FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
死の行進ル~トを歩いてみました Ⅱ



火曜日 朝4時に起床

まだ暗いし、ちょっと早いかな
そのとき昨日の飲み残しの500mlの缶ビ~ル

捨てるのは惜しいし
かといって持って歩くのもしんどい

コ~ヒ~代わりに飲みました
タバコも立て続けに6本

昨日はバスと歩きで栄養不足、タバコ不足でしたので
身体が欲していたのでしょう

ただ後で、、、ケチなこと考えなければよかった

かなり後悔しましたが、、、、

もういったん体に入ったものは消化してしまうのを待つしかありません


さて、5時になったので出発
昨日暗くなってからの到着でしたので回りの様子は分かりませんが

ここは山の頂上近く

なんとなくフンイキ的に
0kmの基点はこの山の反対側にあるような気がして
坂道を登り始めました

もうすぐ頂上だな、、、というところで
人がいたのでたずねてみると

この先はマルコスの邸宅があって行き止まりとか

「くそったれ」と思いつつも

「よかね~私もこんな国で権力を一手に握って
 思いどうりにしたかね」

坂道を下りながらそう思いましたね

やがてトライシケルスタンドで
「デスマ~チ スタ~ティングポイント」とたずね

私は終点を知らないだけでなく
始点がどこにあるのか?
どのような道を歩いていくのか?

それすらも知らず、、、

ただ思いつきで飛び出してしまいましたから

マリベレスで降りたものの
さてどちらに向かって歩けばよいのか分からなかったのです

ドライバ~が3人ぐらいで話し合っていましたが話が決まったのでしょう

これに乗れと、、、

もうハイスク~ルの女の子が2人乗っていて私はバイクの後ろ
500mぐらいで女の子は降りて、右に曲がり300mほどか

なんてことない

昨日のジョリビ~の横の児童公園みたいな場所に
スタ~ト地点はあったのです


IMG_0950.jpg




昔から集合場所はそこの中心というか
便利な場所にあるものなんですね

朝のマリベレス
天然の良港ですね

昔は海賊の巣窟だったかもしれませんが
攻めるも守るもコレヒド~ル島とともに要所だったでしょう


IMG_0943.jpg




IMG_0948.jpg



5:40 歩きスタ~ト
日差しが強くなる前に距離を稼いでおかないと
その気持ちはあるのですが

しかしすぐ上り坂、、、

足のマメと股ずれが微妙に私を苦しめます


IMG_0953.jpg


それでも一歩ずつ登って登って
山道ですから木陰で直射日光が当たらないのが幸い

登りきると今度は日光が強すぎて
ア~チがかかっているところのサリサリでコ~ラ休憩


IMG_0955.jpg


道は広いですが右左の木陰を求めながら歩いていきます

ただ丘陵を切り開いた道なのか
下っては平坦、また上っては下り、また平坦

分岐があって本道と旧道みたいなかんじで
たぶん右側が行進道路ではないかと
聞いてみるとやはりそうで、、、

ただひたすら歩きます

やがてちょっとした町になり狭い道の両側には店が続いて
その分、風も通らず暑さもものすごく

屋台の果物屋でバナナ1本10P

「ミンダナオ?」

「おお~~」

「マハ~ル な」

皮も剥いたパイナップルも食べたかったのですが
レイテだと15Pがここでは45Pだし、、、
腹が痛くなっても困るし

あきらめてまた歩きはじめました

すぐまた国道というかバイパスに出て
もう11時過ぎ

日差しが強すぎて前方が白っぽく見えます

それから休み休み1時間ほど歩きましたが
バス停にてダウン

1km歩いて 小休止
また1km歩いて 中休止
今度は500m歩いて 大休止

まるで全身の血液が沸騰しているのではないかと思えるほど、、、

こんなことは初めての経験でしたね

もうそうなると体自体がオ~バ~ヒ~トでしょうから
ラジエタ~が壊れた車のように
収まるまで水入れて冷やす、、、、

水を1L飲んで横になるとそのまま爆睡

30分ほど寝て、起きては歩き

それの繰り返し

2時ごろ少し雲が出てきて
少しはラクになりましたが

その雲もいつの間にかなくなり

また上からのカンカン照りと下からの熱気

「この雲の根性なし!もっと空いっぱいびっしりと覆ってしまわんかい!」

悪態ついても太陽は照り付けるばかり

ただひたすら、、、
上っては下って平坦、またこれを繰り返していきます

そして大きな工場がいくつかあって
トラックはひっきりなしに通りますし
開発が進んでいるようで造成中のところばかり

そしてその土がまた赤土なんですよね

車が通るたびにその粉塵が舞い上がり
前が赤っぽく見えます

だいぶ前からDEATH MARCHの標識が見えなくなりましたので
旧道は別にあるはずなんですが
それらしきものを見つけられなかったし

道が違っていると分かっていても
ただひたすらバイパスを歩き続けるしかないのです

そのうちまた合流するだろうし

できることなら最短距離を歩きたいのはやまやまなんですが、、、

ただ憎たらしいことに違う道なのに
これまた何個かDEATH MARCHの標識を置いてあるのです

「関係ない道にまで置くなよな」

そう言いたいところですが

ピノイ的サ~ビス精神の表れなのか?
余計な心遣いというのか?

大きなお世話というか、、、


やがて5時になり雲行きが急変

「こりゃ~雨になるぞ」

距離はたいして歩いてないけれど
太ももは筋肉痛でゴキゴキだし
マメと股ずれはときどき顔をしかめるくらいの激痛

たぶん感覚で27~8km

「情けね~~」

こんなこっちゃ~たどり着かんぞ
最低でも35kmは歩かないと、、、

しかしこの先この体で雨の中を歩いて
果たして何km歩けるか?

もう今日はホテルに入ってゆっくり寝たほうがいいんじゃないか

その思いが頭の中を巡りはじめました

ムリがきかない。私も年だね、、、、

かわいそうな自分になってしまった

これを実感しましたね


ガソリンスタンドでホテルを尋ねたところ
500m先にあるそうで

たどり着くと表にアメリカ国旗とフィリピン国旗が飾ってあり

「こりゃ~太ったアメリカ人と不細工なフィリピン女のカップルやな」

今はためらいの気持ちがたしかにありましたね

受付の女の子はカミさんのたぶん姪でしょう
まあまあでしたが、、、

ただ今流行っているモ~テル形式

3時間、6時間、12時間、24時間

ただ、、、キミたち、、、
12時間で1000Pって何か?カン違いしてないかな?

こんなド田舎で、、、

そう言いたいところですが
こちらは歩き、選択の余地がありません

まあ私はリュックひとつですから
近くのサリサリでギンギンに冷えたサンミゲルピルゼン2本飲んで

これほど旨いビ~ルは初めてでしたね

そのとき豪雨が降り始めましたが
こちらは雨にも当たらず竹の長椅子でリラックス

太ももの後ろに竹の丸みが当たって
痛いような気持ちよいような

だんだん位置をずらしてアキレス腱まで
グリグリ、グリグリ揉み解していきます

やがて雨も小降りになりお向かいのトロトロに移動

手羽先2本とポ~クステ~キ1枚
ビ~ルは置いてなかったので先ほどのサリサリで3本買って持ち込み

戻ると注文してなかったのですがライスが置いてあり
ビ~ルを喉に流し込んだ後

料理の残り汁をかけて食べましたが
考えてみると40時間ぶりの食事でした

やがて7時半になり
ホテルにチェックイン

シャワ~のあと

もう何も考えることなしに、、、

本日の反省など思いつきもせず、、、

すぐさま爆睡しました




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/766-698b4c00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)