FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国共産党
今日は朝から晴れてますが
ポカポカとまではいかない天気です

しかし昨日までが寒すぎましたので
これでも充分、、、

でもやっぱり、、、フィリピンがいいですね



さて、、、何を書こうかな、、と


世の中、なかなか騒々しいですね

バカなチョンとチャンなだけですが、、、

中国はレ~ダ~照射
北朝鮮は核実験

なんというか、、、、


日本もはっきり言って「迷惑」ですよね

すぐ近くにあんな連中の国があって、、、


しかし戦後から続いた「平和ボケ」も、このところだいぶ覚めてきたようです


中国にしろ北朝鮮にしろ程度が低いし
後進国といってもいいのですから
しょせん、軍を握らなくちゃ政権が持たないのでしょう

どちらも軍を権力基盤においての権力ですよね

そしてそれは逆に軍に振り回されることを意味します

日本もかつて軍に振り回された時代がありましたが
ロクなことはなかったですよね

中国も北朝鮮も末路は同じような気がしてしかたないのです

ただ、勝手に崩壊して、、、
日本に迷惑かけないでね

そう願いますが、、、

歴史的なものもありますし
なかなかそういうわけにはいかないかもしれませんね


北朝鮮が断末魔の状況でアホなことばかりしていますが
中国もあまり状況は変わらないのかもと、、、

元々共産主義と資本主義なんて相容れませんし
共産主義が崩壊するというのは自然なことですよね

トショウヘイの開放政策の時点で
そんなことをすれば共産主義政権がつぶれるとの声に

「開放政策を採らなければ中国がつぶれる」

これで押し切ったのですが、、、

しかし一旦権力を握った者たちは
やはりその権力を失う、、、ってことには
震えがくるほど恐怖を感じてしまうのでしょう

少しでも長くとどまるために

反日をスロ~ガンに持ってきたのですよね


巷では、トショウヘイの指示により
江沢民が動いたとされていますが、、、

私が思うに、、、

それ以前から反日は国是としてありましたね

ただそれを強化しただけと思います

私が最初中国に行ったときも
テレビでは日本との戦争時代の番組が

これでもか、、、というくらい毎日のようにあってましたし

もちろん日本は悪者

日本兵の役している連中
戦闘中にもかかわらず、口をポッカリ開けてましたけど、、、


日本もバカなことをしたと思います
共産主義政権なんて日本が作ったようなものですし

蒋介石の軍と戦い、
国民党軍はもちろん敵ではないですし、奥地に引っ込みます

とりあえず日本の占領地ですが、実際は共産ゲリラが入り込み
モスクワの指示により共産党中央が下達

ウソでもデマでも
「日本人が酷いことをしている」と撒き散らし

ごく当然、中国人は中国人の言うことを信じますし

救国の機運が否が応でも高まっていき
それに国民党軍は去っていませんし

一方通行、ウソ八百でもすべて真実ととらえるでしょうし

なんでもかんでも共産党分子のやりたいほうだいですよね


日本が連勝に次ぐ連勝

占領地が広がれば広がるほど反日の機運は高まり
それを抑え切れない蒋介石の人気が下がり
共産党は一気に勢力を拡大していったのですよね


中国人に言わせると
日本人は中国人に酷いことをしたといわれてますが

たしかに事実としてあったことなのかどうか?
噂だけで確認が取れないもの、その割合がどれくらいあったのか?

1割だったのか
1%だったのか
0.1%だったのか

そんなこと誰もわかりませんよね

モスクワの指示ですし



スタ~リン

これがまた、、、悪魔のように天才ですし


ドイツ戦のとき
連日、夜間に女、子どもをドイツ陣地に向け
武器を持たせず一斉に大声を上げて突っ込ませます

もちろん祖国を踏みにじる敵ですから憎いでしょう

しかしそれで

ドイツ人は女、子どもを皆殺しにしたと宣伝し
女、子どもに与える食料が要らなくなり正規軍に回せた
ドイツ軍は弾薬を大量に消費し、夜間眠れずに睡眠不足により疲労した

ソ連軍の戦意は高まります

どこの国の人間でも自国の女、子どもを殺されたとなれば
それは最高潮に達すると思います

結果的に殺したのはドイツ軍ですけが
夜間ですから見えませんし、もし何か動く気配がしたら
そこらじゅう撃ちまくったでしょう

しかし本当の意味でその人たちを殺したのは

自分の国の最高指導者、、、なんですよね

そして、それを最大限に利用して勝利をものにする

それも計画的に、、、


このくらいのことが出来る人間ですから
日本軍に対するデマなんて軽いもの、、、

嘘八百どころか
ウソ八千万でもカンタンにやってのけますよね


元々中共の成り立ちがそうですから
反日を捨てることなんてありえないし
それは政治生命を捨てるようなもの

これはゼッタイに捨てられるようなものではないでしょう

そんなところにノコノコ出かけて工場を作り
アホ面しているのも日本人なんですが、、、


今回のレ~ダ~照射でも

中共が神話のように信じ込ませ
中国人が信じきっている日本人の悪行が根にあるでしょうし

それは共産党が撒いたタネでもあります

長年に渡ってますから
「日本憎し」「日本を懲らしめることこそ正義」

末端まで染み渡ってますよね

もちろん軍の組織でも、、、



それが国是になっている国ですから
いつかは党中央が押さえようにも押さえ切れなくなり
軍が暴発してしまうこともありえると思います


中国外務省の「知らなかった」は
ウソか方便か事実か、、、これはわかりませんが

事実の可能性もありますね


今回の尖閣問題は共産党中央の指導により起こった

よく石原さんが今回の問題を作った、、、なんていう人がいますが
私はそう思えません

長年に渡り計画的に指導してきたと思います

しかし物事が一旦動き出すと、全方面で加速度がつき
中央が止めようとしても、止めようがなくなるかもしれません

一時の日本のように
押さえようとすれば失脚の可能性もありますし
政府に対する不信感、党の威信も地に落ちる

追い込まれ、追認、そしてまた流され
行き着くところまで行ってしまうかも、、、

かつて中国を相手に日本で起こったことが
今度は日本に対して中国で起こるかもしれません

そしてやがて、、、アメリカの参戦

それにて崩壊、、、終了



本当は共産党の成長の母体である日本
しかし憎き日本、それで保っているような党であり国

その共産党の基本原理が
逆に中国と日本の間に動乱を起し
最終的には中国共産党を滅ぼしてしまうかもしれません



西に向かって


「崩壊するのは既定のことだし、勝手に崩壊してくれ
 ただし、日本人に迷惑をかけずに、、、、、」

手を合わせたい気持ちです
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/585-9748ef13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。