FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
気にしない人たち
ピノイってだいたいにおいてあまり気にしませんよね

みょ~なところにこだわって、根に持ち
執念深いところもタマに、、、ありますが、、、

日本人とは両極端
1番反対側の端っこの人たちといってもいいくらいです

日本人もかつてはそうでもなかった、、、と思うのですが
高度成長、バブル、バブル崩壊を経て

すべてのものに対し、病的に気にするようになってしまったようで、、、

たしかに便利だし、キレイだし、親切だし

言うことないはずなのですが

なぜか、、、

息苦しさというか、窮屈さを感じてしまいます


その対極にあるフィリピン

すべてにおいてデタラメというか何でもアリ

汚い、臭い、いいカゲン

スペシャルの文字を2重丸で囲みたくなるほどすごい世界です

しかし、、、

そんな土地にいると不満だらけで活火山状態になりそうですが

実際はそうでもなく

なぜか、、、


「ほっ」としてしまう自分が不思議なんですけど、、、



車にしても

ピカピカのSVUがフリブリ走っているかと思えば

その後ろにはガラスが1枚も付いていないというより
ドアもトランクドアまですべてにおいて何もなし

私が若いころ解体屋に5台立積みしている廃車の方がはるかに立派

そんな車が続いていますし

私の車が汚れていようが、少々痛んでいようが
あまり気にせずにすむんですよね


息子のケンケンの小学校、スペッドと呼んでいますが
元々、スペシャルチャイルドスク~ル

いわゆる特殊学級の学校なんですよね

聾唖者や少し知恵遅れの子供
それに頭は優秀なんだけれど
様々な理由で学校に行けない子どもたちのクラスが3組あって
そんな子供たちが通う学校です

ただ、、、頭は優秀
ここがピノイの自尊心をくすぐるのか

今はお金持ちや公務員の子供たちも多く通い
ステイタスを感じさせるほどに、、、


あくまで、、特殊学校、、、というところは気にしてないようです


その学校での朝の登校時の出来事


朝、狭い校門を潜り抜け
ランクル、ハイラックス、それにアドベンチァ~

これらの新車が子供たちを押しぬけるように次々に入ってきます

タクロバンに三菱のディラ~があるせいか
レイテではよく三菱車が走っているのです

しかし一昨日の朝

ハイエ~スのほぼ新車

見かけない車が子供を乗せて入ってきました


以前のようなチョップチョップじゃなく
最初っから左ハンドル、左仕様

「お~~ハイエ~スでもランクが上だし、高かっただろうね
 最近、景気が良いのが増えたね」

思わず、、、感心してしまいました


やがて子供をおろし
そのハイエ~スがUタ~ンして、ゆっくりと私の前にやってきました

やっぱりハイエ~スはいいな、、、

塗りもいいし


しかし、、、、


フロントグラスのフィリピンでいう助手席の下のほうに
なにかデザインのようなものが見えます

「何かな?」

ふと、、、気になって目線を合わせると


銃痕、、、でした


半径15cmくらいの円の中に5発

ちょうど助手席に乗っている人の胸の辺り

即死ですよね

それにしても見事な腕前です


しかし、、、そんな車買うか~~?

家族連れの人間が、、、


ガラスと椅子を交換し、わからないように加工されて
それと知らされずに買ってしまったのだったら少しは分かるが、、、


穴の空いたまま、、、

誰でも一目で分かる車を買い

それを気にすることもなく、そのまま乗ってしまう


いくら気にしない人たちとはいえ、、、、


ここまでとは、、、



ここまで来ると両極端の人たち、、、というより

異星人ですよね


思わず、、、こちらのほうが宇宙に飛んでいきそうになりました



フィリピン、レイテ島


まだまだ、、、奥が深そうです
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/573-d47c0212
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)