FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
毛糸の帽子
3月12日 水曜日

今日の最高気温は19℃まで上がるそうで

嬉しいような、、、

暑くてちょっと動くと、汗かきそうな、、、

もうこれで冬が終わったかな?

そんな気持ちもありますが

主夫ですから

今晩は雨になるということで
洗濯して布団干して、、、

やっとコ~ヒ~が飲める時間が出来ました


さて、、、


日本に帰ってきてから毎晩8時になると
ラスピニャスの約2名から連絡が入ります

PCの音声ジャックが壊れているのか
いまだに声はきこえず、カメラと文字だけですが、、、

ただ、、、

私の顔を見ると
「ぷっ」と吹きだし笑うのです

「Like a baby」 そう言って、、、


私自身も画面の姿を見て

確かに、、、

健太郎が生まれたばかりのときのような帽子を被っていますし


それにしても、、、

「そんなに吹きださんでもいいやん」

私は声に出して言いたいですね


髪がないから、、、

帽子を被らないと寒いんだ

なんたって暖房なしの部屋ですし


坊主頭は便利だし快適だし
お金がかからずサイコ~なんですが

冬、、、

これは致命的なんですよね


毛糸の帽子を頭に乗っけてないと
アタマだけ冷凍庫の中に突っ込んだみたいで

このまま「あの世」に旅立ってしまうくらい冷えるのです

なくしてしまい「ハッ」と気がつく切なさ、、、なんですが、、、


しかし、南国生まれの南国育ちの連中は

それが理解できない、、、

悔しいですね


ところでメトロマニラの夏はまだ経験してないですが

レイテだと5月の夏真っ盛りの時期でも

赤ちゃんに化繊の冬帽子被せて手袋させて
昔、ネルと呼んでいた布かタオルでくるんで、、、

バスでもジプニ~でも
ハンで押したように皆さん同じ格好させているのです

「それ、、、ちょっと暑すぎじゃない?」

まあ12月や1月だと日によって寒く感じる日もありますし
わかるのですが、、、

せめて綿の帽子ぐらいにしておいたら?


思わず、、、

「キミたち、、もしかして、、、
 スペイン人が冬の時期にやっていた風習を
 フィリピンに来てからも思わずやってしまい
 それをそのまま、、、赤ちゃんにはこうするのが文化的
 暑い時期でも疑いもせずやっているんじゃない?」

よくそう思っていました


しかしツルツル坊主になって早3年、、、

今になってみると、、、

南国は南国なりに

「赤ちゃんを冷やしてはいけない」

アセモより命が大事
実際、赤ちゃんの死亡率も高いですし

外人の私から見ると不思議な光景に見えるものでも
彼らは彼らなりの理屈があるのかもと、、、

そう考えるようになりましたね


そこで思い出したのですが

今では見ることもなくなった光景ですけど
私が子供のころ

夏でも腹まき巻いてパッチはいて

「腹から下は冷やしたらイカン」

バンコに座り、そう説教たれていたジイちゃんたちがいました


そのわりに、、、

靴下、、、

履いていなかったのですが、、、






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/729-90c124b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)