FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なかなか良い本がありました
3月15日 土曜日

昨日は寒かったです

午後2時の気温が

12日 19℃ 13日 9℃ 14日 4℃

もう寒気団の南下は終了したか?と思ってたら

まだまだ、、、

しかし、、それにしても、、、

「ここまで気温が下がるか?」と

糖尿病のせいか膝から下が冷えて冷えて
厚手の靴下を履いていてもつま先が悴むような

12月生まれのせいか
寒さにはムチャクチャ強かった私なのですが

「こりゃ~いかんな」

体質改善しなくちゃいけないなと般若湯飲みながら考えてました


さて、、、

この2日間で久しぶりに良い本を読みました

日高義樹 「アメリカにはもう頼れない」



http://ecx.images-amazon.com/images/I/51r-X1ihSEL._SL500_AA300_.jpg


昔、NHKだったか

「日高義樹のワシントンレポ~ト」というTV番組を
何回か見たことはあったのですが
そのときはあまり特別な印象を持っていませんでしたけれど

本を読んでみると、、、

初版が2010年10月31日で最新の本ではないのですが

アメリカの流れがわかるというか
アメリカがどのような考え方で進んでいっているのかを解説されています

そのことを理解すら出来ず
バカなことばっかりやってた民主党政権の鳩山首相、小沢幹事長、菅首相
この3人の大罪を糾弾していますし

オバマ政権のことも詳しく書かれていて
今でも充分通用しますし

なぜアメリカが今、日本にこのような対応をしているのか
それを3年以上前に解き明かしてくれています

まあ本を読んでいただくのが1番良いのですが
かんたんに言うと


アメリカはもう東アジアの戦略を完全に転換していて
それまでは敵だった中国、北朝鮮とも現状維持

最悪の場合でも戦争によって解決するなんてサラサラ思っていない

ハワイ、アラスカ、グアムのトライアングルゾ~ンから
必要とあれば牽制行動をとるだけ

現在では在日アメリカ空軍基地(沖縄を含みますが)の重要度は低いそうです

ただ重要度が低くても牽制行動を取らなくちゃいけない場面もでてきますから
在日アメリカ空軍、各基地司令官は

基地施設の管理責任者

いわゆるアパ~トの管理人みたいなもので
いざというときハワイ、アラスカ、グアムからやってくる空軍のために
基地の整備管理を行うだけ

すべてはハワイの司令官の責任の下で作戦を行うと

したがって韓国と北朝鮮で戦争が起こっても陸上戦闘には介入しないし
日本と中国の尖閣諸島問題で、もし戦闘が行われても介入しない

ただ、、、間合いを見て牽制行動をとり
相手国に自重させるだけ


つまりアメリカとしては極東で牽制行動以外での軍事作戦は行う予定はなし

もし米軍に対し挑発的行動があればそれを懲罰し二度と行わないようにするのみ


アメリカの弱体化と軍事予算不足の中
地上戦に対する備えは中東方面に振り向けなければいかず

中国、北朝鮮は敵ではなく、、、現状維持で推移させる

そのために日本が憲法を改正し
安保条約を破棄、再軍備、そして核を持つことも

日本の周囲の国がゴチャゴチャ言うけれど
それをうまく乗り切ることができれば反対しないと

目からウロコでしたね

もちろんアメリカでもいろんな考え方の人たちがいて
一枚板ではないでしょうが、、、

要はアメリカは冷戦構造が終わり
日本のためにアメリカ人の血を流してまで戦争する気はないということですね

要は周囲の国とモメずに現状維持でやってくれ

そうじゃないとアメリカとして迷惑だ


また日本が再軍備しようが核を持とうが
アメリカと戦う意思すら持てないほどの設備を長年に渡って整備していると

トライデント核ミサイル
このミサイルのなかに核爆弾が10個搭載されていて
それがまた10個バラバラに指定した別方向に飛んでいく
その1個が広島、長崎型の1000倍の破壊力

原子力潜水艦SSBNはこのトライデント核ミサイル発射菅が24基
1隻で広島型の1000倍の核兵器が2880発

その原子力潜水艦SSBNが14隻

レイテ戦のときのように日本陣地から大砲1発撃つと
米軍から100発返ってきて

「もう二度と撃つな」

それより核で壊滅的ですから逆らえませんよね



もっと私流に極論を言うと

アメリカにしてみれば日本が完全に軍備を整え、核を持っていたほうが
周辺の国と戦争にならず、モメ事も減る

中国や北朝鮮が仕掛けてこれないから

お互いに核を持っていれば戦争になりません
まあよく言われる核の抑止力ですよね

もっと突き詰めれば

今のままだと中国が仕掛け、日本と戦争になり
もし中国が日本に核を発射すれば、アメリカも中国に対し核を使わねばならない
アメリカが日本と中国の戦争に巻き込まれる可能性もある

そういったことも考えられます


それでアメリカとしては日本が充分それを理解し
アメリカの核の傘に入っておきたいなら今までのつきあい上、許す

そのかわり隣国とのイザコザは許さない


そういった事情を考えれば

今のアメリカの日本に対する理不尽さがよく理解できますね

中国にしろ、韓国とのことにしろモメるな。自制せよ


逆にアメリカの立場だと

自分の国の主張を通したいのなら
モメたとしても自分で解決出来るようになってからやれ

モメるだけモメて
後は安保条約によりアメリカが助けてくれる

そんな甘えたことは許されない

そういったことでしょうね


安倍さんが靖国神社に参拝したときでも

靖国神社に参拝したこと自体への失望ではなかったようです
それによって韓国と中国とでモメることになることへの失望でしたよね


しかしその方向に行こうとすれば
また極悪3国がゴチャゴチャ言い出す

それによってアメリカが自制を求める

イタチゴッコというか、、、

悪く考えると

中国も韓国もアメリカの意向を読みきっているのかもしれませんね



国が違えば考え方も違うのはわかりますが
それにしてもアメリカは勝手すぎる

そう思いますが、、、

なんとなく読めてきたところがあります


たった一冊本を読んだくらいでわかったようなフリしてますが、、、


しかしこの本以外にも著書多数ありますので
読んで損はないようですが、、、




http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_ss_ime_i_1_2?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%E6%97%A5%E9%AB%98%E7%BE%A9%E6%A8%B9&sprefix=%E6%97%A5%E9%AB%98%2Cstripbooks%2C787



NHKワシントン支局長、アメリカ総局長を歴任され
交友関係も広いでしょうし

ネットのよくわからない人の記事を読むより
納得感があります

アマゾンで買わずともブックオフで105円ですし、、、

私も少しずつ105円、4月から108円
ブックオフで見つけたら買って読むようにします

もちろんこれに偏らず
反対のこと書かれている本も読まなくちゃいけませんけど、、、






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/731-ece9ca14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。