FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

崇高な理念と現実

7月4日 金曜日

昨日の夕方、ケンケンとバトミントンやっていると
北方向の雲が盛んに稲光をあげてましたが
やがて我が家の方に移動してきて

まるで季節変わりのような雷が盛大に

「ピカッ!」  「ガラガラガラ ド~ン」

小1時間ほどで雷は止んだのですが
それと同時にバケツをひっくり返したような豪雨

お蔭で焼け切っていた我が家も冷えていき

ありがたいような、、、、

こりゃ~どうなるかな?と

心配になるくらいの雨でした

12時ぐらいまでは激しく降っていましたが
さすがの豪雨も2時ぐらいには止んだようで

一安心、、、、

息子の朝の通学はいつも通りに歩いて行けました


一昨日の朝、ケンケンが

「パパ ホワイトぺ~パ~」

「わい?」

「ケンケン ドロ~イング スナックタイム」

「ふ~~ん、、、」



息子は何も言いませんが

たぶん、、、、

まだ学校に馴染んでないのでしょうね

まあ私立の学校ですから
小学1年生からというより幼稚園からの持ち上がり
学年は進んでも、みなさん顔なじみ

大きなグル~プになっているでしょうし

そこに突然レイテから言葉も習慣も違う田舎者が入ってきて
周囲の子供からみると異端児みたいなもの

まあそれは仕方ないことですし

これは本人もそこに慣れる努力をしていき
時間が解決していくしか方法はないでしょうね

元々学校のレベルも違うでしょうし
息子は去年11月の台風騒ぎから学校に行ってないし

1月にとりあえず公立の小学校に行かせましたが
1クラス60人ほどの人数で授業になっていなかったのかもしれません

それと私が甘かったのですが

たかが、、、フィリピン

レイテの時はそれでもよかったのですが
さすがはメトロマニラ

首都圏の小学校

毎日のようにクイズがあるのです

私はクイズって中学校でやっていた
授業前の英単語の書き取りぐらいの調子で考えていたのですが

こちらのはA4用紙で2枚
ちょっとしたテストなんです

それが毎日1~2教科
いわゆるその週に習ったペ~ジ数をすぐテストしているのです

このやり方だとそんなに宿題を押し付けなくても
履修ペ~ジ分を理解して暗記しておかないと回答が書けない

必然的に復習しますよね

これを小学1年生の時から積み上げてきているとなると
なかなか手ごわいレベルかもしれないです

それにサイエンスなんて
こっちの大学生でもこんなこと知らんぞ、、、といった調子

日本でいうと高校の初めぐらいのものを
これをまたそれなりの英語で出してきますし

それにレイテにいるときは「フィリピン語」はひとつの教科にすぎず
普段話すのはワライワライ語ですが

しかしこちらは生まれた時から話している言葉ですし
学校では英語

まあハンディはありますよね


「ケンケン さんすうOK パ~フェクト」

「全部パ~フェクトにならんとしゃ~ないやん、算数だけよかっても」

「VERY HARD」

「練習すればすぐにキャッチアップできるさ」

そういったことで
以前は家に2時過ぎに帰ってきて5時ごろまで練習して
その後はバスケットボ~ルさせてましたが

今では寝るまで読み書き

トップグル~プに入ればみんな認めてくれるし
トップになれば何を言わずともリスペクトされるようになるさ

ゲ~ムやバスケットボ~ルだけ出来ても難しいけど、、、

練習しさえすればすぐに出来ることだし
やっていくしかないよね


少し不憫なところはありますが
所詮は自分で切り開いていかないと

私もカミさんも、金なし、コネなし、ツテなし
何にもなし、、、の人間ですし

将来、、、、今もですが
助けてやることはできないし

がんばってね、、、と


そしてこの学校、、、

さすがはフィリピンというか、、、

マザ~タンって教科があるのですが
フィリピン教育省の肝いりで

小学校を2年延長したときにその時間を使って
郷土の言葉を大事にし、しっかりと教え、文化を継承しよう

ピノイならではのハイプライド、、、、
理念は高尚ですし

誰からも文句がつけようのない素晴らしさ

実際は、、、ピノイのやることらしく
ボロボロなんですが、、、

しかし、、、

たかがフィリピン、、、されどフィリピン

この学校のマザ~タンは英語

いつからキミたちの郷土の言葉が英語になったんだ?


まあ郷土の言葉はフィリピン語で日常使ってますし
授業でも習っている

これ以上、必要ないディバ、、、ってな調子なんでしょうね


フィリピン教育省の崇高な理念も

「上に政策あれば、下に対策あり」

敵もなかなか一筋縄ではいかず


なかなかピノイの神髄を、、、、

垣間見せてくれています




スポンサーサイト

コメント

昨日の豪雨は凄かったですね。私は何よりも停電になったらという不安でいっぱいでした。

息子さんのお勉強の指導も大変ですよね。でも、それも楽しい子育てですよね♪

何故、英語教育に力を入れているか私なりに考えると
高等教育になっていくと、母国語での教材が無いということですよね。

英語じゃないと勉強することの出来ないのがフィリピンの現実かなぁと。
まぁ、そのおかげで東南アジアでは英語の理解力が高いという評価で
投資する企業が多い分けですよね。外国人が住みやすい現実。

ただ、それを悪用する連中も多いんですけど・・・
[2014/07/04 16:21] URL | Sugar #- [ 編集 ]


激しく同意、、、です

本屋さんに行っても
恋に恋する少女向けの本ならフィリピン語で書かれてますが
それ以外はすべて英語

本でもネットでも英語じゃないと知識の吸収ができない

英語ができない人=知識のない人間

必然的に英語に頼るしかないのが現実みたいですね

植民地だったという以前に言葉の問題がありますし
言語が思想であり文化でもありますから
そのベ~スの言語が貧弱だと独立して60年間フィリピン語を整備しても
まだとても追いつかない

同じ植民地だった香港、シンガポ~ル
英語も共通語ですが中国語という母体を持っていますし
他にベトナム、マレ~シア、インドでも
最初から法律は英語と現地語の併記ですが
フィリピンはまだそれすらできない

それを考えると日本って世界の僻地にありながら
高いレベルの言語を持っていて
古くは中国語を変換し、明治には欧米の思想、科学をすぐさま変換
逆に中国人が日本人用に変換した言語を使うようになった

法律でも文学でも科学でも日本語のみ

なにか、、、神がかった民族

そう思えてきます

その分、、、英語に触れる機会が減り英語下手になりますけど、、、

[2014/07/05 11:39] URL | 徳衛門 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/777-cc802728
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。