FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
日本語
今日も雨が降り続いている福岡です

雨が恋しくて仕方なかった私ですが人間って勝手なものなんでしょうね
もう雨が鬱陶しくなってきています

なんたって洗濯物が乾きませんし

明日の昼には雨も止んで夕方からは晴れるそうですが

ただ、、、晴れると、、、

最高気温35℃、最低気温28℃に逆戻り


やはりこの時期はレイテが住みやすいですね
夜に1時間ほど雨が降る

このくらいがいいですよね



さてと、、、、

また当分私の部屋は地獄のカマ状態になるでしょうから
たまにはフィリピンのことでも書いておきます


「言葉」

フィリピンで子どもを持っていらっしゃる方
たぶん、、、全員でしょうが

どうやって日本語を教えるか?

まあ教育と躾と言葉

これには私をはじめとして
誰しも頭を悩ませていらっしゃるのではないでしょうか

こどもとはなるだけコミュニケイションとりたいし
ただ環境が環境ですから
英語、現地語、日本語チャンポン、ごちゃ混ぜ

他人が聞くと、いったい何を喋っているのかわからない

宇宙語みたいなものですが
まあそれはそれでけっこう意思疎通できでしまいますよね

「こんなこっちゃイカン」

そう思いつつも、なかなかそのメビウスの輪から抜け出せない

子どもは「あっ!」というまに大きくなっていきますし

将来、日本人であって日本人でない
そんな人間になってもらっても困るし

やはり海外に育った日本人の利点というか武器は
現地語、それに英語と日本語ができるってことですよね

フィリピンだとフィリピン語と英語を使える人なんて
ゴマンといますし

それだけだと、うずもれてしまいますが
日本語も使えるとなれば、これは武器になりますよね

もちろん日本語をまったく使わずに仕事されている方もいらっしゃいますが
ウチの息子がそこまでなるかどうか、、、

これまた、まったく不明ですし

それならばやはり親として
選択肢が広がるようにもっていき
日本人の利点を最大限に利用させなければ、、、

そう思うのですが


しかし、、、


現実は、、、


どれから手をつけたらいいのか
それすらわからずに
相も変わらずチャンポン語で話していたのです


そして、、、

去年の年末、私のお師匠さん宅に伺ったとき
お師匠さんと奥さんの前でそのことを話してみたのです

そのとき奥さんが言われた言葉

「子どもに話しかけるときは全部日本語で話しなさい
 もちろん最初はわからないけど
 必ずわかるようになるし、それを自分のものにしていくから
 言葉というのはそういうものだし
 だいたい日本人ってやさしすぎるのですよ」


これって目から鱗でしたね

年を取っての子供ですし、かわいいのと
どうしても意思疎通を取りたいと願う気持ちから
こちらから相手に合わせていたのです

合わせていけば合わせていくだけ
日本語にならないし、なるわけないんですよね

日本に住んでいれば
相手がわかろうがわかるまいがそんなことカンケイなし
何も考えず全部日本語で喋るでしょうし

私もそうやって育ってきたし、どこの家でもそうだと思います

考えてみたらごくごく当然のことなんですが、、、


そんな当然のことでも
日本から離れると見えなくなってしまう


カミさんは大人ですから
どうしてもチャンポン語で話してますが
それをそのまま子どもに引き継いではダメですよね

言語を習得させなくちゃいけないし
また複雑に考えなくても容易に収得できる年齢なのですから



それからはなるだけ日本語のみで話しかけるように努めています

「What mean?」

聞き返されるとチャンポン語で説明していますから
イマイチ上達は遅いかもしれませんが、、、


もっと早くこの人たちに出会っておけば、、、



人との出会いによって

「はっ!」と気がつかされることがあります

「灯台もと暗し」みたいなものですが


やっぱり人との出会いは大切にしていかなくちゃいけないですね


お師匠さんと奥さん

貴重なアドバイス、ありがとうございました

感謝しております




スポンサーサイト

コメント

ユキさん、こんばんわ。

昨日、フィリピンより暑い日本を離れてバコロドに来ました。
やはり、フィリピンの方が涼しいですね。

子供が覚える言葉は、ユキさんの師匠の奥さんの言われる通り、
ちゃんぽんにせず、日本語は日本語だけ、英語は英語だけの方が
良いようです。子供の話では、その方が頭の中で、英語と日本語を
切り替えて理解できると言っていました。子供の理解力は凄いですよ。

追伸、昨日バコロドに着いて聞いたところなのですが、家に物を送って
戴いたそうで、気を使わしてすみませんでした。そして、ありがとうござ
いました。

今後とも、気を使わず気楽にお付き合いを、宜しくお願いします。

[2013/08/25 19:39] URL | founder_tp #EBUSheBA [ 編集 ]


ファウンダ~さんおはようございま~す

もうバコロドですか、いいですね
木陰でさわやかな風に当たりながら朝のコ~ヒ~
昼からはサンミゲルとワイン

今年の日本の暑さを忘れて、身体をいたわれますね

実は、5月の渡比時に持って来ていたのですが
住所を書いた手帳をひとつはレイテ、もうひとつは日本

、、、のはずが、、、ボケも進行しているのか?

ふたつとも日本に持って帰っていたらしく「あらま~~」

まあいつもこんな調子ですが、、、


子どもの能力って信じられないほどのものを持っていますね
余計な大人の考えより
それを信じて、それを伸ばす方向でやってみようと思っています

奥様にも宜しくお伝えください


コメントありがとうございました

[2013/08/26 10:12] URL | 徳衛門 #- [ 編集 ]

私も日本語を教えていました。
5年ほど前にセブのNPO法人から子どもとお母さん達に、日本語を教えて欲しいと依頼され、教員の経験もないのに、お手伝いをしました。
6歳から12歳の子供グループと20歳から45歳ぐらいの大人グループでは、子供グループの方が断然上達が早く、授業も楽しかったです。
[2013/08/26 20:46] URL | ヤマハバイク #NJ0Ftjh2 [ 編集 ]

Re: 私も日本語を教えていました。
ヤマハバイクさんおはようございま~す

貴重な経験をお持ちですね
子供たちと楽しみながら学習できるって素晴らしいことだと思います

子どもは入ってきた情報(目でも耳からも)をそのまま素直に反応して
またその適応力も
神様が、どこにいても生きていけるように作ってくれたのじゃないか
そう思えるほど神業みたいなところがありますし

大人になるとなかなかそうはいかないですが、、、
子供のころから自然に馴染む、これが1番良いのでしょうね

タクロバンとタイのチェンマイで
カレッジの第2外国語で日本語を勉強した二人と話したことがありますが
「日本語は難しすぎる」と

どうしても文法中心学習になってしまうでしょうし
それをマスタ~すればカンペキな日本語にはなるのでしょうが
日本人の私でさえ文法の時間は退屈で仕方なかったですし

ぜひお会いさせてもらって
ヤマハバイクさんのお話しを伺ってみたいです

コメントありがとうございました
[2013/08/27 05:32] URL | 徳衛門 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/667-3980a87b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)