FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
結婚記念日
土曜、日曜と厚手のベニヤ板2枚使って
居間の大き目の棚とケンケンの本棚を作っていました

朝から鋸を引いて汗ビッショリ

電動ノコがあると便利だし早いのですが

ただ、、、私は糖尿病

朝から晩までメシも食わずお菓子も食べず

ひたすらエクササイズをかねて、、、


本音を言えば、電動ノコが欲しいのですが
マキタ製や日立工機製の付いている値段を見ると、、、

「手でやれる間は手でやるぞ~~」

同じ日本人でもこちらに来ると
人間の価値が下がるのか?

日本とたいして変わらない値段なのに
異様に高く感じてしまいます



土曜日はカミさんとの結婚記念日でしたので
日が暮れてしまう前に棚作りは中断し

ベランダにチカチカ、ピカピカ、クリスマスライトの飾りつけ

カミさんは部屋の中でクリスマスツリ~を飾って

我が家もクリスマス気分がいっぱいに、、、


毎年カミさんの誕生日の前には飾るのですが
今回はケンケンの耳のデキモノ騒動で遅れてしまいました


しかし毎年思うことなんですが
ベランダのチカチカの下でビ~ルを飲んでると

「もうすぐ今年も終わるんだ」と

少しシミジミした気分になります


特別何があったわけでもないですが
いつのまにか年は暮れていき

やがて新しい年を迎えても

それも「あっ」というまに暮れていきます


カミさんが昼から作った
豚肉のてんぷらとスペアリブとルンピア
あとカツオを一度唐揚げして長時間醤油味で煮込んだものをつまみながら

サンミゲルとトバとワランペラド~ルが乾ききった体に
次々と休みなく流れ込んでいきます


まあ親子3人でピカピカチカチカ輝く下で3時間ほどの飲み食い

なんでもないことなんですが

いがいと、、、

これが幸せっていうものかもしれませんね


翌日曜日は棚のペンキ塗り
こげ茶というかチョコレ~ト色というのか

意外とこれが時間がかかるのです

まあ前日にサンドペ~パ~はかけているのですが
翌日見ると

けっこうケバ立っています

どれほどやってもキリがないのですが、、、

昔、日本で「砥の粉」ってありましたよね
あれがあると便利で早いのでしょうが

こちらで売っているのはプラスティックウッドフィラ~って
傷隠しのパテみたいなものというか

イマイチ使いにくいし

ノンビリしているようで気が短い私

「こんなんじゃラチがあかん」と

接着剤に大量のペイント薄め液をまぜて、ただひたすら攪拌


私の予想では

限りなく薄い接着剤で塗りやすく
乾いた後はサランラップを熱で圧着させたようにケバが押し込められている

、、、、のハズ


液の上の部分を塗っているときは調子が良かったのですよね
塗りやすいし作業がはかどります

真ん中を少し越したころ
特性接着液のなかに巨大なダマを発見

え~~??

、、、、ということは、、、


さっきまで塗っていたのは

「ペイント薄め液だけだったのかな?」

念のために塗ったところを触ってみると
手にベタベタくっ付くこともなく

サラサラと乾いています


「えぇ~~い、もうメンドくさい。 一気にペンキを塗ってしまえ!」


大き目のブラシでジャンジャン塗っていきます

しかし2度塗りしようが3度塗りしようが
ケバを塗り込むことはできません


しかし、、、



ここはフィリピン、レイテ島

もうこれでヨシ、、、

使えれば御の字、、、


すぐ、、、気が変わりますので、、、、



さっさと終わらせ、トバとペプシマックスを買いに行き
たまには日本風の卵いっぱいのポテサラでも作ろう

ついでにゆで卵に塩とマヨネ~ズでエッグサンド
明日の朝、熱々のパンデサルに挟んでも旨いだろうし


しかし、、、健太郎

日本のケチャップは大好きなのですが
キュ~ピ~マヨネ~ズには手が出ないふう、、、


「なんじゃ~~?お前のために作ったんだぞ!」


「ケンケン パンシットカントン」

「おまえは死ぬまでラッキ~ミ~のパンシットカントンだけ食っとけ
 1日40P 1月1200P 1年で15000P 
 50年食っても75万P 150万円で済むぞ」


まあその分
カミさんと二人で飲みながら

トマトと合わせたり
キュ~リとビスケットに合わせたり

ちょっとした小パ~ティ料理


翌日も結婚記念日の再現となり

この7年間のことを話しながら夜は更けていきました
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/559-9ba4043d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)