FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
1番しぼり
昨日は快晴の日曜日

そして桜も満開

お花見客も多かったようです


私が昼すぎにいつものマルキョ~に買物に行くと
弁当、惣菜売り場と牛肉コ~ナ~はカラッポ、、、

店員さんに「今日は忙しかったようですね」

「おかげさまで、、、」とニコニコ顔


少し、時代が変わってきているようです


レジに並んでいる人たちを見ていると
1万円札であまりお釣りをもらっていませんし

心なしか上向いたときのイベントちゅうのは良いものだな

なんとなくというか、、、

思わず、、、サイフのヒモも緩むでしょうし


ただ、、、

気になったのが

ビ~ルは1番しぼりとかドライではなく
第3のビ~ルばかり、、、

日本人も上手になったのでしょうね
不況が20年続いて

失われた10年どころか
失われた20年になっちゃいましたし

その分、皆さんの選別眼も厳しくなって

昔の「このさいだから何でもOK、ド~ンといこう」

これは前世代の遺物なんでしょうね


しかし

たまには「1番しぼりも」飲みたいですよね

「1番しぼり」が出て、しばらくたった頃台湾に行ったのですが

小売店やコンビニで
生の台湾ビ~ルを冷蔵庫から出そうとすると

どこからか「イチバン!」との声

店員さんや居合わせたお客さんからだったんですが

「イチバン!美味しい!」と、、、

やっぱり台湾の人たちもわかるのでしょうね

飲み比べてみればその差歴然ですから
ごく当然なんですけど、、、


しかし、私は

「いや~日本では台湾ビ~ルは置いてないし
 イチバンはいつでも飲めるし」

、、、なんて言ってましたが

ホントは台湾ビ~ルが安かったからなんですけど

「一番しぼり」も税率の違いなのか日本よりかなり安かったのですが
台湾ビ~ルはもっと安かったし


私はカネがないのと性格からなのか
その土地に行ったらその土地のものを食べて飲む

これに徹しています、、、というか

他に選択肢がないですが、、、



たまにその土地のものにアキたとき
例外的に中華料理を食べるぐらいのもので、、、

たしかに和食は美味しいし
ビ~ルも日本のものが旨いのですが、、、

わざわざ外国で輸入物を飲み食いしなくても、、、

そう思っていました


私なんて、、、

グロ~バル化にまちがっても乗れるような人間ではないですし


ただ、、、最近ブログで知ったのですが

輸入だけだとベラボウな金額になるので
現地のものを混ぜながらも

いかに日本人の味、価格にするか

現地で頑張ってある方たちは
素人には見えない努力をされていらっしゃると

考えてみたら、、、そうですよね

駐在さんばかりを相手にしている時代ではないでしょうし

そこでやっている人たちは

ただ「ノホホン」とやっているわけではなく
日々、努力を積み重ねてあるでしょう

日本人ですから、、、


まったく私は甘く、アサハカ

つい表面からだけで見てしまってましたね


また話しが飛んでいきました


1番しぼりの瓶

旨いですね


若い頃はキリンはあまり好きではなく
1番しぼりから飲むようになって

いつのまにかビ~ルを飲むなら

ドライでもなく、エビスでもプレミアムモルツでもなく

やっぱり1番しぼりが飲みたいな

そう思うようになりました


そう言うわりに最近飲んでないですが、、、



バブルよ来い!


1日で1ケ~ス空けてやるから


私のような者のところにも
お金が舞い上がるような本物のバブルよ来い!!


ス~パ~のレジに並びながら

そう思いましたね



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/609-577a5e05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)