし、、、


眠っている私の短パンを下げ
両手でお尻を広々と開き

お尻の穴をシゲシゲと覗き込むことはヤメにして欲しい

たとえ、血の繋がった父と息子の間としても

それはやはり恥ずかしいものだ



息子としては
早くパパの体がバクテリアを打ち負かして
早く出て来いと、、、

パパが死んだら困ると、、、

気が気じゃなかったのかもしれませんが、、、


やっぱり


「あ~~ パパ ぱたい」


あまり子どもの前で使っちゃいけませんね
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/488-f7ac06dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)