FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
困窮邦人の話を聞きました
先週の木曜日の午前中
ケンケンを小学校に連れて行き
グランドスタンドで一服していました

この小学校

たぶん、、、、

アメリカ軍が作ったのでしょうが敷地も広く
中央に400mトラックがあります

それの観覧席がグランドスタンドと呼ばれて
そこに通う小学生の母親やヤヤたちの待機場所というか休憩所

ここが涼しくて、、、

そこでいつもタバコの火を借りに来る30代の父親がいるのですが


その彼が突然に、、、


隣町のフリ~タ(JURITA)に日本人の老人が住んでいるが
病気で寝たきり状態

奥さんと子どもは家を離れ面倒をみてなく
隣人が世話をしている

年金が2万Pあるようだが
薬と食べものを隣人に頼むしかなく
隣人から抜かれてしまっているようだし

このままではどうにもならないので
日本大使館に連絡して日本に戻せないか?と

そう話し出しました

もちろん彼が直接知っているわけではなく
人から持ちかけられた話ですが、、、

「名前は?」

「わからない」

「どこに住んでいるのだ?」

「そこに行けばわかる」


「う、、、、」


今日の午後は家族でタクロバンに行くし
金曜日も忙しくやることだらけ
そして土曜日の午前中はマニラに出発しないといけないし


私がすぐさま受け入れられば1番良いのですが、、、


時間がない
金もない
日本に戻ればすぐさまジジババの面倒を見なくちゃいけない身の上

日曜日の夕方には母の病院に行き
それですべてのことが回るように設定してきてますし

動くに動けない、、、



もう少し早く言ってくれたらよかったのですが、、、


そうは言っても
その親父がなにかの折にハポンが毎日子どもを送迎して
グランドスタンドにいる

それをどこかで話したのでしょうね
そこで家族でもないですが不憫に感じた人から依頼を受けたのでしょう


私が出来なくても
誰かに頼めればいいのですが

私も特別レイテに知り合いがいるわけでもなく
誰に頼みようもないですし

私の不徳とするところなんですが、、、


それでも近所

そうはいっても田舎ですから距離はありますが
ピノイの話で10数人の日本人が住んでいるらしく

ピノイに案内してもらえればすぐさま全員の家に行くことは可能でした


ただ、、、受けてくれるか、、、


突然に見知らぬ私が現れて

「何とかしてやって欲しい」と頼んでも迷惑がられるかもしれませんし

その話が本当なら
4万円ぐらいの年金でしょう

手間隙かけて世話しても
かかった経費は世話をした方の実費になってしまいますよね


それでも、もし誰かが受けてくれて

現地で手を尽くし日本に戻れたとしても
日本に戻ればまた違う誰かが日本側での世話をしなくちゃいけませんし

それだけのネットワ~クがあるのか、、、

それさえ知りませんし


外国に住むというのは、、、

良い部分もありますがなかなか難しいところもありますよね






それと、、、

もしかすると、、、

Mさんかもしれないし、、、

マヨルガからサバンに移って
しばらくはブラウエンに住んでいたようですが
数年前フリ~タに住んでいると聞いたことがあります

Mさんだとかなり訳ありみたいで
日本に戻るとはゼッタイ言わないだろうし

難しいかな、、、?

違った人だったらごめんなさい、、、ですが、、、



結局何もしないまま日本に戻ってきました


自分のことしか考えられない冷たいヤツ
人非人

どのように言われても私はけっこうですが、、、


もしこのブログを読まれた方で何かできる方があったら、、、と思い
恥をしのんで書きました



追伸ですが、、、


今、考えてみると

ドラッグの町の診療所に日本人の看護婦さんがいました
二代目で長身の女性らしく

もちろん初代も二代目も会ったことはないのですが、、、

この人に「こんな話を聞いた」だけでも話しに行けばよかったですね


受けてくれるか?くれないか?は別にして、、、

この人だったら、、、JICA径由かもしれないですし
日本側のネットワ~クにも連絡できるかもしれませんでした


私の家に来られた人には
お茶やお菓子、サンミゲルでもお出しするのですが

私の方からレイテに住んである人たちのプライベ~トに
ズカズカと立ち入ることを避けてましたので、、、


そのツケが回ってきたカタチになってしまいました


やはり何ごとでもツテがないと無力だと
思い知らされた今回です



明日は我が身の私なのですが、、、、
スポンサーサイト

コメント

こんばんわ。

日本に帰ってきて忙しいと思いますが、身体に気を付けてください。

困窮邦人の件は、一人で解決するのは難しいです。私もお手伝い
した経験がありますが、非常に大変です。

ゆきさんが思われているように、本人の考え、日本での受け入れ先
等の問題もあり、一人や二人では、解決できません。

本当は、日本大使館の仕事の一つでありながら、困窮邦人が多く、
手を焼いているのが現実です。
[2012/07/26 19:49] URL | Founder_tp #EBUSheBA [ 編集 ]


ファウンダ~さんこんにちは~~

困窮邦人の件、確かにそうですね
帰るところがある人はそういった状況になったときには
もう帰っているでしょうし
帰るところのない人をひとりでなんとかするというのは不可能に近いですよね

ただ今回、ネットワ~クの必要性だけは実感しました
人間一人では生きていかれませんし
やはり何かあった場合、誰かの助けはいりますし

そのためにもお互いがお互いを助け合える
そんな環境が不可欠だなと、、、

自分の小さな世界だけで満足していたらダメですね

アドバイスありがとうございました
[2012/07/28 12:22] URL | 徳衛門 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/504-621ea8c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)