FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名前
レイテに住んで驚いたことのひとつに名前があります
とにかくよく間違えるのです

銀行でも役所でも電力会社でも
どこでも・・・・ありとあらゆるところで・・・・

私はPNBで間違えていないのですが
嫁さんのメトロバンクは口座名義を間違えているから
ATMカ~ドも違っています

訂正するといって訂正してなかったので
訂正を要求したら窓口の女性があまりに尊大だったので
マネ~ジャ~と話し訂正してもらいました

能力も責任感もない人間が仕事をしてますから当然ミスをします
しかし責任は回避したいので余計に尊大な態度を取り
相手に引き下がらせようとする作戦ですね
ときどきあることですが・・・・

嫁さんの兄さんの名前も
村役場では正しい名前ですがNSOではまったく違う名前
そのため証明がとれずパスポ~トを発行してもらうことさえできません

領収書の名前が違うことは毎度のことだし・・・・


以前、嫁さんに

「フィリピン人はサルだな。名前の重要性を理解してない
 名前が違えばその人ではないし
 口座名義が違えばその人の口座ではない
 領収書の名前が違えば証明にならない
 これは世界のル~ルだがその常識さえ持ってない
 頭が悪いと言う以前にサルの世界だ」

などと話し
彼女は頷きながらも悲しい顔してました


嫁さんの従姉妹なんて25歳で結婚するとき
出生証明書をとったらまったく違う名前

25年間マイエで過ごしてきて
突然、今日から「ロサ~ナと呼んで・・・」

その姉も近く結婚予定だったため気になって出生証明をとってみると
これまたまったく違う名前・・・・

両親に尋ねても
「そうだったかな・・・???」

真ん中あたりになると中だるみするかもしれないけど
最初の子供の名前ぐらいちゃんと憶えておけよね

ここまでくると笑い話ですが・・・・


そんなことを繰り返していると

レイテのひとたちにとって名前は
たんなるニックネ~ムにしかすぎない
そのようなことがだんだんわかってきました

名前を付けるときも適当につけてますし
名前に意味があるということすら知らないので
綴りもテキトウ・・・・その音らしくなればいいし・・・・

私のまわりで
スペイン語の名前で意味をわかっていた人はただひとり

「コラソン」さん
スペイン語で「心」
日本語だと「真心」みたいなニュアンスでしょうか?

ただしこの名前・・・・女性の名前だそうですが
私の知り合いは髭をはやした男性です


それとよくあるのが
父親の最初の文字をとって子供につける

響きも呼びやすければ良いし
綴りなんてカンケイなし
とにかく最初に自分の頭文字さえ入っておればいい
このタイプで・・・・

近所の大工、ロヘリオ(ROGERIO)の場合
長男ロ~デリック(RODERICK)
長女ロジン(ROJIN)と頭文字がR

5人目までRが続くのですが、そこでタネが尽きたのか?

6番目の女の子はロットロット(LOTLOT)
突然Lに変更ですが、まあ似た響きだからOKということでしょうね

私にはLとRがごちゃまぜで分かりづらい・・・と言いつつも
こいつらもテキトウのようです


所詮ニックネ~ムですから

「あきこちゃん」だろうが「あっこちゃん」だろうが
「アキ~」だろうが「あこ~」だろうがなんでもいいんですよね

要は呼んだとき自分だと分かってこちらをむけば
それで用は足りるし

たとえ「やきこ」と呼ばれても「あきく」と呼ばれても
たぶん自分を呼んでいるのだなと・・・わかればOK

名前なんてこれだけのようですし
それだけの意識のようです


名前を尋ねられて
「ANAMARY」と答えても

相手の頭の中に
「ANNAMARIE」とイメ~ジされれば
そのように書かれるし

「ANNAMARIE]と書かれたものを
タイプするとき雑談しながらクッキ~を食べていると
「ROBISCO」となってしまうことも・・・・ありえます

私文書だろうと公文書だろうと・・・・


ですから日本のように「名前」に対して恥じる・・・なんて気持ちは
これっぽっちもサラサラなく
名前のためには死も辞さず・・・なんて宇宙人の世界でしょうね


もちろんその人の名前ははるか時が過ぎたとしても
その名前として永遠に生き続けるなんてことはなく

「ルパン」がテレビの番組で「ル~ピン」
これで何不自由なく製作され、誰も違和感を感じず人気を博していました



ここらで曲にしましょう
今日の1曲はマライヤ・キャリ~の「Without you」でも・・・・


Without you




もうひとつ日本公演のときのもありましたので・・・・おまけに・・・

自分が好きな歌ですのでしつこいですが・・・



Without you



もうたいぶお年を召されたようですが
やはりお美しい方ですね

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/60-0718d81d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。