FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
よくわからないことですが、、、
朝晩は冷えますが日中はまだ暑い、アチイ、、、ですね


今回は、8月末の気温が下がりだしたころから母の調子が悪く
オタオタしております

風邪引いたり、もどしたり

老人ですので痰が詰まれば死にますし
もどしたものが喉に詰まっても死にます

死なずとも肺に入れば肺炎を起しますし、、、

もう86歳ですので死に対しては受け入れるのですが

ただ、、、

私が面倒みているときをハズシて死んでよね

そんな調子でやっているとき


土曜日の朝
胃ろうのチュ~ブの根元に巻いているティッシュがビショビショ
色も黄色に染まっています

臭いをかいで「こりゃ~間違いなく胃液だよな」

胃ろうのチュ~ブのまわりから胃液が出てきたのでしょう

ますますマズイ展開に、、、

しかし3連休の初日、どうにもならないし、、、

家で寝かせておくより
デイサ~ビスのほうが看護師さんも二人いるし

そう思って、いつものようにデイサ~ビスに送り出しました

それからは特別に問題はなかったらしいのですが

日曜日の午後、帰宅の準備しているとき胃液が吹きだしたらしく
下着からスボン、ブラウスまで総替え

「あちゃ~~」

しかし月曜日も祭日ですし

「カンベンしてよね」


しかし、、、それからは胃液は出ず、、、

火曜日の朝、すぐさま病院に電話しました

胃ろう担当の看護師さん
いろいろ症状を詳しく聞いてくれ、先生に聞いてみます、、、と

胃ろうの医師というのは、まあ言ってみればスペシャリスト
担当外の医師では知識としては持っていても
実際の処置が出来ないのですよね

ただ、胃ろう患者は増えてはいるものの
内科のように毎日患者さんが詰め掛けるわけではなく
数ある病院を日にちを決めて、掛け持ちしています

看護師さんから電話があり

栄養剤、お白湯、薬などはいつものように注入して
明日の午後に連れてきてください、、、と

水曜日の午後がその病院の担当ですので、、、


ただ、、、


胃に穴が開いている状態、、、、

大袈裟な表現ですが
槍が外から胃の中まで突き刺さったようなもの

よく映画に出てくる血のかわりに胃液が「ピュ~ッ」と出ている状態で
そのまま放って置いていいものか?

ましてや、、、食物や水を入れていいものか?


まあ、しかし、、、現代医学のスペシャリスト

数千回、外から胃に穴を開け、槍を突き刺したままの状態で
死ぬことなく生き続けさせる達人、、、

もうこの域になると極意、、、の持ち主ですから、、、

黙って聞き受け
昨日の昼、車椅子を押して行って来ました


それにしても暑かったですね

普通の人だったら、、、

正午の、、、ましてや気温31℃、日陰の少ない道を2.5km
車椅子を押していく

そういった発想自体が浮かばないかもしれませんが、、、

最近私、運動不足なのか?
足が弱っているような気がしましたので、、、

30分ほどで病院に着き
すぐに血圧を測り、それから5分もしないうちに診察室に

担当のお医者さん、患部を見ることもなく

「それから胃液は出ましたか?」

「少しにじむ程度はありますが大量には出てないです」

「じゃ~~それでOKです」

「????」

「普通だと腸に下がるものが腹圧が上がり外に飛び出しただけで
 何の問題もないです」

「????」

私も少し考えてたところ

図に描いたりして説明してくれました


「元々、、、漏れる。漏れないというよりも
 漏れるものなんですか?」

キッパリと「はい。そうです」

「胃液がしょっちゅう飛び出すならスポンジを当てたらよいです」

「????」


それにしても人間の体って不思議なものですよね

外から胃まで穴が開いて、胃液が飛び出す状態でも

お風呂に入って問題ないし
ごく普通に生活できる、、、、って

何か騙されたような気がしましたが

これが現代医学なのでしょうね


帰りはタクシ~に乗って帰るつもりでしたが

頭が混乱したまま、またまた車椅子を押して帰りました


どう考えても不思議な世界ですね。医学って、、、


家の手前100mほどに長い急坂があるのですが
そこを踏ん張って押し上がっているとき

ふと、、、


弘法大師の教えじゃないですけど

「飛び込め!」「歩け!」


家に帰りつく頃は、なんとなく悟りのようなものが、、、


とりあえず、、、生きているからこれでヨシ

死んだときは死んだとき



あまりよくはわかりませんが

これからもいつものようにやっていこうと、、、



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/675-5a9ddabe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)