FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
バリックバヤンボックスの長い旅路
3月23日 日曜日

世間では3連休だったのですね

なんせ、、、私の部屋のカレンダ~は出発したときの11月のまま

今回、帰ってきたのが2月末ですので
いつも貰っていた薬局も在庫なし、、、

やっぱり大きなカレンダ~がないと不便ですね


この3連休でマニラに行かれた方もいらっしゃるでしょうが
私はこの3日間寒さに震えておりました

ラスピニャスの約2名は

「ホット!」「イニット!」を連発しておりますが

ひとつだけ良いニュ~スが入ってきました


昨日、すぐフリ~ズする画像と手打ち文字でやり取りしていましたが

「Papa We got balikbayan box today」

「Oh good!」

「Some books have water damage」

「Ok na」


思い出せば、去年の10月14日に福岡を発送して

長い長い旅、、、5ヶ月と少し、、、

やっと到着したようです

まあ今回は台風騒ぎもありましたけど、、、


日本の発送はトランステックという会社に頼んだのですが
レイテでは

電気がない、携帯が使えない、もちろんランドラインもダメ

スリガオに行ったときトランステックに電話しました

電話に出たマニラのおねえちゃん

「今日マニラに荷物が到着したから
 明日か明後日にLBCのトラッキングナンバ~がでるので
 そのころまた電話してくれ」

出ました~~~

ピノイの必殺得意技!

ややこしい話になると
まるで本当にあったことのように、なめらかに口から勝手に出てくる

でまかせ、、、

テキト~なことを言って、三十六計逃げるが勝ち
後は知らぬ存ぜぬ、、、で保身に努める人たちですし


フィリピンで商売してある方はたいへんですよね


トランステックの配送システムは
金曜日までに横浜倉庫の到着分を翌週通関手続きして
コンテナに積み込み、その金曜日に船が出発だそうです

私の場合、通常なら発送から10日後に船が出発
たぶん台湾径由でしょうね。日本を出て7日後にマニラ港着
それからだいたい1週間ほどでレイテに配達

通常だと23日前後で到着しますので
だいたいそのくらいですよね

それが38日目にマニラに到着とは

その船、もしかして、、、、

オ~ストラリアにでも行っていたのかい?

そう言いたいところでしたが

レイテでは配達なんてできる状況じゃなかったし
そんな女と高い電話代かけて話す必要もなかったので
そのままにしておいて

タクロバンに行ったときLBCの店長とやり取りしました

台風の前に到着し保管してあった荷物はすべてマニラに戻したとのこと

電話が繋がるようになって再度トランステックに電話しました

LBCのトラッキングナンバ~を教えてもらい
11月4日にタクロバン営業所に到着したが
台風到来のため11月7日にマニラに転送済み
今、レイテの荷物はすべてアラバンの倉庫に保管していると

「私たちはもうすぐラスピニャスに行くから
 そのままアラバンで保管しておいてくれ」

それから8日後、ラスピニャスに行き、部屋を借りて

再度トランステックに確認の電話を入れると

「アラバンの倉庫で保管しているので近くのLBCの営業所で
 倉庫の詳しい場所を聞いて引取りに行ってくれ」

「よ~~し、さあ明日アラバンに荷物を受け取りに行くぞ」と電話を切り

そのままLBCスタ~モ~ル営業所に直行しアラバン倉庫の場所を尋ねました

ただ、、、

係りの人は首を捻りながら

「その荷物は10日前にレイテに再度到着しているのですが、、、」

「えっ、、、?」

 10日前と昨日、2回確認したんだけれど
 アラバンの倉庫にあるって話し、どこから出たんだ?


とりあえず荷物を
LBCスタ~モ~ル止めで転送してもらうことになったのですが

それからスタ~モ~ルの店長さん
PCシステムで転送依頼、タクロバン営業所にメ~ル
LBCホットラインを使って奮闘してくれました

カミさんはホットラインへの電話は5回くらいで

「こりゃ~ダメだ」と諦めましたが、、、

ホットラインって、ただのコ~ルセンタ~なんですよね

話を聞いていると
コ~ルセンタ~ですから大勢の人が交代で電話受付しているそうですが

キチンと責任持ってやる人もいれば、詰めが甘い人もいる
引継ぎがうまくいってないことも多い、、、と

まあ組織が大きくなると必然的に現れる問題なのですが


私たちも転居したばかりで、ないものばかり
毎日のように買い物のついでにスタ~モ~ル営業所に行きましたが

店長さんとスタッフの人たち
毎回誠意を持ってやってくれてました

しかし、、、

タクロバンの方が荷物を出さないことには到着することはないですし


そしてやっとクリスマスに荷物が到着したのです

2個送ったうちの1個だけですが、、、


それからその店長さん

何10回、電話、メ~ル、PCシステムによる転送依頼をしたか
わからないほどやってくれますが

まだ残りの1個が転送されてこない

やはりタクロバン営業所の対応に
あちらこちらからクレ~ムが入っていたのでしょうね

途中から店長の携帯番号は
どこの営業所でもわかるようになったらしいですが

肝心の店長がその電話に出ることもなく、、、


注文した料理が半分出てきて
後半分がいつまでたっても持ってこない

追加のビ~ルも持ってこない

そんな気持ちでしたが

待てども待てども転送されてきません



2月の中旬に

「もう、私はあと2週間で日本に帰る
 そうなったら引取りはムリだから配達してくれよね
 それからしばらく待っても来なかったら
 日本側で紛失ということで 損害賠償の手続きに入るから
 そうなると最終的には
 タクロバンの店長に何らかのペナルティがくると思うよ」


そのころには店長の電話番号では意味がないと
営業所全員の携帯番号が明示されるようになったらしく

スタ~モ~ルの店長さん

必死にタクロバンの全員の携帯にかけまくり
奇跡のようにやっと繋がりました

まあ相手はたまたまヒョッコリと出ただけでしょうが

その話を伝えるとタクロバンのスタッフも少しビビッていたそうですが

そこはフリピン、、、

一度ス~カットに転送したらしく、、、

なぜラスピニャス LBCスタ~モ~ル止めが
SMス~カットLBCになったのか?不明ですが、、、

受取人が来ないために再度タクロバンに返却されて

そして肝心のその荷物
伝票の張り間違えかどうか知りませんが配達完了になっていて
番号が浮いてしまっていると、、、

それならもう1個、実際は受け取っている荷物の番号を使って
転送すればいいじゃない

そう思いますが、、、そこはフィリピン

勝手に仮伝票が作れず
その伝票のままじゃないといけないシステムだそうで

ピノイはピノイの能力を過信しているところがときどきありますね

まあそこまでアタマが回らない、、、のかもしれませんが


史上空前の台風により
電気がなし、通信もダメ

携帯がやっと繋がるようになっても電気がないので
ジェネレ~タ~をまわしてPCを動かしていますが

たぶん、、、苦情の嵐


そのころタクロバンの店長は

「もう死んだ身の上、槍でも鉄砲でも持ってきやがれ!」

もう諦観の域に到達していたのかもしれませんね

それだけやっても転送されてきませんでしたし


私も帰国して20日
そろそろトランステックにメ~ルでも送ろうかな?

ウソツキ女のことと
アラバン倉庫に荷物があるから引取りに行ってくれとの男

その結果、紛失

トランステックはこれからも利用しなくちゃいけないでしょうし
あまりモメるのは好きじゃないですが、、、

発送から5ヶ月過ぎましたし

そう思っていたときに荷物が届いたとの連絡

よかったね

もしお金を貰っていたら返さなくちゃいけなかったです


日本では考えられないほどの長さでしたが

フィリピンですから、、、

まあ仕方ないね。届いてよかった

LBCスタ~モ~ルのスタッフに
挨拶がてらチョコレ~トでも持って行ってくれとカミさんに話しました

まあカミさんもそのつもりだったそうですが、、、


日本だと

「そんなもの食えるか!」でしょうが

そこはフィリピン、、、

「美味しいね。荷物が到着して良かった良かった」

みなさん笑顔で終了になるのじゃないかと、、、、







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/733-3704e854
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)