FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
真実を報道、、、しかし意外と怖いものかも
3月14日 金曜日

小雨が降って寒い福岡です

今日の早朝、緩慢な揺れでしたが地震がありました

それにしても台風もイヤですが、地震もイヤですね

築41年のこの家
今の状態で、、、壊れたって修理できませんし、、、


ここに住んでるとよく改築や改装の話を聞きますが

ちょっとさわれば300万円、、、

少し変わって500万円、いやいや、、、800万円だとか、、、

私なんてこの家が壊れたら
さっさとフィリピンの田舎でニッパの5万円ハウスに住みますけど

日本の老人ってお金持ってますね


ところで、、、

日本に戻ってきてすぐ話になるのが

「生きてて良かったですね」

「ご家族が大丈夫で良かったですね」

「家の被害は?」

まあタクロバンの惨状は日本でもニュ~スになったでしょうし
ここら辺まではいいのですよね

そのあと、、、

「すごかったですね」

まあ確かに、、、すごかったですし、、、

私がレイテに到着した12日でも惨状はそのまま
死体もまだよく見ました

近所のロヘリオのカミさんダダと
うちのカミさんの従姉妹の娘

台風の翌日タクロバンからサンロケまで歩いて帰ってきたそうですが

この世の地獄、、、

特に、タナウワンが国道をはさんで町があり
そこに密集して家が建ってますので

1番すごかったらしいです

家が全部倒れているので死体を置く場所がない
必然的に国道の端に並べるしかないですし

その側をふたりで死体を避けながら延々と歩いて帰ってきたらしいです


私はレイテで電気のない身の上
TVなんて見ることも出来ませんし
どういった映像が流されたのか実際に言って知らないのです

まあだいたいの想像で受け答えしていたのですが

話していると微妙に食い違っているような、、、

日本人って最初っからは「ズポリ」と突っ込んできませんし

話していると、、、

台風の被害もすごかったけど

配給の食糧の奪い合い、そしてそれが殴り合いの喧嘩になっていく

これがすごかった、、、と


「あらま~~」

そういった映像まで流されていたのですね

私も話しには聞いていましたけど、、、

「百聞は一見にしかず」

やはり映像で見ると、、、

特に日本人なんて「恥」を嫌う人たちですし
おぞましい世界だったのでしょうね


「参ったな、、、」


マスコミの撮影隊はたくさんの映像を収録するでしょうが
番組に編集するときは

衝撃的な部分だけを切って貼って繋げるでしょうし

ほとんどの人はごく普通にしていても
その衝撃的な映像を見た人たちは、まったく違う世界を見てしまいます

そして映像、、、

絵とか形あるものは
記憶の奥底でいつまでもそのままで残るのですよね

「あ~らら、、、」


四宮監督の「ごみ山」シリ~ズでも
実際にフィリピンに来てない人たちには

「フィリピンってほんとうに貧しい国だね」

「フィリピン人ってかわいそう」

まずその先入観から入っていくでしょうし

実際のピノイたちからは

「バカにするな!」そう言われそうですが、、、


いまさらながら思ったのですが

マスコミって大事なものですが、かなり害があるものですね

報道の自由、真実を報道している

まあ、確かにそれはそうでしょうけど
報道していない真実もいっぱいあるのですよね

意外とそちらのほうが圧倒的に多く
割合で言うとトンデモナイ数字になるのではないかと

衝撃的な映像、衝撃的な話題

人間、誰しもこちらの方になびいて行きますが
それだけに焦点を合わせるとカンチガイしてしまいそうです

振り返ってみれば

今の韓国、中国、アメリカ、それ以外のどこにしても

私たち報道しているところだけに焦点を合わせて
感じたり、考えたりしますが

意外と、、、大きなカンチガイしていることって
ありやしないか?と、、、


そんなことを考えてしまいました






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/730-728e7191
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)