FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
少し、さびしい花見でした
3月28日 金曜日

火曜、水曜日と雨だったのですが
昨日はよく晴れて気温も上がり春爛漫

午前中に自転車に乗って買物に行ったのですが
桜が満開になっていました

「あれ~~???」

火、水曜日はまだ咲いてなかったのに

もっとも雨だったので買物に行ったのは夜7時ごろ
刺身が半額になる時間にしか出かけなかったし
暗いのでチラホラ咲いているのを見落としていたのかもしれませんが

天気予報では

「今週末、桜が満開になりそうですが曇りから雨
 残念ですね」とか言ってましたけど

「はずれ~~寒波も来たし、やっぱり4月1日ぐらいじゃないかな」

そう思ってたのです

キツネにつままれた気持ちで桜並木の下を走ってましたが

やっぱり桜って良いですね

桜の花の薄いピンクと菜の花の黄色
それに清流の川がピッタリと似合って

まさしく日本の風景です

日本に生まれてよかったな、そう思うときですよね

その桜の木も、先代の日本人の方々が
1本1本、手で植えてくれていったものですし

母にも見せてあげたくて、4時にケアホ~ムに迎えに行き
車椅子を押しながら連れて行きました


母は最近

「久保に帰りたいねぇ~」

よくその言葉を口に出します

久保というのは母が生まれ育ち
父と結婚するまで住んでいたところで

かなりボケていますが
子どものころを夢見たり、思い出しているのかもしれません

もうすぐ逝っちゃうのかな?

亡くなったら分骨し
従兄弟に頼んで母の里の墓地に入れてもらおう

かなりのばあちゃん子だったらしいですので
その側の方が喜ぶだろうし

そう考えていたところでした



母はじっと桜を見続けていましたね

今年が最後の花見になるのかな?

来年は久保のお墓の桜を眺めることになるかもしれない

ふと、そんなことを思いましたが、、、


しかし、、、


かなりのクソばばあ、、、


「アンタ、去年逝ってしまうちゃなかったと?」


そう思いながら

来年もタメ息をつきつつ

車椅子を押しての花見になるかも、、、ですね




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/735-aaf0d6db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)