FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
田舎者の初めての体験

6月14日 土曜日

昨日は激しい雨も一休み
午後2時前に学校へケンケンを迎えにいき
4時半まで読み、書き、計算

「もうバスケットボ~ルやってきてもいいぞ」

息子は喜び勇んでボ~ル持って飛び出していきました

私は「ちょっと早いかな?」とは思いつつ

サッサと水浴びして
サンミゲルグランデの王冠を「プシュ!」

5時過ぎに私の電話が「リ~ン・リ~ン」

日ごろ電話がかかってくることもないもので
「間違い電話かな?」

携帯の表示を見ると
ラスピニャスに住んである方で

先週日曜日、到着の挨拶しにいったとき

「来週は外でご飯食べましょう。安いところがありますので」

そう言ってくれていたのです

「仕事も全部終わったので6時過ぎに迎えに行きますから」

それからカミさんに息子を迎えにいかせシャワ~
もちろんカミさんもシャワ~

ピノイは必ずシャワ~しないと外に出ませんので
なかなか忙しいですよね

私は残りのビ~ルを飲みながら見てるだけですが、、、


やがて奥さんと一緒に迎えに来てもらって
インタ~ナショナルスク~ルを左折

「これトロピカルアベニュ~でBFホ~ムズに行きますよね」

「そうです。今日はBFホ~ムズの中にある店に行きます」

昔、何かで読んだことある弁当屋さん
お値段もお手ごろだし
お客さんも楽しそうな家族連れのピノイでいっぱい

地元に溶け込んでいる店でしたね

カミさんと息子には天丼とカツ丼を注文しました

トンカツと天麩羅ならレイテ生まれのレイテ育ちの約2名も
問題なく食べられるだろうし
二人で分け合って食べればちょうどいいし

ただ、カミさんはカルフォルニア巻がおいしいと

息子のほうは、、、

私はすっかり忘れていたのですが
海老の天麩羅が大好き

そういえば4歳のころ

「ケンケン らいく しゅりんぷ」

ご飯やそれ以外はまったく手をつけず
海老ばかり食べていたのを悪夢のように思い出したのです

案の定、、、、

カツやカルフォルニア巻、たまご焼きには目をくれず
ただひたすら、、、海老、海老、海老、、、

レイテでも海老は高いけど
マニラはその2倍、3倍するんだぞ、、、

まあ1年に1回あるかないかのことですし
食べさせてましたけど、、、

次、おまえさんが海老にありつけるのは
12月の誕生日
サポ~テマ~ケットで海老買ってきて我が家で天麩羅するときだけだ

今回は思わずのラッキ~だから
10倍よく噛んで海老の味を体の隅々まで至らしめとけ

日本人のおじさんたちは
ビ~ル飲み、少しつまんで話しているだけだったのですが
楽しいひとときでした


知り合いの方は親切にも
行きも帰りもBFホ~ムズの通りをぐるぐる回ってくれて

ここがイタリア人が作っているピッツァの店
ここは日本人の店
ここは一見日本料理店だがオ~ナ~は中国人
ここは日本人だが極めている人で、その分お値段も、、、とか紹介してくれました

マニラといえばマカティがすぐ連想されますが
BFホ~ムズもひとつの独立した街なんですね

コリアンの店も多いですが
金曜日の夜ということもあって
きらびやかというか、活気がありました

車の中で息子に

「パパは賃貸縦割り長屋が精一杯だが
 おまえは将来ここで土地と家を買って
 この国で中間クラスの生活を作っていけ」

庶民の私と庶民以下のカミさん
私たちは庶民の暮らしで充分ですが

やっぱり子どもにはこういった街で

普段は慎ましい暮らしをしながらも
ときどきは家族揃って外食したりする
ほのぼのとした家庭を築いて欲しいなと

確かに「華」がある街ですし
夢を見させてくれる街ですよね

約2名も初めて見る光景
レイテにはもちろんないし
メトロマニラの縦割り長屋村でも縁のない風景

やはり別世界に思えるのでしょう

じっと見つめていました


今回、食事だけでなく田舎者の私たちに
夢まで与えてくれた

親切な方に感謝です



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/764-95c421b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)