FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
それぞれの打開策
昨日は肌寒い夜でしたが
今日は朝から太陽燦々

フィリピンらしい朝です


さて、またケンケンの学校のことでも書きましょうかね

なんたって、、、ユニ~クというか

ここまでするか~~ちゅうか、、、

まあ人間、困れば何でも考えつくし
何でもやってみるものなんでしょうが、、、


学校の中にカンティ~ンがあります

まあこれはどこもでもあるのでしょうが

この学校のは先生たちが
ホットドックサンド、エッグサンド、ホットケ~キ、ポップコ~ン
スパゲッティ、焼きそば、惣菜類
あとフィリピン伝統の菓子類、ケ~キ類などを
朝から家で手作り

それをカンティ~ンで売ってもらうのです

カンティ~ンのおばちゃんは売り上げのパ~センテイジをもらうだけ

なかなか良いアイデアなのですが
ただひとつ問題が、、、

売れ残るともちろん赤字ですよね

生ものですから翌日売るわけにもいきませんし
したがって残り物は先生の子どもたちが放課後食べています

家計の赤字を何とか埋めようと奮闘するも
ますます赤字が膨らんでいく、、、

フィリピンでよく見られる光景ではあるのですが


それで、、、

その膨らんだ赤字を何とか解消したい

これは誰もが考えることですよね

そこで生ものだけではリスクが大きすぎて合わないと
カンティ~ンでも売っている
日持ちのするものにも進出しだします

キャンディ~、ガム類なんですが、、、

しかし子どもたちも大してお金を持っていませんし
スナックタイムと同時に子どもたちは教室からカンテ~ンへと飛び出して行きます

そこで先生たちは考えました

スナックタイムの始まる前、、、

はっきりと言えば、、、授業中に販売してしまうのです

ただ、ガムやキャンディ~ばかりだと、子どもたちはすぐ飽きてきます

先生たちの家計は毎月「火の車」

売り上げ不振になるとモロに響きますよね


そこでまた先生たちは考えます

アメやガムじゃなく売れ残っても日持ちがするもの

そこで登場したのが


おもちゃ

プラスティック製の車、バイク、船、竹トンボをはじめ
メンコ、ビ~玉、おはじき、知恵の輪などなど
ありとあらゆるものを仕入れてきて

スナックタイムで子どもたちがお金を使いきってしまう前、、、

授業中に販売してしまうのです

元々カンティ~ンはキオスクみたいなもので
教員共済組合みたいなものなんですが

こうなったら、、、

顔はいつも笑顔で
足は蹴り合いしているようなもので

骨肉の争いの様相をみせています


しかし、、、

ピナイ、、、フィリピ~ナっていうのも
家計が切羽詰ると強いものですね


元々、月に生徒ひとり400Pの授業料

息子のクラスは400P×7人=2800Pでは
設備費どころか先生の給料すら出ないことは
ウチの息子でも計算できるのですが、、、

先生の奮闘にもかかわらず
ますます家計は逼迫していきます

どうすれば、、、この難局を切り抜けられるか

そういったとき人間はまた熟考するものです

新しいものを開発し、大ヒット商品を飛ばして切り抜ける

これも一案ですが


しかし人間困ったときはピノイ、ハポンにかかわらず
同じようなことを考えるもののようです

新しいものもそれなりのリスクを持つものだし

そういったときは原点に立ち返り
今までのやり方を見つめ直す

日本人がこれ得意ですよね

すべての無駄をなくし経営改善を図る

ピナイ、、、フィリピ~ナさんもやはりここに立ち返るようです


そこで、、、生物の売れ残りをなくし
赤字の元を断ち切る

そこでセブンイレブンのように徹底的に調査し
管理できればいいのですが

この分野、、、、

フィリピ~ナがもっとも不得意とするところですし


そこで、、、生き残りをかけた大作戦が始まります

今までどおりの数量の生物は作り、カンテ~ンにて販売する

しかし何もしなければ今まで通り赤字になりますので


午後の授業時

「お金は明日でいいから」と一気に在庫一掃を図る

大キャンペ~ンを展開するのです


先生が授業中、生徒たちにウ~タンを勧めるか?!

賛否両論あるところでしょうが、、、


しかし、、、生き残りをかけたフィリピ~ナの強さは

只者ではないですね


まあそもそもの原因は授業料

これは校長の仕事だと思っていたのですが
話を聞いていると、校長はただの雇われ校長

パ~トタイムらしく

そうすると、、、

この問題のほんとうの責任者は

ファ~ザ~、、、、

この教会の神父さん


そういえば、、、昨日の午前中

毎日顔を合わせて一言二言話している神父さんが
私の横に座り

「明日の午後、一緒にトバを飲もうか?」

教会の中の神父さんの部屋で
自称仏教徒の私とカソリックの神父さんが酒を飲むというのも、、、

それも神父さんの部屋の前は事務所で
いつも3人の事務員さんが働いているし

まあもちろん敵の狙いは

この窮状を打開せんとの乾坤一擲の「寄付」のお願い


先生たちは地道に1Pを積み上げていき

神父さんは神に成り代わり、、、一気に打開する策を練る



敵はとうとう牙を剥いてきました


ここ町に不釣合いな大きな教会の神父まで登りつめるには

今まで、、、

手練手管で集めてきた寄付はいくらぐらいになるのだろう?

きっと辣腕弁護士並みの凄腕でしょうね


私は迎合せず、嫌われず、、、

この難局を隙間を縫いながら乗り切れるか?


帰国直前になって、、、

敵はそこまで読みきって仕掛けてきたのかもしれませんが、、、







スポンサーサイト

コメント

先生のサイドライン 笑わせてもらいました。
神父さんが、どんな作戦を練るのか?
徳衛門さんとの駆け引きに興味深々です。
[2013/07/18 14:12] URL | Yuu #- [ 編集 ]


Yuuさんおはようございま~す

レイテにいて
1番おもしろいのもピノイですし
1番腹が立つのもピノイですが

ただ私もピノイ化が進んでいますので
おもしろいことの方が圧倒的に多くなったこのごろです

神父さん、水曜日にミ~テングがあったとかで、、、
本当はただ、、酒席への声がかかって馳せ参じただけでしょうが

担任の先生から聞いたのでしょう
翌朝、私を探して、謝りがてら

「今日の3時はどうだろう?」

「いやいや今日は忙しいので次回ということに、、、」

私のほうも息子の昼休みが終わると
家に帰って昼寝していましたし
夕方5時に息子を迎えにいっただけですので
何の被害も、苛立ちもなかったのですが

私は日本人、約束を守ってここで待っている

そう担任の先生に印象付けていますので
今回の難を何とか免れそうです

たぶん、、、次回11月に渡比して
12月、クリスマスのミサが始まる前の10~15日
ここらで決戦の火蓋が開きそうです


コメントありがとうございました






[2013/07/19 10:42] URL | 徳衛門 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/654-5a9d4b0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)