FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
ギタ~を買いました
今回こちらにきてすぐの頃だったのですが
タクロバンでギタ~を買いました

ピノイたちもこの数年金回りがよいのか
私がここに来たときより楽器店が増え
置いている品数も多くなっているし


政府発表のように、フィリピン経済は力強く成長をとげ
国民の可処分所得も向上している、、、のか?

誰かが海外に出稼ぎに行き
在比の家族は使うだけ、、、なのか?


いかんいかん、、、

すぐ話がずれていきそうになります



その店も1000Pから8000Pのギタ~を置いてあって

それぞれクラシックタイプとフォ~クタイプがありますが

カミさんとケンケンに音階を理解させることもあって
今回はクラシックタイプにしました

1台1台弾き比べてコストパフォ~マンスを算段しながら選ぶのですが

もっとも金がないのと
ケンケンは子供だし

家の床はタイル

倒したり落としたりするだろうし

まあ最初だからこれでいいだろうと選んだのが

2200Pのもの

この値段と思えないような音を出しますし


ただ、、、

てっきりフィリピンのギタ~はマクタン製だと思い込んでいたのですが


中国製


私が来た頃はどこでもマクタン製だと言っていたのですが
私が買った店はマクタンのは置いていないと

「キッパリ」

たぶん日本の技術が中国に流入し技術が格段に向上
そして大量生産で競争に打ち勝てないのでしょうね


もうひとつ、これが欲しいなと思ったのが
6800Pのパンパンガ製

これはいかにもフィリピンといったスタイルで
フレディ・アギラとかみたいなちょっと個性の強い男が弾くと
ピッタリみたいな、、、

音もなんともいえない音を醸しだしていましたし

1万円が5700Pの頃なら
思い切って清水の舞台を飛び降りれるのですが

その頃のレ~トはかろうじて4000Pギリギリでしたし


「次回は必ずこれにするぞ」との思いを胸に秘めながら

涙を飲んで、、、



ケンケンは

「NEXT エレクトリックギタ~」などとホザイておりましたが、、、



しかし高校生の頃からはや40年近く

小学校4年生から毎日ギタ~は弾いていたのですが
もう長いことギタ~なんて触ってないですし

指は動かないし
コ~ドを抑えても音が出ない、、、

悲しいものがありますね

簡単なコ~ドとアルペジオで「氷雨」などうなって気を紛らわせております


まあ家族で少しずつ練習していけば
何年か過ぎると

家族3人で楽しめるようになるかもしれません

今はケンケンが鉄琴 私がギタ~で

「蛍の光」「ドレミの歌」「マサチュ~セッツ」などを単音でやっておりますが、、、


今回の費用

ギタ~2200P
200P値引きで2000P

中国製調律器500P
20P値引きで480P

まあとりあえず、、、、この値段で楽しめれば


ヨシ!といったところで、、、/strong>




スポンサーサイト

コメント
ええっ 中国製
こんにちは
ギターも中国製が有るんですね
でもすぐにネックが曲がって音が歪みそう
ところでYAMAHAの電子ピアノとか売ってましたか
次回ジャングルでピアノ教室でもやろうかと思っています
[2013/06/17 10:53] URL | mirai_2000 #mQop/nM. [ 編集 ]


miraiさんこんにちは~~

タクロバンでもYAMAHA電子ピアノ売っていますね
ただし、、、在庫1台のみ
展示品を定価で買うハメになりますが。。。

ジャングルでピアノ教室もいいですが
miraiさんだと都会近郊で学校ビジネスも良いかもしれませんよ

理数で頭を鍛え
ピアノで情操教育

ポリシ~は「未来に羽ばたくピノイたれ」

これで儲かれば夢の仕事
一生を賭けても良い仕事ですよね

考えてみられたらいかがでしょう?


[2013/06/17 15:15] URL | 徳衛門 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/640-0e123e35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)