FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます


先日タクロバンに行ったときガイサノで凧を買いました

1個25P
安いのですぐ壊れたら・・・と3個

翌日天気が良かったのでさっそくビ~チに行き
イカ釣り用の糸に繋いで初めて気付いたのですが
カイトと呼ばれる今風の凧・・・・骨がないんですね

日本で子供たちが遊んでいる姿は見ていたのですが
てっきりプラスティクの骨がついているとばかり思っていました

私が子供のころは竹を削って組んで障子紙を張って
尾っぽはすぐ破けるけど新聞紙を切って糊でつないで・・・・
今のマンションなどの広告紙だとあまり破けないでしょうね
見ることもなく捨ててますが・・・・

カイトは両端にビニ~ルを折り返し接着した吹流し状の円筒が2個あるだけ
尾っぽはほぼ無いに等しいくらいだし・・・・

こんなんで飛ぶのかな?

しかし揚げてみると軽いせいもあってすぐ揚がりますね
子供のころのように必死に走らなくても・・・

尾っぽが短すぎるのですぐクルクル回って墜落の危険性も
超低空のとき1度なりましたが揚がってしまえば安定してますし

科学なんでしょうね

考えてみたらジェット機のようなものかも・・・??

昔、知り合いにパラグライダ~やっているヤツがいて
見せてもらったとき、上に吹流しがびっしりとついてました

その吹流しの大きさ、絞り具合、角度で
落下飛行角度(6:1~3:1)が調整できるとか・・・
2:1になるとパラシュ~トになるそうで

私はチンプンカンプン
今パラシュ~トは半球状じゃないんだ・・・くらいしかわかりませんでしたが・・・


しかしこのカイトかんたんに揚がるし
いつまでも気持ちよさそうに風にそよいでいます
吹流しの角度のせいか
凧糸の長さの割りに高度は低いようですが
まあこれはこれで・・・・

まあ日本の凧というより
「さらんご~ら」でしょうね

日本の凧のような緊張感はないけれど
のんびり~~と気持ちよさそうに浮かんで・・・・

こちらまで「のほほん」と・・・・


ケンケンが喜んでやってますし
途中から太陽が燦々となっても帰りません

私はたまらずカテ~ジに避難

1時間たったころ
「ホット、ホット、シ~、シ~」と指差してきたので
凧糸を柱に引っ掛けて一緒に海へ

レイテの空に浮かぶ凧を海から見るのもなかなかいいものです


しかしけっきょくそれを繰り返し3時間

2人とも日焼けして
まあ帰ってからのサンミゲルが一段と旨かったですが・・・・


ここらで曲にしましょう

Gino padilla の「Closer you and I」でも・・・・


Closer you and I


こちらのFMからよく流れてくる曲で
フィリピンの曲か?
いつものパクリかはわかりませんが
けっこう好きな歌です



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/67-05442db7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)