FC2カウンター

プロフィール

徳衛門

Author:徳衛門
ほんのひとり言

青い空と酒があれば
どこだって住めるさなどと
若者じゃあるまいし

しかし年は気にせず
姿かたちも忘れてしまい

世間様に恥と顰蹙を
撒き散らしながらも
生きてます

AquariumClock 2

最新記事

最新コメント

CalendArchive

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

最新トラックバック

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

日本とフィリピン 往復おやじのひとりごと
フィリピンには愛しき妻子? 日本には世話のやける爺婆? こちらを立てればあちらが立たず? どちらに行っても肩身がせまい・・・ ハズですが・・・ 大きな顔してエンジョイしてます
鬼のエレベ~タ~式足し算

7月7日 月曜日

昨夜2時ごろ目が覚めてしまうほどの豪雨

少しおさまったと思っていたら
また4時ごろ、起きて外をのぞいてしまうほどの雨

6時20分には息子を学校に連れて行かないといけないのに

「まいったな、、、」

しかし日の出とともに雨も止んで
今は青空です


今日は七夕ですね

♪ ささのは さらさら~~♪

日本の風情も懐かしいですが

ここはフィリピン、、、

今朝の息子の学校の風景は

国旗掲揚、国歌斉唱

そのあと、、、フィリピンらしく

♪ズンジャカ ズンジャカ、、、体操の代わりにダンス、、、

この国にも中国文化はいろいろ入ってきているんですが

結局のところ、、、

そうなっちゃうんですよね


また息子のことを書いてみます

今回、フィリピンに戻ってきて気が付いたことなんですが

STUDY(勉強)というよりPRACTICE(練習)と呼んでいますけど

息子のヤツ、、、途中で気が散っているのです

私が不在中、カミさんと一緒にやっているのですが
カミさん、、、うまくもっていけないというか、、、

間髪を入れずにやらせたり
頃合いを見て休憩を入れたりとか

元々、生来の不器用というか、ヘタですから

「やれ!」「やれ!」の一点張り

その割には抜けていて、、、

最後はケンカになって、、、、

それでも相手が小さなあいだは黙って
親の言うことをそのままやるものなんでしょうが

段々成長していくと自我も出てきますし

誰しも通る道なんでしょうね


ただ、、、私は日本人

集中しないといけないときは集中!

こうじゃないと気が済まない方で、、、

息子が将来、、、

ケアレスミスを繰り返すような人間にはなってほしくありません


集中力をつけさせ、それを持続させるのには何がいいかな?と

座禅は息子にはムリだろうし、、、

そこでエレベ~タ~式足し算、引き算

21だったら21を10回足し算
それを29まで、、、

310から31を10回引き算

答え合わせが簡単で済みますし、、、

本人もショックでしょう
必死にやっても途中でひとつでもミスすると

答えが×、、、

また最初からやり直し、、、

とりあえず99までやらせて
今度はまた21に戻って20回足し算

私の性格ですから、、、100回まで足し算させるつもりです

数も2桁でOKになると3桁、4桁に増やしていけばいいことですし

どれだけ時間かけてやったとしても
途中で集中力が切れてミスすると

結果は×

意味がないものになる

大人の仕事と一緒ですが、、、


もっともフィリピンでは結果を伴ってないものでも
我々は努力した、、、と報酬を求めることがありますが、、、

私の息子は日本人の血を持ってますし
そんな人間になってほしくありません

もちろん努力は認めたとしても
あくまで結果を伴っての仕事

ここの線は譲りたくないですし

これを理解させるのはこのやり方が良いかなと、、、

途中でミスすれば本人が1番身に沁みてわかりますし



まあそんな気持ちをもってやらせているのですが

こんなことやっていると
割る数が2桁の割り算もかんたんに出来るようになりますし
イメ~ジもつかめるようになりましたね

当分、、、これを日課に組み入れて

鬼のごとく、、、

イジメ抜いてあげようかな、、、、と

本人にとっては

災難以外の何物でもないでしょうが、、、、






スポンサーサイト

コメント

徳衛門さん、算数の練習、いい、お父さんですね。

私も、その位、練習させられれば良かったですが、もう手遅れです(笑)

早く3人でずぅ~っと暮らせると良いですね。
[2014/07/11 06:04] URL | Sugar #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tokuemon30.blog76.fc2.com/tb.php/779-345d73f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)