FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
ちょっと本音を書いてみます
3月17日 月曜日

昨日今日とお日様いっぱい、暖かい春日和です

昨日は母の車椅子を押して菜の花を見に行きましたが
もう桜の蕾がだいぶ大きくなっています

春ですね

もう寒波よ、、、絶対来るんじゃないぞ

わかったな!

そう自分に言い聞かせております



さて、、、

安倍さん、追い込まれてきましたね

支持率も5割を切ったそうで、、、

しかし、、、それもしても国会でのあの無念そうな表情

私のようなものでもつらいものがあります


「景気が良くなったと感じられないインフレ」で庶民は苦しんでいるとか
よく書かれてますが

この人たち、、、バカじゃない

ついそう思ってしまうのです

今までのデフレ政策と円高で疲弊しきった日本が
インフレ政策に舵を切ったからといって
すぐさま末端まで景気が良くなるわけないでしょう

トショウヘイの

「白いネコも黒いネコも先に豊かになれるものから豊かになっていけ」

これと同じようなもので

まず大手企業から恩恵を蒙り、それが賃上げ、設備投資にまわり
やがで徐々に浸透していく

これが普通じゃないでしょうか

もし瞬間的に効果のあるものならもっと以前にやってますよね

「生みの苦しみ」でかなりつらい場面が必ず出てくるから
デフレ政策を続けてきたのでしょうし


慰安婦問題にしても
ストレ~ト勝負したいし、すれば必ず勝つ

しかし、、、

アメリカの意向にいますぐ拒絶は出来ない

それであの苦しい表情が出てきたのでしょうが、、、

まあアテには出来ないことはわかっていますけど
「外務省は何をやっていたのだ?」そう思ったのです


そこで思い出したのが
以前、何で読んだのかもう思い出せませんが

ある人が小室直樹さんに

「日米戦に至ったさいの1番のミスとは何だったと思いますか?」

この質問に、小室さんは

「交渉相手を間違えた。これが1番のミスです」

この小室さん、、、

まあ天才なんですが
天才なりにチョット変わったところもある人なんですよね

しかしこの説は卓見じゃないかと

当時の日本の政府はアメリカ政府
政権党の民主党とばかり交渉を重ねていたそうで

元々、ル~ズベルトは戦争をやるつもりですから
こんな連中と交渉してもイミがないのですよね

アメリカは2大政党制ですので
日本は搦め手ではないですが、親日派が多い共和党の有力者と交渉を重ね
このままでは戦争にまちがいなくなるし、その戦争は何も生み出さない

アメリカはとりあえず、、、民主主義を標榜してますし
選挙のたびにクルクルと担当政権党が変わります

逆を言えば、、、どちらも同ぐらいの力を持っているのですよね

こちらから日本の主張とアメリカの主張を摺り合わせていけば
戦争は回避できたかもしれないのです

アメリカ国民は「戦争は絶対反対」だったのですから、、、

しかし日本の外務省

真面目というか、一本気というか

敵の本丸だけしか見ていなかった

それで結局追い込まれて戦争に至ったのですが、、、

今回のことでも

確かに今アメリカは中国派が多い民主党政権です

そして外務省は民主党政権の意向だけを政府、首相に伝えてやしませんかね

アメリカの民主党も日本の民主党と同じようなもので
左派が多いですよね。そしてマスコミを味方につけています

その最左翼がオバマさんらしいですけど、、、

「核のない世界を創りたい」とか鳩山さんと同じように
現実にはまったく不可能、ただの思いつきで話すところも一緒ですが、、、

それと、、、

アメリカの民主党もそうですが
外務省ってけっこうサヨちゃん思想の人も多いのではないかと

天木直人さんっていますよね

小泉さんのときPKOに反対して外務省を飛び出した
硬骨漢とか言われていますが

しかしこの人、、、東京裁判史観というか

日本が悪いのだから土下座しておけば世界はうまくいく

そういったサヨちゃん思想の持ち主ですね

尖閣問題で中国の反日闘争のさいも
日本が更迭した丹羽宇一郎前大使を
三顧の礼を持って大使に復帰させるべきだとか

わきゃわからないこと書いていましたし

まあこの人は外務省から外に出たので言論が自由
それでこういった人も外務省にいるのだな

そうわかりますが

外務省の中にいる人たちって
個人的な発言をしませんし、どういった人たちなのかわかりませんよね

意外と同類項の人たちも多いのかもしれないですね

民主党のとき石原さんが
東京都が尖閣列島を買い上げると発表し実行に移していると

外務省の高官が「そんなことしたら中国と戦争になる」

それで民主党政権は尖閣諸島を国営化して
とんでもないことになったのですけど、、、

まあ結果として

私自身、そうなってよかったような気がしますが



アメリカが悪い、横暴だ、日本を目の仇にして理不尽なことを要求している

しかし、、、

そのようなことにならないように
やってこなかったのは外務省ですよね


自民党政権といえ外務省から一方通行の情報しかもらえないわけですから
それで判断していくしかない

それが今回のことに繋がって行ったのではないかと思うのです

そういうふうに考えていけば

外務省が1番の日本のガン、、、ということになっちゃうのですが、、、




それと、、、、ついでで悪いですが、、、


田母神さん

「日韓首脳会談などしなくても日本は全く困りません」

こういった発言はですね、、、

もちろん言論の自由が保障されているのですから
何を発言しようと自由なのですが

そんなことは誰しもわかっていることなのですよね

日韓関係だけならそれで済むのですが
日本も韓国もアメリカの極東政策の中に組み込まれていますし

その決定権を持っているアメリカに対し
根回し、脅しも含めて日本の意向を理解してくれる人たちを
増やしていかなくちゃいけないのではないでしょうか

まあブレ~ンが弱いのでしょうが


これだと

「原発はすぐ撤廃するべきだ」「核兵器のない世界を作ろう」

などのサヨちゃんや

「韓国はもちろんのこと、アメリカが悪い」

ネットウヨと呼ばれている人たちとなんら変わるところがありません


良いことばかりならこの世は天国ですが

なかなかそうもいかないですし

誰しも原発や核兵器なんてないにこしたことはないですが
やはりそこには存在理由があるから存在しているのですし

アメリカが悪いと言っても
アメリカにはアメリカの理由があるでしょうし

韓国には韓国の、中国には中国の


この2国は私も絶対に認めたくないですが、、、


安倍さんが、、、

あまりに気の毒なので

ちょっと本音を書いてみました


在比困窮邦人予備軍の先頭を走っている私の独り言ですから


まあ許してくださいね





スポンサーサイト

コメント
ブレーン 能タリン
日本の官僚は平和ボケで、自分だけしか考えてません。
[2014/03/17 14:37] URL | バボィパパ #5Knz6/Fs [ 編集 ]


バボィパパさんおはようございま~す

直球ど真ん中ですね

韓国は首脳会談したければ慰安婦に保障などと

下がれば必ずつけ込まれますよね

「一歩も引けない、引けば必ずつけ込まれ2歩引くことになる」
この意味を理解できない日本人なんでしょうね


[2014/03/18 10:52] URL | 徳衛門 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/732-013b8ea0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)