FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
レイテのプロジェクトX
ケンケンの学校が始まりました

そして新年のスタ~トにプロジェクト

お~~NHKのプロジェクトXを思いだして、、、

なにか、かっこういいね



「ところでプロジェクトっていったい何をやるの?」

ショ~トスト~リ~を英語、フィリピン語、ワライワライ語で作るそうで、、、


昨年からフィリピンの学制が14年から16年に増え
フィリピン教育省の肝いりで地元の言葉を学ぶ時間を作ったのです

「マザ~タン」と呼んでいますが、、、

ただ、、、その心意気はなかなか崇高なものがありますが

フィリピンらしく、、、

地元の言葉を学ぶ教科書が用意できない

寺子屋ばりに先生が話した言葉をそのまま復唱し
黒板の文字をノ~トに書き込んでいます

そんな状態ですが
心意気の高さだけは、、、変らず、、、

教材が調達できなければ
自分たちでワライワライ語でショ~トスト~リ~を作り
学ばせる

よいアイデアですね



私「ほ~~ピノイも考えたね
  ところで何人かでグル~プ組んでやるのかい?」

カミさん「いいえ各々ひとりずつ作るって」

私「ケンケンたち生徒が作れるはずはないし
  親が作るしかないだろうけど、おまえ作れるのか?」

カミさん「出来ないけど、英語の適当な物語を選んで
     誰かに書き直してもらえばいいんじゃない」

私「何かよくわからんプロジェクトXやな
  まあいいか、、、フィリピンだし、そんなものかもしれんな」

それから本をめくり、短い物語で良さそうなものをを探しました

ここらあたりでいいんじゃない
小学校1年生だし、短編小説は難しすぎるし

さてこれをフィリピン語に翻訳して

しかしこれがけっこう難解、、、

地元の小学校の先生レベルではムリだそうで、、、

考えたら
先生って書いてあるものをそのまま読んで教えているだけですし


早くも壁に突き当たりました


しかし子供がいる手前、、、手ぶらという訳にはいかないし

私は何かないかな?と、、、


「解決できない問題はない」その主義ですし、、、

本棚をテキト~に眺めていると


ありました、、、


ケンケンが幼稚園のころ買ってやった塗り絵

ジャックと豆の木とかトムソ~ヤとかその手ですが
塗り絵の下に2~3行英語でスト~リ~
その下にタガログ語

1冊15Pの粗悪紙のものですが
これの下の部分を切って貼り付け、それをコピ~すればいいじゃない

この手の悪知恵は私、、、けっこう働くのです

仕事していたとき

切り抜いては貼りつけ、、、白の修正液で目立たないよう加工し
それをコピ~して不具合があれば修正し

やがて完成

まわりの連中を「お見事!!」と感嘆させ

無事、、、難関を潜り抜けてきたことが幾度あったことか、、、


これで難題の3分の2が解決。一気に前進しました

「よかったよかった!」

あとはこれを誰かにワライワライ語に翻訳してもらえればいいだけ


しかし、、、


ここで更なる難問が、、、、


フィリピン、、、レイテ島ですから

当然といえば当然なんですが、、、、出てきたのです


その難問というのは、、、、



タガログ語や英語の物語をワライワライ語に翻訳できる人がまったくいないのです


「あれ~~?」

日本の共通語を博多弁に書き直すようなもの
そうカンタンに考えていたのですが、、、

ワライワライ語って基本的に話し言葉
人と会話する分にはいいし、それで意思の疎通は出来るのですが

物語を翻訳するとなれば、、、また話は別

名詞や動詞はある程度翻訳できても繋ぎ言葉が、、、


考えてみたらそうですね

私だって、博多弁まじりの共通語でなら書けても
純粋に博多弁だけで書けといわれても、戸惑いますし

「あらま~~」


これでは意味ないし、用を足さないじゃん

肝心のワライワライ語が抜けたものになり

「これじゃ~プロジェクトXにならんやん。こんなものでいいのか?」

そう考えるのが日本人


ピノイは

「出来ないものは出来ない」と

サッサと諦めてそのまま先生に提出


あとで聞くと、、、


それを作るネット屋がいて

PCのなかにスト~リ~が数種類あって
ひとつを選ぶと自動的に英語とタガログ語

あとは見栄えを良くするため背景の絵を選び
まわりの飾りのデザインを選べば

「ス~~」とカラ~印刷されたものが出てきて

ついでに氏名、学校、クラス名を入れて
おまけに、、、ビニ~ルカバ~を付けて製本

1冊25Pにてチャンチャン、、、だそうで、、、


ただ昨年からワライワライ語追加のため
PCに用意できず、、、、

数年経つと、、、たぶんできるだろうと、、、


もちろん

プロジェクトXで先生に提出したものは授業で使われることなぞなく

チョンと点数を加算して終わり



なかなか、、、


奥の深いフィリピン、レイテ島の出来事でした
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/571-5f86b624
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)